おがさわら丸 (3代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
おがさわら丸(3代)
Ogamaru3rd 160629.jpg
竣工記念式典・内覧会のため竹芝客船ターミナルに接岸中の本船
基本情報
船種 貨客船
船籍 日本の旗 日本
所有者 鉄道建設・運輸施設整備支援機構
小笠原海運
運用者 小笠原海運
建造所 三菱重工業下関造船所(第1194番船)
建造費 約92億円
航行区域 近海
船級 JG
信号符字 7JWG[1]
IMO番号 9767687
MMSI番号 431347000
経歴
起工 2015年6月27日
進水 2016年1月27日
竣工 2016年6月29日
就航 2016年7月2日
現況 就航中
要目
総トン数 11,000 トン
全長 150 m
全幅 20.4 m
満載喫水 5.7 m
デッキ数 8層(旅客区画6層)
機関方式 ディーゼル
主機関 JFE-SEMT ピルスティク 14PC2-6B 2基
推進器 可変ピッチプロペラ 2軸
バウスラスター 2基
スタンスラスター 1基
出力 19,800 kW
航海速力 23.8ノット
旅客定員 892名
テンプレートを表示
貨客船3代目おがさわら丸の煙突 20160918に撮影

おがさわら丸は、小笠原海運が運航している貨客船。本項目では2016年就航の3代目について扱う。

概要[編集]

1997年に就航したおがさわら丸 (2代)の代船として三菱重工業下関造船所で建造され、2016年1月27日に進水、7月2日に就航した。本船の就航に合わせて、父島と母島を連絡するははじま丸もははじま丸 (3代)へ更新された。

共有建造制度を利用して建造された鉄道建設・運輸施設整備支援機構との共有船である。

小笠原諸島航路には、テクノスーパーライナーの実用1番船となるスーパーライナーオガサワラ2005年11月に就航する予定であったが、原油価格高騰の影響を受け、運航費用の問題で頓挫した。その後、2011年小笠原諸島世界遺産登録の影響などを盛り込んだ航路改善計画が検討され、通常船型の貨客船として本船が建造された。

就航航路[編集]

東京11時発 - 父島翌11時着、父島15時発 - 東京翌15時着、航海時間約24時間のダイヤで運航される。従来より東京発を1時間遅らせることで、港までの移動の際にラッシュ時間帯を回避、朝一番の列車・航空便との接続が改善され、従来は前泊を必要とした遠隔地からの利用の利便性が向上した[2]

設計[編集]

船容は前船に類似しているが、船客定員を増加するためデッキが一層増やされ大型化した。全長は約20メートル長い150メートル、総トン数は1.6倍の11,000トンとなった。二見港桟橋に制約される全長の範囲内で垂線長を可能な限り長くするため船首は垂直ステムが採用されており[3]、外観上の特徴となっている。航海速力は1.3ノット向上し、片道約24時間での運航が可能となった。省エネ船型と高効率プロペラの採用により、前船と同一の機関出力で大型化・高速化を図っており、運航コストは同程度に抑えられている[2]

船体は8層構造で、最下層が1デッキ、最上層が8デッキと呼称されており、2-7デッキが旅客区画となる。バリアフリー新法に基づいて作成された鉄道・運輸機構の旅客船バリアフリーガイドラインに準拠したバリアフリー高度化船である。通常の船内設備に加えて、介護室、多機能トイレ、車いす対応エレベーター(4-7デッキ)などのバリアフリー設備を備える。

荷役設備として船首および船尾にデリックを各1基装備しており、船首甲板は貨物倉、5デッキの船尾方はコンテナ搭載スペースとなっている。

船内[編集]

案内放送の音声は声優中上育実が担当する。2016年7月2日より、レストラン、展望ラウンジ、売店ではSuicaPASMOなどの全国相互利用サービスに対応した交通系ICカードが利用可能である(ただしPiTaPaは利用不可)[4]

船室[編集]

船体の大型化により、旅客定員は125名増加した。個室需要に対応するため個室も増やされ、原則として相部屋としない運用となった。新たに2等寝台が設定されたほか、2等和室は間仕切りが設けられ、一人あたりのスペースも前船比で約30パーセント広げられた。特2等寝台、2等寝台、2等和室にはレディースルームが、2等和室にはファミリールームが設定される[2]

特等室には隣接して、マッサージチェア、コーヒーサーバー、水素水給水器を備えた専用ラウンジが設置される[2]

特等室、特1等室、1等室は有料でケータリングサービス(部屋まで食事を運んでもらうサービス。夕食のみ事前申し込み制。)を受けることが可能。

船室タイプの一覧
クラス 部屋数 定員 設備
特等室(スイート) 2名×4室 8名 キングサイズベッド、バス、トイレ、テレビ、DVDデッキ、冷蔵庫、専用デッキ、専用ラウンジ(共用)
特一等室(デラックス) 3名×24室 72名 シングルベッド(2名)、ソファベッド(1名)、バス、トイレ、テレビ、DVDデッキ、冷蔵庫
一等室(スタンダード) 洋室 2名×39室 90名 シングルベッド、テレビ、DVDデッキ
和室 4名×3室 マットレス、テレビ、DVDデッキ
特二等寝台(プレミアムベッド) 約10名×18区画 178名 階段式二段ベッド(2名ユニット)、テレビ、コンセント
二等寝台(エコノミーベッド) 約20名×5区画
約160名×1区画
260名 階段式二段ベッド(4名ユニット)、コンセント
二等和室(エコノミー) 23区画 286名 マットレス

設備[編集]

パブリックスペース

  • 乗船口・案内所 - 4デッキ中央
  • ミニサロン「南島」 - 3デッキ後方

供食・物販設備

  • レストラン「Chichi-jima」 - 4デッキ前方(約130席)
  • 展望ラウンジ「Haha-jima」 - 7デッキ後方(約70席)、軽喫茶コーナーを設置
  • ショップ「ドルフィン」 - 6デッキ中央
  • 自動販売機コーナー - 3・4デッキ

入浴設備

  • シャワールーム - 6-2デッキに各1箇所(5デッキのみ2箇所)

利便設備

  • 授乳室 - 4デッキ中央
  • キッズルーム - 4デッキ中央
  • ペットルーム - 4デッキ中央
  • 喫煙室 - 3-5・7デッキ
  • 貴重品ロッカー

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 無線設備は、国際VHFのほか中短波帯短波帯おがさわら丸」(総務省免許状情報)。 衛星公衆電話あり ワイドスターⅡ導入事例『小笠原海運様』(docomo)。
  2. ^ a b c d “2016年7月 東京竹芝 - 小笠原諸島父島航路 新おがさわら丸就航!!” (プレスリリース), 小笠原海運, (2016年), https://www.ogasawarakaiun.co.jp/pdf/pamplet2016.pdf 2017年4月17日閲覧。 
  3. ^ 新おがさわら丸、命名・進水式リポート(1)”. 「にっぽん全国たのしい船旅」編集部. イカロス出版 (2016年2月1日). 2017年4月17日閲覧。
  4. ^ “7月2日(土)〜、おがさわら丸船内(売店・レストラン・スナック)でSuicaが利用可能に!!” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 小笠原海運, (2016年7月4日), オリジナルの2019年12月3日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20191203110517/http://www.ogasawarakaiun.co.jp/info/oga-wp/wp-content/uploads/2016/07/%E3%80%90%E9%A7%85%E8%B2%BC%E3%82%8A%E7%94%A8%E3%80%91.pdf 2019年12月3日閲覧。 

参考文献[編集]

関連項目[編集]