おおぐま座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
おおぐま座
Ursa Major
Ursa Major
属格 Ursae Majoris
略符 UMa
発音 [ˈɜrsə ˈmeɪdʒər]、属格/ˌɜrsiː məˈdʒɒrɨs/
象徴 the Great Bear
概略位置:赤経 10.67
概略位置:赤緯 +55.38
正中 4月20日21時
広さ 1280平方度 (3位
主要恒星数 7, 20
バイエル符号/
フラムスティード番号
を持つ恒星数
93
系外惑星が確認されている恒星数 9
3.0等より明るい恒星数 6
10パーセク以内にある恒星数 12
最輝星 ε UMa(1.77
最も近い星 ラランド21185;(8.29光年)
メシエ天体 7
流星群 Alpha Ursa Majorids
Leonids-Ursids
隣接する星座 りゅう座
きりん座
やまねこ座
こじし座
しし座
かみのけ座
りょうけん座
うしかい座

おおぐま座(おおぐまざ、大熊座、Ursa Major)は、北天の星座で、トレミーの48星座の1つ。

おおぐま座の一部としては腰から尻尾にあたる7つの星は、日本では北斗七星と呼ばれ、さまざまな文明でひしゃくやスプーンに見立てられた。β星とα星の間隔を約5倍すると、だいたいポラリス(現在の北極星)の位置になることから、世界的に旅人や航海者にもよく使われた。また、ミザール(ζ星)と、アルコル(g星)の二重星は、古来、この2星を見分けられるかが、兵士の視力検査の基準にもなったという。

主な天体[編集]

恒星[編集]

6つの2等星があるが[1][2][3][4][5][6]、全て北斗七星に集中しているのも特色で、熊の胴体を構成する星は、全て3等星以下となっている。以下の北斗七星の7星のうち、δ星以外は全て2等星である。

北斗七星以外にも国際天文学連合が固有名を定めた恒星も多い。

その他有名な恒星としては以下の星がある。

星団・星雲・銀河[編集]

これら3つの天体は、小型望遠鏡でも見ることができる。

  • M101(回転花火銀河):渦巻銀河。η星の北西にある美しい銀河である。
  • Arp 148[13]

この星座は銀緯が高いため、我々の銀河系の恒星や星間物質に邪魔されることが少なく、多くの銀河を見ることができる。10等より暗い銀河が50個ある。

その他[編集]

神話[編集]

女神ヘーラーによって熊に姿を変えられたカリストーの話がよく知られている。オウィディウスの『変身物語』中では以下のエピソードが語られている。

カリストーは、アルカディアリュカーオーンの娘で、アルテミスの従者として処女を誓い、狩りに明け暮れる生活をしていた[14]。ある日、木立の陰で身を休めているところをゼウスに見初められ、ゼウスはアルテミスの姿を借りてカリストーに近づいた[14]。驚いた彼女にゼウスは真の姿を現わし、彼女の抵抗をものともせず思いを遂げた[14]。彼女は男と交わったことがアルテミスに知れるのを恐れてこのことを隠していたが、数ヶ月経ったある暑い日、狩りの最中にアルテミス達と沐浴をすることとなった[14]。渋々衣服を脱いだカリストーだったが、結局ゼウスの子どもを身ごもっていることが知られてしまった[14]。誓いを破られたことを知ったアルテミスは憤慨し、彼女を放逐した[14]

そしてカリストーが息子アルカスを産んだ際に、そのことがゼウスの妃ヘーラーに知られてしまう[14]。嫉妬と怒りに狂ったヘーラーが掛けた呪いにより、カリストーの真っ白な腕は黒い毛皮で覆われ、両手は湾曲して鉤爪が伸びて獣の前肢となり、ゼウスがとりわけ愛でた口元は巨大な獣の顎となって喉からは言葉の替わりにおぞましい唸り声しか出せないようにされた[14]。彼女はもとの美しい容姿とは似ても似つかぬ、の姿に変えられたしまった[14]

