えぇトコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
えぇトコ
ジャンル 旅番組
出演者 タレント2人
ナレーター 子守康範
橋本のりこ
オープニング 奇妙礼太郎トラベルスイング楽団オー・シャンゼリゼ
エンディング 同上
製作
制作 NHK大阪放送局
放送
放送チャンネルNHK総合テレビジョン
NHK BS1
映像形式文字多重放送
音声形式ステレオ放送
放送国・地域日本の旗 日本
公式サイト
放送開始から2016年3月まで
放送期間2012年4月13日[1] - 2016年3月18日
放送時間金曜日 20:00 - 20:45
放送分45分
2016年4月から2018年3月まで
放送期間2016年4月9日 - 2018年3月17日
放送時間土曜日 10:05 - 10:50
放送分45分
2018年4月から2019年9月まで
放送期間2018年4月13日 - 2019年9月6日
放送時間金曜日 20:00 - 20:40
放送分40分
2019年10月から2021年3月まで
放送期間2019年10月9日 - 2021年3月17日
放送時間水曜日 20:15 - 20:42
(総合・近畿)
水曜日 10:15 - 10:42
(総合・全国)
月曜日 0:00 - 0:26[2]
(日曜日深夜、BS1)
放送分27分
2021年4月から
放送期間2021年3月31日 -
放送時間水曜日 20:15 - 20:42
(総合・近畿)
金曜日 10:15 - 10:40
(総合・全国)
日曜日 23:50 - 月曜日 0:16
(BS1)
放送分27分

特記事項:
BS1での放送は2020年4月以降、総合テレビでの全国放送は2020年10月以降(『NHK地域局発』での放送)。
テンプレートを表示

えぇトコ』は、2012年4月13日[1]から近畿地方NHK総合テレビジョンで放送されているNHK大阪放送局制作の旅番組[3]である。2020年4月からNHK BS1でも放送されている。

概要[編集]

これまで、近畿地方のNHK総合で毎月1回、原則最終金曜日に放送された紀行番組『関西もっといい旅』に代わり開始された紀行番組である。

番組では関西にゆかりのある著名人が毎回レポーターを担当し、関西の知られざる人・もの・まち・自然・文化などの新しいスポットを見つける「関西再発見」の旅をコンセプトに放送する。

放送時間[編集]

総合テレビ[編集]

特記がないものはすべて近畿地方での放送。

本放送
  • 金曜日 20:00 - 20:45(番組開始 - 2016年3月)[4][5][6]
  • 土曜日 10:05 - 10:50(2016年4月 - 2018年3月)[7][8]
  • 金曜日 20:00 - 20:40[3](2018年4月 - 2019年9月)[1][9]
  • 水曜日 20:15 - 20:42(2019年10月 - )[1]
再放送
  • 土曜日(本放送の翌日)10:05 - 10:50(番組開始 - 2013年3月・2014年4月 - 2016年3月)[4][6]
  • 日曜日(本放送の翌々日)13:05 - 13:50(2013年4月[5] - 9月)
  • 金曜日(本放送の翌週)16:05 - 16:50(2013年10月 - 2014年3月)
  • 土曜日(本放送の翌週)1:25 - 2:10(金曜日深夜、2016年4月 - 2017年3月)[7]
  • 水曜日(本放送の翌週)1:45 - 2:30(火曜日深夜、2017年4月 - 2018年3月)[8]
  • 日曜日(本放送の翌々日、最終日曜日を除く)7:45 - 8:25(2018年4月 - 2019年3月)
  • 日曜日(本放送の翌々日)13:05 - 13:45(2019年4月[9] - 9月)
  • 日曜日(本放送の4日後) 8:00 - 8:25(2020年4月 - )
    • 2021年3月までは最終日曜日に『ルソンの壺』が放送されていたが、終了後は毎週の放送となっている。なお、同一時間に放送される『小さな旅』において、近畿地方が紹介される場合は『小さな旅』の放送が優先される。
  • 金曜日(本放送の翌々週)15:08 - 15:35(2019年4月 - 2020年9月)
    • 2019年4月~2020年9月に放送された地域番組枠『にっぽん ぐるり』で全国放送。祝日年末年始国会中継放送時、スポーツ中継(高校野球を含む)時は休止。
  • 水曜日(本放送の翌々週)10:15 - 10:42(2020年10月 - 2021年3月)
  • 金曜日 10:15 - 10:40(2021年4月 - )[10]
    • 地域番組枠『NHK地域局発』で全国放送。祝日・年末年始、国会中継放送時、スポーツ中継(高校野球を含む)時は休止。

BS1[編集]

  • 月曜日 0:00 - 0:26[2](日曜日深夜、2020年4月 - 2021年3月)
    • 2020年度にレギュラー番組として新設[11](近畿地方では再放送の扱い)。『小さな旅』との交互放送(放送間隔は一定ではない)で、1週分あるいは2週分が放送される。
  • 日曜日 23:50 - 月曜日 0:16(日曜日深夜、2021年4月 - )[10]
    • 23時50分からの『NHK BSニュース』が2021年3月で廃止となり、放送開始時間が前年度より10分早くなっている。放送形態は2020年度と同じ。

補足[編集]

2012・13年度の最終週は「ふたりは最高♪大阪SHOW TIME」を放送。また随時NHKプロ野球阪神タイガースオリックス・バファローズ主管試合)などの特番により休止となる日あり。また特に、NHK神戸放送局NHK京都放送局NHK大津放送局NHK奈良放送局では本放送の時間帯に府県別特集を編成する場合があって休止する日もある(その場合再放送で視聴するか、再放送も府県別特集優先で視聴できない場合は近隣の放送局を視聴できる環境であればこの限りではない)。

