いわきグリーンフィールド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
いわきグリーンフィールド
いわきグリーンフィールドの位置(福島県内)
いわきグリーンフィールド
施設情報
所在地 福島県いわき市常磐水野谷町竜ケ沢308
位置 北緯37度1分2.3秒 東経140度51分51.7秒 / 北緯37.017306度 東経140.864361度 / 37.017306; 140.864361座標: 北緯37度1分2.3秒 東経140度51分51.7秒 / 北緯37.017306度 東経140.864361度 / 37.017306; 140.864361
開場 1995年4月
所有者 いわき市
運用者 いわき市公園緑地観光公社(指定管理者
グラウンド 天然芝
ピッチサイズ 150 x 70 m
照明 なし
大型映像装置 なし
建設費 約15億円
使用チーム、大会
第50回国民体育大会
いわきFC
収容能力
5,600人

いわきグリーンフィールドは、福島県いわき市の21世紀の森公園にある球技場

概要[編集]

1995年に開催された第50回国民体育大会に向けて整備された。近隣地にいわきグリーンスタジアムがある。2014年には、福島ユナイテッドFCJ3リーグ公式戦・1試合を開催した。

2020年にJFLに昇格したいわきFCが11試合ホームゲームを行う予定である[1]。なおJ3リーグ昇格に必要なJ3ライセンスを充足するためのスタジアムの整備が2020年6月現在では予定されていないため、2021年度J3ライセンス申請[2]をするにあたっては、当球技場ではなく、Jヴィレッジスタジアム(楢葉町双葉町広野町)を本拠地として登記した。今後いわきGFでJリーグを開催する場合には、ナイター照明塔(2023年までにライセンス申請を行い、本拠地登録する場合には設置必須)やスタンドの改修などが求められる[3]

施設概要[編集]

  • 収容人員5,600人(うちメインスタンド1725人、サブスタンド<メインスタンド両端>575人(以上座席)、バックスタンド・サイドスタンド合わせて3,300人<バックスタンド上段とゴール裏・芝生席、バックスタンド下段・ベンチ座席>)
  • 照明灯なし
  • スコアボード パネル式
  • 駐車場 第1・650、第2・400、第3・300、臨時・500台をそれぞれ収容
  • 補助グラウンドとして多目的芝生広場がある

脚注[編集]

  1. ^ いわきFC、Jヴィレッジ「4試合」 JFL・ホーム戦15試合 - 福島民友、2020年1月20日(2020年1月26日閲覧)
  2. ^ “いわきFC 2021年シーズンに向けた「J3クラブライセンス」申請書類を提出 〜J3でのホームスタジアムをJヴィレッジスタジアムに〜” (プレスリリース), 公式サイト, (2020年6月30日), https://iwakifc.com/news/2020/0630_014963.php 2020年7月25日閲覧。 
  3. ^ いわきFC、J3ライセンス申請 ホーム競技場・Jヴィレッジ(福島民友新聞)