うつくしいひと

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
うつくしいひと
監督 行定勲
脚本 行定勲
堀泉杏
製作 倉田泰輔
占部裕
古賀俊輔
出演者 橋本愛
姜尚中
米村亮太朗
高良健吾
石田えり
音楽 めいなCo.
主題歌 忘れらんねえよ
撮影 福本淳
編集 今井剛
制作会社 ユーツー
製作会社 くまもと映画製作実行委員会
公開 日本の旗 2016年
上映時間 39分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示
うつくしいひと サバ?
監督 行定勲
脚本 行定勲
堀泉杏
製作 倉田泰輔
占部裕
古賀俊輔
出演者 高良健吾
米村亮太朗
中別府葵
石橋静河
ロイック・ガルニエ
井手らっきょ
中原丈雄
音楽 めいなCo.
主題歌 忘れらんねえよ
撮影 福本淳
編集 今井剛
制作会社 ユーツー
製作会社 くまもと映画製作実行委員会
公開 日本の旗 2017年
上映時間 45分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

うつくしいひと』は、2016年に公開された短編作品の日本映画熊本県出身の行定勲監督が、初めて故郷・熊本を舞台にメガホンを執ったノスタルジックなラブストーリー[1]

第2弾となる『うつくしいひと サバ?』が2017年に公開された。

あらすじ[編集]

『うつくしいひと』(あらすじ)[編集]

『うつくしいひと サバ?』(あらすじ)[編集]

キャスト[編集]

『うつくしいひと』(キャスト)[編集]

『うつくしいひと サバ?』(キャスト)[編集]

スタッフ[編集]

  • 監督:行定勲
  • 脚本:行定勲、堀泉杏
  • プロデューサー:倉田泰輔、占部裕、古賀俊輔
  • 特別協力:熊本県熊本朝日放送
  • 製作:くまもと映画製作実行委員会

製作[編集]

熊本出身で「わくわく都市くまもと」の親善大使を務めている高良健吾が、行定勲に「熊本で映画を撮りましょう」と提案し[2]、行定監督や高良のほか、橋本愛石田えり、政治学者の姜尚中といった熊本県出身者が集結し映画化に至った。熊本のゆるキャラ・くまモンも出演している[3]

熊本県も制作にあたり出資している[4]

熊本城夏目漱石旧居、江津湖菊池渓谷、阿蘇の草千里、通潤橋といった熊本の名所で[5]、2015年10月から撮影が行われ、年明けに完成した[4]

公開[編集]

2016年3月4日に、熊本県菊池市山鹿市で開催された菊池映画祭2016で招待作品として上映[6]

3月21日から4月22日までの1か月間、映画公式サイトで無料配信も行われた[5]

6月2日から開催されるショートショートフィルムフェスティバル2016でクロージング作品として上映される[1]

2017年には『うつくしいひと』の続編にあたる『うつくしいひと サバ?』が公開された。

熊本地震をうけてのチャリティー上映[編集]

2016年4月14日に発生した平成28年熊本地震を受け、4月25日テアトル新宿にてチャリティー上映が行われ、行定勲監督、橋本愛、高良健吾の他に主題歌を担当したバンド・忘れらんねえよの柴田隆浩が登壇した[7]

全国の映画祭や映画館から声が掛かってるといい、行定監督は「熊本の糧になるのなら、私たちも何処にでも行く」と述べた[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 熊本出身・高良健吾、復興支援継続を誓う「今回だけで終わりではない」”. シネマカフェ (2016年4月25日). 2016年4月27日閲覧。
  2. ^ 橋本愛、行定監督作「うつくしいひと」の地元・熊本ロケを満喫 製作のきっかけは高良健吾”. 映画.com (2016年3月6日). 2016年4月27日閲覧。
  3. ^ 橋本愛、高良健吾ら出演の熊本映画「うつくしいひと」、主題歌は忘れらんねえよ”. 映画ナタリー (2016年2月12日). 2016年4月27日閲覧。
  4. ^ a b c 映画「うつくしいひと」、チャリティー上映会”. 毎日新聞 (2016年4月25日). 2016年4月27日閲覧。
  5. ^ a b 橋本愛×行定勲監督の熊本発映画「うつくしいひと」緊急配信スタート!”. eiga.com (2016年3月22日). 2016年4月27日閲覧。
  6. ^ 行定勲監督「美しい熊本を取り戻す」…オール熊本の映画「うつくしいひと」ネットで公開中”. スポーツ報知 (2016年4月20日). 2016年4月27日閲覧。
  7. ^ 忘れらんねえよ柴田隆浩、熊本映画のチャリティ上映会で弾き語り”. 音楽ナタリー (2016年4月22日). 2016年4月27日閲覧。