うまナビ!イレブン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
うまナビ!イレブン
ジャンル スポーツニュース番組
製作
制作 BS11
放送
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間2011年1月5日 -
土曜版
出演者皆藤愛子
高田秋
放送期間2011年1月8日 -
放送時間土曜 22:30 - 23:00
放送分30分
日曜版
出演者東幹久
宮島咲良
放送期間2011年1月9日 -
放送時間日曜 23:00 - 23:30
放送分30分

特記事項:
平日開催日別途放送を設定する場合がある。
テンプレートを表示

うまナビ!イレブン(UMANAVIELEVEN)とは日本BS放送(BS11)で2011年1月5日より放送している中央競馬のハイライト番組である。電通との共同制作。

概要[編集]

日本BS放送(BS11)では日本中央競馬会(JRA)との提携により、2011年1月5日より原則として中央競馬開催日(主に土・日曜)の午後に『BSイレブン競馬中継』(東名阪ネット6加盟各局ととちぎテレビ群馬テレビ奈良テレビにも14時台に『JRA競馬中継』としてネット[1])を放送することになった。

これに付随して、その日の中央競馬全国全てのレースの結果紹介・解説と土曜日は日曜日の、日曜日は次週開催の重賞競走を中心としたレースの展望をトラックマン・競馬評論家を交えて詳細に伝えるハイライトとしてこの番組を制作することになった。2010年(平成22年)12月26日まで関東独立U局で放送された『中央競馬ハイライト』およびKBS京都で放送された『中央競馬ダイジェスト』『競馬展望』の後継にあたる。

バーチャルスタジオの機能をフルに活かし、レースを多角的に分析・検討していく(但し、中継とはセット背景が違う)。詳細なレースの実況ダイジェストは主にメインレースのみ(時間の関係で3競馬場で行われる場合の第3場は重賞でない場合、メインであっても割愛される場合が多い。またダイヤモンドステークスステイヤーズステークスなどといった長距離レース[2]などの場合も、時間の都合でダイジェスト編集となる場合が多い)で、それ以外は早見表(2レース一括表示)での紹介をする。

出演者[編集]

『BSイレブン競馬中継』(及び東名阪ネット6等独立UHF局の『JRA競馬中継』)にも兼任出演している出演者は太字。

総合司会[編集]

アシスタント[編集]

  • 土曜日:高田秋(初出演は2017年1月7日)
  • 日曜日:宮島咲良(初出演は2017年1月8日)

アシスタントアナウンサー[編集]

※全員ラジオNIKKEI東京本社スポーツ情報部所属
原則交代出演。主に配当読みを担当する。なおレースの実況は同じラジオNIKKEIの現場の実況アナウンサー(JRA公式映像・ラジオNIKKEI『中央競馬実況中継』で使われるものと同じ)が担当している。

以上のメンバーは『BSイレブン競馬中継』と共有

解説[編集]

レギュラー解説者[編集]

東京開催担当
  • 藤原有貴 - ホースニュース・馬研究ニュース関東、第1・3週出演。今野の後任として2020年7月4日着任。
  • 郡和之 - 日刊競馬、第2・4週に出演。姉妹番組の『BSイレブン競馬中継』(日曜・東日本主場パドック解説)、ラジオNIKKEI『中央競馬実況中継』(第1放送・土曜午後正面解説)兼務。
郡は黒津がグリーンチャンネル明日の勝ち馬検討社』(現・『VANで勝ち馬さがしてみませんか』)に出演するため、当番組に出演できない場合などに黒津の代打として出演していたことがあったが、2018年1月よりレギュラー出演することとなった。
中山開催担当
  • 吉岡哲哉 - 競馬ブック東京支社東日本主場本紙予想担当、第1・3週出演。『ワイド中継』(日曜)に引き続いて出演、BSイレブン競馬中継(日曜、東日本主場パドック解説)、ラジオNIKKEI(第1放送・土日とも午前正面解説、午後日替わりパドック解説)、グリーンチャンネル『先週の結果分析』兼務。
  • 中西徹 - 日刊競馬、第2・4週出演。
  • 樋口祐介 - 日刊競馬、第2・4週出演。
第2・4週は中西・樋口のうちどちらか1名が務める。なお、2012年までは中山開催時は黒津・大川、夏競馬開催時に中西・樋口の出演というパターンが主であったが、2013年以降は中山開催時も中西・樋口で固定化した。
福島・新潟開催時

郡以外の4名がローテーションで1名ずつ出演。なお、藤原以前の研究ニューストラックマンレギュラーであった星野、および今野は郡同様東京開催時のみの出演であったが、藤原は東京開催だけでなく夏競馬開催時にも出演する。

過去の解説者[編集]

