おおいた豊後大野ジオパーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
原尻の滝
沈堕の滝

おおいた豊後大野ジオパーク(おおいたぶんごおおのジオパーク)は、大分県豊後大野市にあるジオパークである。2013年9月24日に日本ジオパークに認定され、日本ジオパークネットワークに加盟した[1]

概要[編集]

豊後大野市は、大分県の南西部に位置し、大野川の中上流域に属する。この地域では、9万年前の阿蘇山の噴火で発生した火砕流によって生成した阿蘇溶結凝灰岩浸食によって、渓谷などの特徴的な地形が形成されるとともに、加工しやすい凝灰岩の特性を活かした石橋や磨崖仏等の石造文化が古くから発達した[1][2]

ジオサイト[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 県内初!日本ジオパークに認定 大分合同新聞、2013年9月25日
  2. ^ 豊後大野市、姫島村にジオパーク認定証交付 大分合同新聞、2013年10月16日

関連項目[編集]