おきぎん証券

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
おきぎん証券株式会社
Okigin Securities Limited.
Okinawa syouken.jpg
おきぎん証券 本社
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
900-0033
沖縄県那覇市久米2丁目4番16号
設立 1960年6月10日
業種 証券、商品先物取引業
法人番号 4360001000348
金融機関コード 0881
事業内容 証券業
代表者 仲本 善政(代表取締役社長)
資本金 5億円
発行済株式総数 11,237,800株
従業員数 98名
主要株主 沖縄銀行 100%
外部リンク https://www.okigin-sec.co.jp/
特記事項:金融商品取引業者 沖縄総合事務局長(金商)第1号
テンプレートを表示

おきぎん証券株式会社は、沖縄県那覇市に本社を置く日本の証券会社沖縄銀行の完全子会社。

本支店[編集]

  • 本店(那覇市久米)
  • 浦添支店
  • コザ支店
  • 名護営業所
  • 糸満営業所

幹事業務[編集]

沖縄県内上場企業3社の幹事を務める。

沿革[編集]

  • 1960年6月 - 沖縄証券株式会社設立[1]
  • 1961年10月 - 大宝証券株式会社設立。
  • 1972年
    • 4月 - 琉球証券株式会社を合併。
    • 5月 - 日本証券業協会に加入。
  • 1998年12月 - 証券業の登録制にともない登録。
  • 2002年10月 - 沖縄証券、日本アジアホールディングズ傘下へ。
  • 2003年
    • 6月 - 大宝証券、日本アジアホールディングズ傘下へ。
    • 8月 - 沖縄証券、大宝証券の持株会社、琉球ホールディングズ 設立。
    • 10月 - 沖縄証券、大宝証券統合により社名を「おきなわ証券」へ。
  • 2016年2月26日 - レセプト債の販売元のファンドと運営会社が破綻した問題で金融庁から業務改善命令を受ける[2]
  • 2017年
    • 3月31日 - 藍澤證券の子会社の日本アジア証券がおきなわ証券の全株式を沖縄銀行に譲渡。同行の完全子会社となる[3][4]
    • 7月1日 - 社名を「おきぎん証券」へ変更[5][6]

脚注[編集]

  1. ^ おきぎん証券 沿革
  2. ^ 金融庁、証券6社に業務改善命令 レセプト債問題で日本経済新聞 2016年2月26日
  3. ^ 沖縄銀行、おきなわ証券を子会社化へ沖縄タイムス 2016年12月22日
  4. ^ 特定子会社の異動に関するお知らせ - 藍澤證券株式会社 2017年3月31日
  5. ^ 商号変更に関するお知らせ
  6. ^ “おきぎん証券へ変更 おきなわ証券、来月から”. 琉球新報. (2017年6月11日). https://ryukyushimpo.jp/news/entry-512771.html 2017年7月18日閲覧。