うみへび座銀河団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
うみへび座銀河団
Superclusters atlasoftheuniverse.gif
近傍宇宙の大規模構造マップ(超銀河座標)。
中央付近の Hydra が「うみへび座銀河団」
観測データ(Epock J2000.0)
星座 うみへび座
赤経 (RA, α) 10h36.9m
赤緯 (Dec, δ) -27° 32'
超銀河経度 (L) 139.4°
超銀河緯度 (B) -37.5°
距離 1.58億光年
最大長 1000万光年
構成銀河数 157
その他の名称
Abell 1060

うみへび座銀河団(うみへびざぎんがだん、英: Hydra Cluster ; 別名 Abell 1060)は、157個の明るい銀河を含む銀河団であり、地球からは、うみへび座の方向に見える。[1] 銀河団の全長は約1000万光年であり、異常に高いダークマターの構成比率を持つ。[2] この銀河団は、地球から1.58億光年離れたうみへび座・ケンタウルス座超銀河団の一部である。この銀河団の、最大の銀河は楕円銀河のNGC 3309 と NGC 3311、および渦巻銀河のNGC 3312であり、これらは全て約15万光年の直径を持つ。[3]

脚注[編集]

  1. ^ Wehner and Harris, p.1
  2. ^ Nemiroff, R.; Bonnell, J., eds. (16 April 2001). "The Hydra Cluster of Galaxies". Astronomy Picture of the Day. NASA. Retrieved 2016年10月22日.
  3. ^ The Hydra Supercluster An Atlas of the Universe.com

参考資料[編集]