えびの駐屯地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
えびの駐屯地
所在地 宮崎県えびの市大字大河平4455-1
座標 北緯32度02分45秒
東経130度54分55秒
駐屯地司令 第24普通科連隊長 兼務
主要部隊

第24普通科連隊

西部方面特科連隊第3大隊ほか
面積 47万平方メートル
開設年 1981年
テンプレートを表示

えびの駐屯地(えびのちゅうとんち、JGSDF Camp Ebino)は、宮崎県えびの市大字大河平4455-1に所在し、第24普通科連隊等が駐屯する陸上自衛隊駐屯地である。最寄の演習場は、霧島演習場。駐屯地司令は、第24普通科連隊長が兼務。廃止されたものを含め、陸上自衛隊唯一の、平仮名表記の自衛隊施設である。

沿革[編集]

  1. 第24普通科連隊のコア部隊化。
  2. 第8特科連隊第3大隊が北熊本駐屯地から移駐。
  3. 第8後方支援連隊第4普通科直接支援中隊、特科直接支援中隊第3直接支援小隊が新編されている。
  • 2018年(平成30年)3月26日:2度目の大規模な部隊改編を実施。
  1. 第24普通科連隊西部方面混成団隷下に移動。
  2. 第8特科連隊第3大隊は西部方面特科連隊第3大隊に改編。それに伴い、後方支援部隊を改編した。
  • 2019年(平成31年)3月26日:西部方面特科連隊関連部隊の隷属変更(第8師団隷下から西部方面特科隊隷下へ変更)[4]

駐屯部隊[編集]

西部方面隊隷下部隊[編集]

防衛大臣直轄部隊[編集]

最寄の幹線交通[編集]

重要施設[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 正式には、駐屯地発足3ヶ月前に移駐準備隊として九州勤務希望者が移駐完了している。24普連は移駐前日に東千歳駐屯地で一度解組し、自衛隊旗(連隊旗)を返却している。(この際に、隊員の希望者は北部方面隊隷下の各師団普通科部隊に配属替え。)開庁当日に、えびの駐屯地に連隊本部が移駐。九州勤務希望者と九州諸部隊からの人員増強をもって24普連は再結成、自衛隊旗を授与され、第8師団隷下に移動となった。
  2. ^ 自衛隊法施行令の一部を改正する政令(昭和56年9月22日政令第283号)
  3. ^ 曹友連合会 えびの駐屯地
  4. ^ a b 湯布院駐屯地twitterアカウント(@yufuinpr)掲載”. 陸上自衛隊湯布院駐屯地. 2019年3月26日閲覧。
  5. ^ 西部方面後方支援隊”. 陸上自衛隊 目達原駐屯地. 2018年3月28日閲覧。
  6. ^ “目達原駐屯地に新たに2部隊 弾薬大隊と直接支援中隊”. 佐賀新聞Live. 佐賀新聞社. (2018年3月28日). オリジナルの2018年3月28日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180328074448/http://www.saga-s.co.jp/articles/-/198015