おおすみ型輸送艦 (初代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
おおすみ型輸送艦
JS Shiretoko (LST-4003).jpg
「しれとこ」
艦級概観
艦種 揚陸艦1971年以降は輸送艦
前級 なし
次級 みうら型
あつみ型
性能諸元
排水量 基準:1,650t
満載:4,080t
全長 100.0 m
全幅 15.2 m
深さ 8.6 m
吃水 3.4m
機関 ディーゼルエンジン(900PS) 2基
推進器 2軸
速力 最大 11ノット
定員 個艦乗員110名+揚陸部隊120名
兵装 Mk1 40mm単装機銃
(LST-4001)
2基
Mk1 40mm連装機銃
(LST-4002, 4003)

おおすみ型輸送艦英語: Ōsumi-class tank landing ship)は、海上自衛隊が運用していた輸送艦の艦級。アメリカ海軍からLST-542級戦車揚陸艦(LST-1級最後期型)3隻の供与を受けて再就役させたものである。

なお供与当初は揚陸艦と類別されていたが、1971年4月1日に艦種呼称は変更された[1]

概要[編集]

海上自衛隊の輸送・揚陸艦艇部隊は、1955年(昭和30年)、MSA協定に基づいてアメリカ海軍より供与された汎用揚陸艇(LCU)6隻(域外調達により日本で建造)、機動揚陸艇(LCM)29隻によって舟艇隊を設置したことを端緒とする。しかし、これらはいずれも小型で輸送・揚陸能力は限定的であり、また航洋性も欠いていた。このことから、MSA協定に基づき、アメリカ合衆国モスボールにされていたLST-542級戦車揚陸艦3隻の供与が行われることとなった[1]

LST-542級は、LST-1級戦車揚陸艦の最後期建造型であり、前期型をもとに艦橋を1層増設するとともに機銃を増備したことで排水量が増大し、また後期型と比して造水能力強化によって載貨量が1,900トンに減少したものとなっている[2]。なお、「おおすみ」には機動揚陸艇(LCM)や車両人員揚陸艇(LCVP)など上陸用舟艇を搭載できるダビットが両舷に3基ずつ設置されていたが、「しれとこ」では艦橋構造物両脇の1基ずつのみとなっている[1]

1961年(昭和36年)4月1日オレゴン州アストリア米海軍基地で3隻の引渡式が行われ、同日付で第1揚陸隊(1971年4月1日、第1輸送隊に改称)を編成し、日本に回航された。日本回航途中のパールハーバーに寄港時、米海軍から旧日本海軍特殊潜航艇(甲標的)1隻を受領した。この艇は真珠湾攻撃に参加し撃沈されたものを米海軍が引き揚げたもので「しれとこ」の上甲板に搭載し、日本に輸送した[1][注 1]。第1揚陸隊は、1962年三宅島噴火、1965年大島大火への人道援助災害派遣に活躍したほか、1972年には沖縄返還に伴う米ドルから日本円への通貨切替に対応するための現金輸送にも用いられた[1]

また「しれとこ」は、1962年には上甲板を補強し、南極地域観測隊用のS-61Aヘリコプターの訓練に供されたほか、1967年には、さらにヘリコプター搭載護衛艦に装備予定であったカナダ製の着艦支援・拘束装置であるベアトラップ・システムを搭載して試験を行った。この実績が評価されて、同システムは以後のヘリコプター搭載護衛艦の標準装備となった[1]

同型艦[編集]

 アメリカ海軍  海上自衛隊 その後
# 艦名 建造 起工 就役 除籍 # 艦名 供与 除籍
LST-689 ダゲット・カウンティ
USS Daggett County
ジェファーソンビル
・ボート機械
1944年
1月11日
1944年
5月2日
1946年
3月
LST-4001 おおすみ 1961年
4月1日
1974年
3月30日
アメリカへ返還後、
フィリピン海軍へ供与
LST-835 ヒルズデール・カウンティ
USS Hillsdale County
アメリカン橋梁 1944年
9月6日
1944年
11月20日
1946年
1月
LST-4002 しもきた 1975年
3月31日
LST-1064 ナンスモンド・カウンティ
USS Nansemond County
ベスレヘム製鋼
ヒンガム造船所
1945年
1月9日
1945年
3月12日
1946年
8月21日
LST-4003 しれとこ 1976年
3月31日

脚注[編集]

  1. ^ この艇は現在、海上自衛隊第1術科学校敷地内にある教育参考館前に展示されている。

参考文献[編集]

  1. ^ a b c d e f 「海上自衛隊全艦艇史」『世界の艦船』第630号、海人社、2004年8月、 1-261頁、 NAID 40006330308
  2. ^ 「アメリカ揚陸艦史」『世界の艦船』第669号、海人社、2007年1月、 1-135頁、 NAID 40015212119