再放送は、NHK京都放送局では2012年度が開局80年となるため、プロジェクト番組を放送する都合上、主に第1・3土曜の再放送は行われなかった(NHK大津放送局・NHK大阪放送局・NHK神戸放送局の中継局を受信できる地域はこの限りではない)。なお2013年9月22日より、日曜13:05-13:50に『木曜時代劇』の再放送(全国ネット)が放送される都合上、本番組の再放送は同10月より原則として放送された次週の金曜16時台に変更された。

不定期で『にっぽん ぐるり』(総合テレビ・BS1)→『NHK地域局発』(2015年度までは『ろーかる直送便』)にて全国放送される回もあったが[3][12][13][14]、前述のとおり2020年度から月曜日未明(日曜日深夜)にレギュラー放送されることになった(『小さな旅』との交互放送)。2014年5月31日の同番組で本番組の2012年4月20日放送分が放送されたが、近畿地方では大津放送局制作の番組に差し替えられた。また、NHKワールド・プレミアムでも不定期で放送されることがある。2012年ロンドンオリンピック期間中はニュース番組の時差放送と放送時間短縮、定時番組の休止などで空いた時間帯を使って他の地域情報番組とともに集中編成を行い、一部の回はノンスクランブル放送も実施された(ノンスクランブル放送対象番組である『バラエティー生活笑百科』や『明日へ~支えあおう~』が休止となった代替として)。2019年10月の放送枠移設時から『サンドのお風呂いただきます』の差し替え放送となっている。

2021年3月より、NHKプラスの「ご当地プラス」において番組のネット配信(見逃し配信)を実施している。近畿地方向けの本放送、ならびに『NHK地域局発』での金曜日の放送が対象になっている。

出演者[編集]

タレント2人がペアを組み近畿地方(これ以外の地域を取り上げる場合あり)を旅する形態が取られている。主なパターンは以下のとおり。なお、2019年4月19日に近畿地方で放送された原田龍二藤岡弘、の放送回は、当初全国放送される予定が原田の不倫報道によって内容が差し替えられることになった[3]

  • 男性2人
  • 女性2人
  • 男性・女性各1人

ナレーション[編集]

現在
過去

テーマ曲[編集]

主な企画[編集]

以下は2016年度までに放送された企画。

  • 「もちろん旅&じゃない旅」 - 関西各地の名所・スポットをガイドブックに載っているスタンダードな旅と、それに掲載されていないディープなスポットを行き当たりばったりで尋ねる2つの旅のパターンを同時進行で描く。
  • 「角淳一の関西おもてなしデート」 - 角淳一毎日放送を退職しフリーになって初めてNHKで主演する企画。関西に所縁のある女優・タレントを迎えてデートを楽しむ。
  • 「文珍・南光の発見!ふるさとの宝」 - 上方落語家の桂文珍桂南光が関西各地にある地域のお宝を探る珍道中
  • 「三都ぶらぶら うたマップ」 - 京阪神の歴史・文化・グルメなど、歌に歌われた名所を歌手・音楽家2組が訪れて、歌を通して地域を見つめる。
  • 「日帰り!グレートサミット」 - 関西各地の山歩きスポットを訪ねる
  • 「ぶらっと歴史ウオーカー」 - 関西の歴史に彩られた史跡・観光地を訪ね歩きながら、その歴史に込められた核心に迫る。
  • 「発掘!関西グルメ」 - 関西各地に隠された自然に育まれた食材やグルメの逸品にスポットライトを当てるほか、その食材を活かした創作料理作りも行う

脚注[編集]

  1. ^ a b c d NHK放送文化研究所『NHK年鑑2020』NHK出版、2020年12月11日、230頁。
  2. ^ a b NHKオンライン 経営に関する情報 2020年度(前半期)放送番組時刻表 (PDF)
  3. ^ a b c d “不倫報道の原田龍二が出演 NHK旅番組「えぇトコ」31日放送内容 急きょ差し替え”. スポーツニッポン. (2019年5月30日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/05/30/kiji/20190530s00041000208000c.html 2020年4月5日閲覧。 
  4. ^ a b NHK放送文化研究所『NHK年鑑2013』NHK出版、2013年11月15日、629頁。
  5. ^ a b NHK放送文化研究所『NHK年鑑2014』NHK出版、2014年11月14日、614頁。
  6. ^ a b NHK放送文化研究所『NHK年鑑2016』NHK出版、2016年11月11日、631頁。
  7. ^ a b c NHK放送文化研究所『NHK年鑑2017』NHK出版、2017年11月10日、604頁。
  8. ^ a b c NHK放送文化研究所『NHK年鑑2018』NHK出版、2018年10月30日、570頁。
  9. ^ a b NHK放送文化研究所『NHK年鑑2019』NHK出版、2019年10月25日、566頁。
  10. ^ a b NHKオンライン 経営に関する情報 2021年度(前半期)放送番組時刻表 (PDF)
  11. ^ NHKオンライン 経営に関する情報 2020年度(令和2年度)国内放送番組編成計画 (PDF)
  12. ^ ろーかる直送便 えぇトコ 「信楽・器で魅せる料理の旅~香坂みゆき&東貴博~」”. NHK番組表ヒストリー (2013年11月27日). 2020年4月5日閲覧。
  13. ^ にっぽんぐるり えぇトコ「達人が教える秘密の嵐山~京都・嵐山~」”. NHK番組表ヒストリー (2019年7月14日). 2020年4月5日閲覧。
  14. ^ にっぽんぐるり えぇトコ「母に学ぶ 吹雪の女子旅~石川・能登半島~」”. NHK番組表ヒストリー (2020年1月11日). 2020年4月5日閲覧。

関連項目[編集]