ういろうプリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ういろうプリン
UIRO PUDDING
メンバー 内間一彰
丸山雄史
結成年 2007年
解散年 2021年
事務所 プロダクション人力舎
活動時期 2007年5月1日 - 2021年1月29日
出身 スクールJCA15期
出会い 養成所の同級生
旧コンビ名 ブルーセレブ
現在の活動状況 解散(内間はピンで活動)
芸種 漫才
同期 荒井義久(パラレル反抗期)
小野大樹キズナ) など
公式サイト 公式プロフィール[リンク切れ]
受賞歴
2012年 第11回漫才新人大賞 優秀賞
2013年 THE MANZAI 認定漫才師
テンプレートを表示

ういろうプリンは、かつてプロダクション人力舎で活動していた日本のお笑いコンビ2021年1月29日解散。

メンバー[編集]

略歴[編集]

2006年スクールJCAへ15期生としてそれぞれ入学し、在学中にコンビ『ブルーセレブ』結成。2007年よりJCAプロモーションへ所属し、2010年よりプロダクション人力舎へ正式所属。

2012年、第11回漫才新人大賞にて優秀賞を受賞。2013年THE MANZAIでは認定漫才師となる。

2018年4月20日のライブイベント「4月20日からブルーセレブが新しくなります。」にて、新コンビ名が『ういろうプリン』に決定。同月23日より正式に改名した[1][2]。コンビ名の由来は内間の好物がういろう、丸山の好物がプリンであることから[1]。なお、これ以外のコンビ名案として「うちまる子ちゃん」「歩くパンケーキ」「H&D(ハゲとデブ)」「はまち」「ぐみ」「もみの木」などが挙がっていた[1]。前のコンビ名がずっと好きではなかったので変えたと話している[3]。ういろうプリンに改名後、M-1グランプリでは2018年から3年連続で準々決勝へと進出[4]

2021年1月19日、所属事務所の公式ホームページにて丸山の芸人引退によりコンビを解散することが発表された。同月29日開催の漫才ライブ「激漫」をもって解散[5][6][7]

コンビ解散後、丸山は芸人引退後もプロ雀士などで活動し、内間はピン芸人として活動を継続している。

賞レースの戦績[編集]

M-1グランプリ[編集]

その他[編集]

芸風[編集]

  • 主に漫才[4]だが、時にはコントを演じることもある。
  • 漫才では登場するなり「フレッシュマーン!」と雄叫びを上げたり2人とも「セレセレ」と言いながら右手で左腕を擦るような仕草をしたり、自己紹介をした後に丸山が「おねがーい」と言うなどと色々なパターンを模索していたが現在では全て封印している。
  • 内間と仲良くしたがる丸山を内間が邪険に扱うというネタが多いが、実際のコンビ仲は非常に良い。

出演[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

ポッドキャスト[編集]

ライブ[編集]

  • 人力舎ライブ「Spark」
  • バカ爆走!(事務所ライブ、毎月1日から6日 ミニホール新宿Fu-)
  • どっきん(事務所ライブ、新宿バティオス)
  • BOMB!!
  • 雷ライブ
  • 次世代芸人!浅草お笑いフェスタ
  • 鬼ヶ島軍団 vs ラバーガールフレンズ
  • 新宿GO! GO!LIVE
  • ラバーガールフレンズトークライブ
  • 漫才ライブ「激漫」[10]

単独ライブ[編集]

  • uchimaru GT(2012年7月20日昼・夜2公演 新宿シアター・ミラクル)
  • 超ブルーセレブ[11](2016年10月7日昼・夜2公演 しもきた空間リバティ)

脚注[編集]

  1. ^ a b c “ブルーセレブがういろうプリンに改名、2人の好きなものを合わせた”. お笑いナタリー. (2018年4月24日). https://natalie.mu/owarai/news/279533 2018年4月28日閲覧。 
  2. ^ ブルーセレブ改名のお知らせ”. プロダクション人力舎 (2018年4月23日). 2018年4月30日閲覧。
  3. ^ SHOW COM! 2019.5 Vol.29「特集『新元号記念!改名の理由はなんですか!?』」
  4. ^ a b ういろうプリン | コンビ情報” (日本語). M-1グランプリ 公式サイト. 2021年1月21日閲覧。
  5. ^ 【解散のお知らせ】この度、ういろうプリンが解散することになりました。”. プロダクション人力舎広報室【公式】 (2021年1月19日). 2021年1月19日閲覧。
  6. ^ 丸山引退でういろうプリンが解散、胸張って言える「漫才師としてこの2人でのMAX値は出せた」”. お笑いナタリー (2021年1月19日). 2021年1月20日閲覧。
  7. ^ ういろうプリンを忘れない。関東最高漫才師の決意に『M-1』の希望と残酷を見る。「もし決勝行ってたら辞めなかった?」”. クイック・ジャパン ウェブ (2021年2月4日). 2021年2月19日閲覧。
  8. ^ 2015年5月2日放送 - TBSラジオ、2018年4月1日閲覧
  9. ^ 2016年6月4日放送”. TBSラジオ. 2021年1月21日閲覧。
  10. ^ リニア、ういろうプリンらの漫才ライブ「激漫」特別編、座・高円寺2で開催”. お笑いナタリー (2019年3月11日). 2019年6月12日閲覧。
  11. ^ Chronomedia, Site designed by. “ブルーセレブ単独ライブ『超ブルーセレブ』開催決定! | プロダクション人力舎” (日本語). プロダクション人力舎オフィシャルウェブサイト. 2021年1月29日閲覧。