うてなまりえ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
うてな まりえ
うてな まりえ
本名 臺 真理絵
生年月日 (1987-06-01) 1987年6月1日(30歳)
出生地 東京都
身長 156cm
血液型 B型
職業 タレントモデル
活動期間 2011年-
公式サイト ブログ『まりんぼりぼん』

うてな まりえ1987年6月1日 - )は、日本の女性タレント、モデル。愛称はまりんぼ東京都出身。

過去には、アリス十番チェリーブロッサムトッピング☆ガールズ2.0、イエロー☆キャンドル、カマトト、等アイドルグループのメンバーとして活動していたこともある。

来歴[編集]

  • 大学で幼稚園教諭の資格を取得。2年間は幼稚園で働く。
  • 2010年頃より、モデル活動を始める。
  • 2011年4月より、芸能事務所アリスプロジェクト(AliceProject) に所属し、6月11日にチェリーブロッサムのメンバーとしてデビューライブを行う。モデルの仕事もしていたため、ユニットメンバーで唯一、茶髪が許されていた。アリスプロジェクト所属時代は氏名表記が漢字(臺 真理絵)だった。8月17日、お台場合衆国でアリス十番のメンバーとしてデビューライブを行う。8月27日-28日、TOKYO IDOL FESTIVAL 2011でアリス十番メンバーとしてライブを行う。8月28日、月刊MelodiX!でアリス十番として初の地上波デビュー。10月30日より、桜のどか渡辺まありと共にトッピング☆ガールズに加入。
  • 2012年3月29日、アリスプロジェクトを解雇処分。[1][2]
  • 以後約2年間、一般人として生活。1年間は引きこもり、1年間は子供向けのアパレルの仕事に就く。
  • 2014年4月、「Pallet Cafe(パレット カフェ)」店員として、人前に復活する。モデルとして再デビューする。7月27日から、東京女子荘に出演。9月28日、しまのわご当地フェスティバルin今治にて、イエロー☆キャンドルデビューライブ。アイドルとして再デビューする。9月30日、CLUBCITTA'川崎にて、関東初ライブ。10月2日、渋谷club asiaにて、東京初ライブ。11月11日、LIQUIDROOMにて、仮面女子:アリス十番との初の対バンライブ。12月27日、渋谷REXにて、イエロー☆キャンドル初のワンマンライブ。
  • 2015年3月12日、イエロー☆キャンドル活動休止。7月17日から、セフィロティックツリー(Sephirothic Tree)キャスト。
  • 2016年4月26日、アイドルユニット・カマトト加入[3]、渋谷o-nestにて初ライブ。6月26日、カマトトを卒業[4](本人の生誕ワンマンライブが行われた)。9月25日、藤本めぐみ生誕祭ライブにて、ニコニコ生放送の番組、ザ・王国エンターテイメントにて制作された自身初のオリジナルソロ曲、「煌くいばらロード」を発表。同時に、自身がプロデュースするオリジナルリボンブランド、chouchou de matin(シュシュデマタン)の立ち上げを発表、ペン、ノート、リボンをプレ販売。

人物[編集]

出演[編集]

映画[編集]

  • 「クロサギ」キャバ嬢役
  • 「花より男子ファイナル」受付嬢役
  • 「携帯彼女」

TV[編集]

  • CX「ウォーターボーイズ」宣伝用VTR
  • CX「めだか」生徒役
  • CX「水10!ココリコミラクルタイプ」コント出演
  • TBS「特急田中3号」ウエイトレス役
  • TBS「冗談じゃない!」エキストラ出演
  • TBS「肩ごしの恋人」クラブで踊る若者
  • TBS「山田太郎ものがたり」エキストラ出演
  • TBS「クロサギ」エキストラ出演
  • TBS「ルーキーズ」生徒役
  • TBS「魔王」エキストラ出演
  • TBS「流星の絆」エキストラ出演
  • TBS「スマイル」エキストラ出演
  • TBS「おひとりさま」クラブで踊る若者
  • NTV「シアワセ結婚相談所」再現VTR MAXリナ役
  • TBS「ブラディマンディ」エキストラ出演
  • TX「月刊MelodiX!」 
  • CX「水球ヤンキース」(2014年)

WEB[編集]

雑誌[編集]

  • 集英社「SEVEN TEEN」
  • スタンダードマガジン「bea’s UP」読者モデル
  • 扶桑社「週刊SPA!

脚注[編集]

  1. ^ [1]「ご報告とお詫び。」(2012年3月29日更新記事)にて、ファンとの交際発覚が理由とされている。
  2. ^ ヤフーのトップページをはじめ大きな話題となり、テレビ朝日「musicる」US­TREAM配信にて、司会ヒャダイン、コメンテーター吉田豪により、残されたメンバーによる謝罪会見も行われた。(メンバー解雇!トッピング☆ガールズ謝罪会見で新事実発覚東スポ@チャンネル 2012年4月5日)
  3. ^ 「ご報告とカマトトへの思い」(本人ブログ、2016年4月10日更新記事)
  4. ^ 「ご報告」(本人ブログ、2016年6月17日更新記事)