15年後、森を徘徊していたカリストーは、立派に成長したアルカスと出くわしてしまう[14]。カリストーは息子であることに気づき抱きしめようと近付いたが、それが実母であるとは知らないアルカスは後ずさりし、彼女を槍で突こうとした[14]。これを見たゼウスは、旋風を起こして2人を天に上げ、カリストーをおおぐま座に、アルカスをうしかい座へと変えた[14][15][注 1]。ヘーラーは、カリストーが星座に上げられたことでさらに怒り、海の神であるテーテュースオーケアノスに頼み、彼女が北の海に降りて休むことを許さず、ずっと沈むことがないようにしたという[14]。そのため、北半球の中緯度地域ではおおぐま座は周極星となり、地に沈むことはない[14]

偽エラトステネスは、カリストーを熊に変えたのはヘーラーではなくアルテミスであるとしている[16]。熊に姿を変えられてから数年後、アルカスに追われたカリストーは、侵入した者には死の罰が与えられると定められたゼウスの神殿にそうとは知らずに逃げ込んだ[16]。それを哀れんだゼウスは彼らを天に上げたという[16]

紀元前3世紀頃のギリシャの詩人アラトスは、著書『ファイノメナ(Phaenomena、現象)』で、ディクテー山ゼウスを育てたニュンペーヘリケー (Helike) の姿であるとする話を伝えている[17]。ヘリケーはキュノスラと共に、ゼウスの父クロノスから匿ってゼウスを養育したことを称えられ、ヘリケーはおおぐま座に、キュノスラはこぐま座になったとされる[17]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 日本の文献では、欧米の資料にはない「こぐま座になった」とする話が多く見られる。

出典[編集]

  1. ^ Results for NAME DUBHE”. SIMBAD Astronomical Database. CDS. 2013年2月10日閲覧。
  2. ^ Results for NAME MERAK”. SIMBAD Astronomical Database. CDS. 2013年2月10日閲覧。
  3. ^ Results for NAME PHECDA”. SIMBAD Astronomical Database. CDS. 2013年2月10日閲覧。
  4. ^ Results for V* eps UMa”. SIMBAD Astronomical Database. CDS. 2013年2月10日閲覧。
  5. ^ Results for NAME MIZAR”. SIMBAD Astronomical Database. CDS. 2013年2月10日閲覧。
  6. ^ Results for NAME ALCAID”. SIMBAD Astronomical Database. CDS. 2013年2月10日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m n 原恵『星座の神話 - 星座史と星名の意味』恒星社厚生閣、2007年2月28日、新装改訂版第4刷、103-105頁。ISBN 978-4-7699-0825-8。
  8. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r IAU Catalog of Star Names”. 国際天文学連合. 2020年4月24日閲覧。
  9. ^ Results for NAME MEGREZ”. SIMBAD Astronomical Database. CDS. 2013年2月3日閲覧。
  10. ^ ロバート・バーナム Jr.『星百科大事典』斉田博訳、地人書館、1984年4月、初版、393頁。NCID BN00507540
  11. ^ 大崎正次『中国の星座の歴史』雄山閣出版、1987年5月5日、300頁。ISBN 978-4639006473。
  12. ^ a b 太陽系外惑星に私たち提案の名前が命名されました”. 岡山アストロクラブ. 2015年12月19日閲覧。
  13. ^ 『宇宙がまるごとわかる本』宇宙科学研究倶楽部、学研パブリッシング、2012年2月、P57。ISBN 978-4054052604。
  14. ^ a b c d e f g h i j k l m n Ian Ridpath. “Ursa Major”. Star Tales. 2016年12月29日閲覧。
  15. ^ Wolfgang Schadewaldt『星のギリシア神話』河原忠彦訳、白水社、1988年9月10日、28頁。ISBN 4-560-01877-4。
  16. ^ a b c Ian Ridpath. “Boötes”. Star Tales. 2017年2月28日閲覧。
  17. ^ a b 『グロティウスの星座図帳 : ゲルマニクス“アラトスのファイノメナ"の邦訳』千葉市立郷土博物館〈天文資料解説集〉、1999年3月、24頁。NCID BA84126606

関連項目[編集]

座標: 星図 10.67h 00m 00s, +55.38° 00′ 00″