おかざきみつき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
おかざきみつき
代表作
一般ゲーム D.C.
アダルトゲーム水夏弐律
ことり Love Ex P
A.G.II.D.C. 〜あるぴじ学園2.0 サーカス史上最大の危機!?〜
D.C.III 〜ダ・カーポIII〜

おかざき みつきは、日本のゲームクリエイター(ゲーム原画家・グラフィッカー)、イラストレーター、漫画家である。愛知県知立市出身。

元美少女ゲームブランドCIRCUS所属。別ペンネームに(がちゃ先生)がある[1]

人物[編集]

美少女ゲームブランドCIRCUS所属の絵師であったが、その後スクウェア・エニックス所属のアートディレクターへと肩書きが変わっている。コンセプトアーティスト、制作管理業務他 SQUARE ENIX案件を手がけていたとのこと。CIRCUSのFC通信の紹介文より、大学時代に同人活動をしながら成人向け漫画連載や商業誌イラストを載せて活動していたところ、イベントで業界のプロデューサーにスカウトされ、後に美少女ゲームブランドCIRCUSに所属することになる。CIRCUS所属時代のPNは“がちゃ”先生。美少女ゲームの原画家としては、『D.C. 〜ダ・カーポ〜』シリーズ(サブキャラ、SDキャラ)がデビュー作になる。

D.C. 〜ダ・カーポ〜白河ことりの娘や、「水夏弐律」の名無し等、幼女キャラの原画を手がけることが多い。

CIRCUS作品以外ではおかざきみつき名義のクレジットとされている[2]

世界コスプレサミット2014において、地元出身のクリエイター代表として岸田メルあんど慶周清原紘草川為鈴羅木かりん らとともにゲストとしてパンフレットにイラストを掲載、紹介されている。2014年の時点ではSQUARE ENIX(スクウェア・エニックス)ホールディングスグループ在籍と表記されていた(いつごろCIRCUSからSQUARE ENIXへ転籍したかは不明)[3]

経歴[編集]

  • CIRCUS所属時代、美少女ゲーム『D.C. 〜ダ・カーポ〜』シリーズ作品の開発に携わる。『D.C.III 〜ダ・カーポIII〜』まで参加されていた[4]
  • 『D.C. 〜ダ・カーポ〜』シリーズ10周年の記念ロゴデザインを担当、記念メダルが配られた。
  • 学生時代に株式会社レベルファイブを含めたGFF(ジーエフエフ)、福岡ゲーム産業振興機構が主催する福岡ゲームコンテストにてイラストパッケージ部門で入賞[5]知名度を上げる。
  • 同人サークルはコミケで壁に配置されるなどサークルとして大手だった。
  • pixiv主催の「PIXIVフェスタ」の第1回でスペシャルサンクスとして公参加されている。
  • 小学館主催の「萌え博コンテスト」受賞[6]
  •  バンド『No Life Negotiator』のデザイン担当
  • 世界コスプレサミット(愛知県代表ゲスト作家)

主な作品[編集]

イラスト ・キャラクターデザイン[編集]

ゲーム[編集]

アニメ[編集]

  • テレビアニメ『Rio RainbowGate!』最終回のENDカード[7]
  • テレビアニメ『C3-シーキューブ-』DVD特典冊子ゲスト作家

漫画その他作品[編集]

受賞歴[編集]

  • 福岡ゲーム産業振興機構GFFゲームコンテスト 入賞
  • 小学館ドリームトライブ萌え博コンテスト 入賞

出典[編集]

  1. ^ 世界コスプレサミット公式サイト作家紹介より[1]
  2. ^ CIRCUSファンクラブ通信「つなわたり」インタビュー記事より。
  3. ^ 世界コスプレサミット公式サイト記事より[2]
  4. ^ CIRCUS FC本つなわたりより。
  5. ^ 第2回福岡ゲーム産業振興機構ゲームコンテストサイト より。[3]
  6. ^ ドリームトライブサイト より。[4]
  7. ^ ニコニコ動画から。[5]