うみたま体験パーク「つくみイルカ島」

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
うみたま体験パーク「つくみイルカ島」
Tsukumi irukajima.jpg
施設情報
正式名称 うみたま体験パーク「つくみイルカ島」
愛称 つくみイルカ島
専門分野 イルカ
事業主体 株式会社マリーンパレス、津久見市
開館 2011年4月2日
所在地 879-2683
大分県津久見市大字四浦2218番地10
位置 北緯33度04分13秒 東経131度57分18秒 / 北緯33.07028度 東経131.95500度 / 33.07028; 131.95500座標: 北緯33度04分13秒 東経131度57分18秒 / 北緯33.07028度 東経131.95500度 / 33.07028; 131.95500
テンプレートを表示

うみたま体験パーク「つくみイルカ島」(うみたまたいけんパーク つくみイルカじま)は、大分県津久見市大字四浦にある水族館である。2011年4月2日にオープンした[1]

概要[編集]

大分県大分市で大分マリーンパレス水族館「うみたまご」を運営する株式会社マリーンパレスと津久見市とが共同で開設した施設で、イルカアザラシなどが飼育され、イルカショー、エサやり、ドルフィンスイムなどのイルカとの触れ合いの体験、うみたまごでショーをするイルカの訓練、イルカの研究・繁殖などが行われる[2]。入場者は年間10万人を見込む[3]

津久見市南部の四浦半島第三セクターによって運営されていた海洋型釣り堀の旧「津久見市仙水遊漁センター」の施設跡を、2010年9月から約3億円をかけて改装して整備された。海上部分の「シーエリア」(12,500m2)、管理棟、飲食・物販棟の「シーサイド」(約8,200m2)、駐車場などの「サイドパーク」(約3,000m2)からなり、海面面積では国内最大級の施設である。

津久見市には大型の観光施設がないため、集客の核として期待されている[4]

飼育されている動物[編集]

営業概要[編集]

営業時間[編集]

  • 10:00 - 16:00(季節により延長あり)[8]

休業期間[編集]

  • 1月中旬 - 2月中旬(メンテナンスのため休業)[8]

入場料金[編集]

  • 大人(高校生以上) - 1000円[8]
  • 小人(小・中学生) - 600円
  • 幼児(4歳以上) - 500円

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 興奮!大歓声 つくみイルカ島オープン 大分合同新聞、2011年4月2日
  2. ^ 名称「つくみイルカ島」 4月1日オープン 大分合同新聞、2010年6月30日
  3. ^ つくみイルカ島:来春オープン 名称を発表 毎日jp毎日新聞)、2010年7月13日
  4. ^ イルカと泳ごう 大分・津久見に体験型施設、11年4月開設 日本経済新聞、2010年7月13日
  5. ^ a b c d e イルカ島の動物たち うみたま体験パーク「つくみイルカ島」
  6. ^ ぐるり九州・山口:サキの出産「今度こそ」 つくみイルカ島、専用いけす広げ施設充実 大分・津久見/宮崎 毎日新聞、2017年2月2日
  7. ^ a b c d e f 動物取扱業について”. 大分県 (2018年6月15日). 2018年10月18日閲覧。(2016年3月2日時点の数)
  8. ^ a b c 施設案内 うみたま体験パーク「つくみイルカ島」

関連項目[編集]