うき世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

うき世』(うきよ)は、柳川春葉家庭小説であり、それを原作とした日本映画の題名である。1915年(大正4年)から翌1916年(大正5年)4月にかけて大阪毎日新聞に連載、順次、至誠堂書店「大正名著文庫」から単行本化、1916年3月には日活向島撮影所が映画化している。

略歴・概要[編集]

1912年(明治45年)、大阪毎日新聞東京日日新聞(いずれも現在の毎日新聞)に連載、好評を博した『生さぬ仲』の流れを汲む家庭小説として大阪毎日新聞で連載された。柳川は1918年(大正7年)1月に死去しており、没後に刊行された全集以降、同作は出版された形跡がみられない[1]。映画化も1度きりである。

新派の劇団「成美団」が、1923年(大正12年)5月、京都座で上演、連日にぎわったことが記録に残っている[2]。出演は都築文男、小織桂一郎、河原市松、武村新、高橋義信ら[2]

日活向島撮影所が映画化した作品の上映用プリントは、いくつかのシーンを欠いた51分の不完全版であるが、早稲田大学が所蔵しており、2012年(平成24年)には、早稲田大学坪内博士記念演劇博物館で行われた『日活向島と新派映画の時代展』で上映されている[3]。同撮影所が製作した作品で現存するものは3作しが現存しておらず、本作は、夭折したスター俳優立花貞二郎の出演作としては唯一現存する作品である。

ビブリオグラフィ[編集]

  • 『うき世 1-3』、大正名著文庫、至誠堂書店、1915年 - 1916年
    • 『うき世 1』、大正名著文庫第21編、至誠堂書店、1915年
    • 『うき世 2』、大正名著文庫第23編、至誠堂書店、1916年
    • 『うき世 3』、大正名著文庫第25編、至誠堂書店、1916年
  • 『春葉全集 第四巻 うき世』、金尾文淵堂、1921年11月

映画[編集]

うき世
Ukiyo 1916.jpg
映画の一場面
監督 不明
原作 柳川春葉
出演者 立花貞二郎
関根達発
製作会社 日活向島撮影所
配給 日活
公開 日本の旗 1916年3月
上映時間 約60分
51分 現存
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

うき世』(うきよ)は、1916年(大正5年)製作・公開、日活向島撮影所製作、日活配給による日本のサイレント映画女性映画である[4][5]。監督・脚本等は不明である。同作の上映用プリントは現存し、早稲田大学が所蔵している[3]。当時の同撮影所では、女性の登場人物も女形俳優が演じており、現存する数少ない女形出演映画のひとつである。

スタッフ・作品データ[編集]

キャスト[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ サーチ結果国立国会図書館、2012年5月16日閲覧。
  2. ^ a b 近代歌舞伎年表、p.73.
  3. ^ a b 日活向島と新派映画の時代展早稲田大学坪内博士記念演劇博物館、2012年5月16日閲覧。
  4. ^ a b c d うき世日本映画データベース、2012年5月16日閲覧。
  5. ^ a b c d e うき世、日本映画情報システム、文化庁、2012年5月16日閲覧。
  6. ^ Film Calculator換算結果、コダック、2012年5月16日閲覧。
  7. ^ Googleによる尺単位からの換算結果、2012年5月16日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]