  • 星野英治 - 競馬研究→研究ニュース関東、『ハイライト』(土曜レギュラー、日曜中山・新潟開催時)に引き続いて東京開催第1・3週にレギュラー出演。BSイレブン競馬中継(土曜・東日本主場パドック解説)、ラジオNIKKEIも兼務。2015年12月27日放送限りで定年退職のため退任。
  • 大川浩史 - 日刊競馬、中山開催時。ダービーニュースの休刊に伴い兼務していた『結果分析』に専念するため、2012年12月23日放送限りで退任。
  • 黒津紳一 - 日刊競馬。『ワイド中継』(日曜)に引き続いて主に東京開催第2・4週に出演。『勝ち馬検討社』も兼務。編集デスクへ配置転換のため2017年12月28日放送限りで退任。
黒津は2012年までは全開催に出演していたが、2013年以降は東京開催のみ出演。
  • 今野光成 - ケイシュウNEWS→ホースニュース・馬→競馬研究→研究ニュース関東、星野の後任として2016年から東京開催第1・3週に出演。テレビ北海道サマー競馬NEXT』兼務。2020年10月4日付で早期退職のため、同年6月21日放送限りで退任。
  • 若狭有菜 - 日刊競馬、2016年まで主に夏競馬期間中にゲスト解説者として出演。2011年は中山開催にも時折出演していたが、2013年以降は主に吉岡が出演できない際に1〜2回ほど出演していた。

解説構成メンバー[編集]

番組開始当初-2012年まで 大川・中西・樋口・黒津・星野・吉岡

(ここからは5人編成) 2013年-2015年まで 中西・樋口・黒津・星野・吉岡

2016年-2017年まで 中西・樋口・黒津・吉岡・今野(星野の後任)

2018年-2020年6月まで 中西・樋口・吉岡・今野・郡(黒津の後任)

2020年7月から現在 中西・樋口・吉岡・郡・藤原(今野の後任)

過去の出演者[編集]

総合司会
2011年1月から2016年12月まで担当した。
2017年1月から2019年12月まで担当した。
アシスタント
いずれも2011年1月5日から2013年12月22日まで担当した。
いずれも2014年1月から2016年12月まで担当した。
アシスタントアナウンサー
  • 舩山陽司 - NHK→ラジオNIKKEI→フリー(浅井企画所属)、2011年1月5日[4]着任。ラジオNIKKEI退社のため2017年12月28日限りで退任。なおBSイレブン競馬中継(土曜)には引き続き出演。
  • 木和田篤 - ラジオNIKKEI。2011年1月9日[4]着任。2015年11月、大腸がんの手術を受けるため休職した際に退任。
GIレース開催日
  • 徳光和夫 - 日本テレビ→フリー、特別顧問。基本的にGIレース開催日(J・GI開催日を除く)の出演であるが、GIレース開催日以外にも出演する時もある[5]

備考[編集]

『BSイレブン競馬中継』同様、BSイレブンのバーチャルスタジオから放送する都合上、解説者は原則として上記3社の関東所属トラックマンとなり中でも日刊競馬トラックマンの出演が多く、全ての開催で出演。2012年までは黒津がメイン解説者の位置づけとなっており、全ての開催に出演するのは黒津のみであった。尚、日刊競馬トラックマンは当番組、及び『BSイレブン競馬中継』に計6名のトラックマンが出演しており、2017年までは両方の番組にレギュラーとして出演するトラックマンはいなかったが、2018年より郡が両番組の解説者を兼任することになった。一方、吉岡については『BSイレブン競馬中継』のパドック解説も兼任することから夏競馬開催時にはBSイレブンのスタジオに出演することができないため、当該期間は日刊競馬トラックマンのみの出演となる。なおケイバブックグループでも2020年9月にグループ入りした『勝馬』からは2021年1月現在解説者の派遣はない。

主なコーナー[編集]

