おおなみ (護衛艦・2代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
おおなみ
駿河湾で体験航海中の「おおなみ」
駿河湾で体験航海中の「おおなみ」
基本情報
建造所 三菱重工業長崎造船所
運用者  海上自衛隊
艦種 汎用護衛艦(DD)
級名 たかなみ型護衛艦
建造費 650億円
母港 横須賀
所属 第2護衛隊群第6護衛隊
艦歴
発注 1998年
起工 2000年5月17日
進水 2001年9月20日
就役 2003年3月13日
要目
基準排水量 4,650トン
満載排水量 6,300トン
全長 151m
最大幅 17.4m
深さ 10.9m
吃水 5.3m
機関 COGAG方式
主機 IHILM2500ガスタービン × 2基
川崎スペイSM1C × 2基
出力 60,000PS
推進器 スクリュープロペラ × 2軸
最大速力 30ノット
乗員 175名
兵装 54口径127mm単装速射砲 × 1門
Mk.15 Mod12 高性能20mm機関砲(CIWS) × 2基
90式艦対艦誘導弾 (SSM-1B)4連装発射筒 × 2基
Mk.41 VLS × 32セル
HOS-302 3連装短魚雷発射管 × 2基
搭載機 SH-60J/K 哨戒ヘリコプター × 1/2機
C4ISTAR OYQ-9C 戦術情報処理装置
OYQ-103 対潜情報処理装置
レーダー OPS-24B-1 対空
OPS-28D 水上
OPS-20 航海用
81式射撃指揮装置2型-31B × 2基
ソナー OQS-5
OQR-2 曳航用
電子戦
対抗手段
NOLQ-3-2 電波探知妨害装置
Mk.137 デコイ発射機 × 4基
その他 曳航具4型 対魚雷デコイ
テンプレートを表示
平成18年度観艦式の予行で「むらさめ」(左)とともに東京湾を航行

おおなみローマ字JS Oonami, DD-111)は、海上自衛隊護衛艦たかなみ型護衛艦の2番艦。艦名は「大きな波」(大波)に由来し、この名を受け継ぐ日本の艦艇としては、旧海軍夕雲型駆逐艦大波」、あやなみ型護衛艦おおなみ」に続き3代目に当たる。

艦歴[編集]

「おおなみ」は、中期防衛力整備計画に基づく平成10年度計画4,600トン型護衛艦2240号艦として、三菱重工業長崎造船所長浜船台で2170番船として2000年5月17日に起工され、2001年9月20日に進水、2002年7月9日に公試開始、2003年3月13日に就役し、第1護衛隊群第5護衛隊に編入され横須賀に配備された。

2004年11月25日テロ対策特別措置法に基づき、護衛艦「ちょうかい」、補給艦ましゅう」と共にインド洋に派遣、2005年3月まで任務に従事し、5月10日に帰国した。

2007年9月4日から同月9日にかけて、インド洋・ベンガル湾にてインド主催による多国間演習である「マラバール2007」に護衛艦「ゆうだち」とともに参加した[1]

2008年3月26日、護衛隊改編により第2護衛隊群第6護衛隊に編入された。

2009年4月14日午前11時15分頃、沖縄中城新港に係留中、入港作業中のカンボジア船籍の貨物船サンフラワー(913トン)が接触し左舷艦首部が損傷する事故を起きる。

2009年7月6日、日韓救難共同訓練が日本海において実施され、護衛艦「あぶくま」、P-3C哨戒機 3機とともに参加し、韓国海軍駆逐艦楊万春」(DDH-973)、「王建」(DDH-978)と訓練を実施した[2][3]

2009年12月4日、08:45時ごろ高知県足摺岬沖合南約130kmにおいて海賊対処訓練実施中に護衛艦「さわぎり」が右後後部に追突する形で接触する事故が発生した。双方ともけが人はなく自力航行は可能であった[4]。これにより甲板上の落下防止用鉄製柵が変形した。

2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震による東日本大震災に対し、地震発生から89分後、災害派遣のため横須賀から緊急出港する。

2010年1月29日第4次派遣海賊対処行動水上部隊としてソマリア沖に向けて出航、僚艦となる「さわぎり」とは途中で合流[5]。2月25日から5月31日まで、32回の船団護衛で合計283隻の船舶を警護し、任務終了により7月2日に横須賀に帰港した。

2011年10月11日、第10次派遣海賊対処行動水上部隊として護衛艦「たかなみ」と共に横須賀基地を出航、ソマリア沖・アデン湾に向かい、翌2012年3月12日に帰国した[6]

2012年6月9日、日印国交60周年の記念も兼ねて訪日中のインド海軍艦隊と相模湾にて護衛艦「はたかぜ」と共に共同訓練「JIMEX 12」を実施した[7][8]

2013年2月5日の報道によれば、同年1月19日1700時頃、東シナ海中国海軍所属の江凱I型フリゲートが本艦が搭載しているヘリコプターに向け火器管制レーダーを照射した疑いがあることを防衛省が明らかにした[9]

2014年7月15日、第19次派遣海賊対処行動水上部隊として「たかなみ」と共に横須賀基地からソマリア沖・アデン湾に向け出航した[10]。 その後ソマリア沖での海賊対処行動を終え帰途につくが、両艦が日本に向け東南アジア付近を航行中に、エアアジア8501便墜落事故が発生した[11]。日本政府は両艦に派遣命令を出し[12]1月3日から9日までの間、エア・アジア航空機消息不明事案に関する国際緊急援助活動に従事し、1月24日、横須賀に帰港した[13]

現在、第2護衛隊群第6護衛隊に所属し、定係港は横須賀である。

歴代艦長[編集]

歴代艦長(特記ない限り2等海佐
氏名 在任期間 出身校・期 前職 後職 備考
1 三木 功 2003.3.13 - 2004.3.31 防大23期 おおなみ艤装員長 きりしま艦長
2 山田勝規 2004.4.1 - 2005.8.9 防大25期 佐世保地方総監部防衛部
第3幕僚室長 兼第5幕僚室長
護衛艦隊司令部幕僚
3 中藤琢雄 2005.8.10 - 2006.8.13 防大26期   しらせ副長
4 三浦昌伸 2006.8.14 - 2008.3.25 防大26期 大湊地方総監部管理部人事課長 しもきた艦長
5 棚岡充雄 2008.3.26 - 2009.9.3   呉地方総監部管理部人事課長 大湊海上訓練指導隊副長
6 大久保幸彦 2009.9.4 - 2010.12.23 防大26期 大湊海上訓練指導隊砲雷科長 →2011.1.11 しもきた艦長
7 吉野 敦 2010.12.24 - 2013.3.21 広修大
36期幹候
ひゅうが副長 護衛艦隊司令部付
→2013.8.6いずも艤装員長
8 石塚啓壯 2013.3.22 - 2014.6.26 海上自衛隊幹部候補生学校主任教官 海上幕僚監部衛生企画室
9 加世田孝行 2014.6.27 - 2016.5.9 防大30期 海上自衛隊第1術科学校 佐世保海上訓練指導隊副長
10 渡邊秀幸 2016.5.10 - 防大35期 海上訓練指導隊群司令部幕僚

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 石橋孝夫『海上自衛隊全艦船 1952-2002』(並木書房、2002年)
  • 世界の艦船 増刊第66集 海上自衛隊全艦艇史』(海人社、2004年)