  • メインレース結果分析
その日開催されたメインレース(重賞実施日はそちらを優先。重賞のない時はほとんどは関東主場のレースをトップ項目に取り上げることが多い)についてレース実況(障害を除くG1開催日、および短距離重賞競走はノーカット)を紹介し、それについて解説者がレースを分析する。
  • 日曜重賞展望(土曜)
日曜日に行われる重賞競走について取り上げる。基本的にグレード格の高い競走を優先で展望を行う。
2013年3月30日3月31日開催の大阪杯予想)まではそれについてTIMのメンバー2人がそれぞれデータを持ち寄って本命馬を発表する「TIMのデータ情報局」と解説者が過去の出走馬の参考レース、あるいは調教(解説者によるが大抵は前者で、調教分析は星野が出場する時ぐらい)を分析して本命馬を探るコーナー(前者「前走パフォーマンスベスト3」、後者「調教ベスト5」)の2つがあった。
2013年4月6日4月7日開催の桜花賞予想)からは、まず解説者が参考レースをいくつか紹介し、そのレースの傾向と分析を行う。TIMはこの回以後はレースの予想は行わず、解説者や番組スタッフがこのレースの傾向データに見合う出走馬をクイズ形式で紹介する「うまナビデータ研究所」(のちに「うまナビファクターNo.1」)というコーナーを行い、その後で解説者の予想を行っていた。ただし、黒津が出演する週は「データ研究所→ファクターNo.1」のコーナーは行わず、いきなり黒津の予想から始まった。解説者の予想が終了した後にゴルゴの予想も披露していた。
現在は当日出演する解説者のまず上位3頭の印を紹介し、解説者が本命馬から順に根拠を述べ、参考レース及び調教VTRが流れる(『BSイレブン競馬中継』のメインレース予想コーナーとほぼ同様のスタイル)。上位3頭の説明が終了した後に更に4番手以降の詳細な印が表示される。2016年まではGIレース予想時のみ出演していない他4名のレギュラー解説者の予想を紹介していたが、2017年よりGIに限らず出演していない他の4名のレギュラー解説者の予想も紹介されるようになった。
2018年からはまたメインレースの予想は原則として当日出演解説者のみの紹介となり、これはGIレースの予想においても同様となった。他4名の解説者の予想は勝負レースGPでメインレースを指定した場合のみ紹介される(GIレース時も同様)。
メイン以外の重賞についても解説者が簡単に見解を述べる。
  • 勝負レースGP(土曜)
日曜日のメインレースもしくは解説者が自信のあるレースでレギュラー解説者5名の回収率を競い、日曜日の放送で結果が紹介される。2016年までは出演している解説者のみ当該週のレースを購入するスタイルであったが、2017年からは出演していない他4名の解説者も購入するスタイルとなり、レギュラー解説者5名全員が毎週参加する。2018年からはメインレース以外の予想も可能になった。かつては「あしたの厳選一頭」→「勝負レースグランプリ」→「メインレースグランプリ」というコーナー名であった。
  • 明日の重賞の本命(土曜)
明日の重賞が牝馬限定戦の場合は皆藤愛子(2019年12月までは高見侑里が担当)、高田秋が真剣に予想する。
  • 次週重賞出走馬紹介(日曜)
次週開催される重賞競走から特に注目度の高い重賞を取り上げ、1週前展望を行う。なお重賞が少ない冬季・夏季にはこれが放送されず、競馬関係のミニ特集を送ることがある。
2013年4月7日(桜花賞ハイライト)から徳光和夫が解説に参加する日は「来週の重賞にズームイン!!」と題し、次週行われる最も格付けの高い重賞について、当日の専門誌解説者と分析するコーナーを設けている。また徳光が出演しない場合は「Next Week重賞」というタイトルをつけている。
  • レース結果
当日開催のすべてのレースについて、字幕で結果を表示する。新馬戦については一部実況を抜粋して紹介。なお日曜日については土曜日に発表した「勝負レースGP」の結果発表も行われる。

放送日時[編集]

  • 原則として土曜 22:30 - 23:00[6]、日曜 23:00 - 23:30
その他の開催日(祝日・平日代替開催)は別途設定[7]

特別番組[編集]

  • 2011年10月2日は、フランスでの第90回記念凱旋門賞の中継を織り込んだ初の1時間3分拡大版『うまナビイレブン 凱旋門賞生中継スペシャル!!』(22:57-24:00)が放送された(なお、当日はグリーンチャンネルでも凱旋門賞の中継が放送された(グリーンチャンネルは、スクランブル放送))。実況は舩山陽司アナウンサーが担当していた。
  • 2012年3月31日放送分は翌4月1日2:00 - 3:00に臨時枠移動となった。ドバイのメイダン競馬場でのドバイワールドカップの中継を織り込んだ1時間拡大版『ドバイワールドカップ生中継スペシャル!!』として放送した。
  • 2012年12月19日は、『JRA-VANスペシャル BSイレブン競馬サミット〜有馬記念 達人の選択〜』(23:00-24:00)を放送。出演は岡村麻純須田鷹雄、川田重幸、市丸博司、木村拓人、平本果那。
  • 2013年5月24日は、『JRA-VANスペシャル BSイレブン競馬サミット〜日本ダービー 達人の選択〜』(20:00-21:00)を放送。出演は岡村麻純、須田鷹雄、川田重幸、木村拓人、平本果那。

脚注[編集]

  1. ^ 2012年9月30日首都圏トライアングルを除きネット打ち切り。
  2. ^ 古くは過去に日本最長距離ステークスがあった。
  3. ^ 2013年12月27日放送の『うまきんIII』内本人および渡辺和昭の発言より。
  4. ^ a b 2011年1月1日放送の『渡辺和昭のしゃべってしゃべって120分』内渡辺の発言より。
  5. ^ 2011年は中山金杯京都金杯の開催日(初回)に出演。また京阪杯キャピタルステークスの開催日にも出演したが翌日のジャパンカップ開催日は出演しなかった。2012年3月25日高松宮記念があったが当日は出演せず、前日の名鉄杯毎日杯日経賞の日に出演した。
  6. ^ 土曜日の放送時間が日曜日より早いのは、開局時から23:00以降の時間帯に『ANIME+』を編成している都合である。
  7. ^ ただし、2011年2月12日小倉競馬場降雪打ち切りに伴う続行開催(2月・第4競走以後)は放送せず。2012年9月17日も編成の都合で放送されなかった。
BS11 土曜22:30 - 23:00
前番組 番組名 次番組
うまナビ!イレブン
(2011年1月8日 - )
-
BS11 日曜23:00 - 23:30
演歌百撰
※23:30枠に繰り下げ
うまナビ!イレブン
(2011年1月9日 - )
-