おさらば

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
おさらば
GETTING BACK TO LIFE
オフ・コースシングル
B面 悲しきあこがれ
MEMORIES OF A FORGOTTEN TOWN
リリース
規格 EP
ジャンル フォーク
ポップス
レーベル EXPRESS ⁄ 東芝音楽工業
EP:ETP-2647
作詞・作曲 東海林修(おさらば)
山上路夫 / 東海林修(悲しきあこがれ)
プロデュース 東海林修
オフ・コース シングル 年表
夜明けを告げに
1971年
おさらば
1972年
僕の贈りもの
1973年
テンプレートを表示

おさらば」は、1972年4月25日に発売されたオフコース(当時の表記はオフ・コース)通算3枚目のシングル

解説[編集]

小田和正鈴木康博、小林和行の3人編成だったジ・オフ・コースが、コーラスに吉田浩二を加えて「オフ・コース」と改称して発売した、このラインアップでの唯一のシングル曲。

カップリング曲と共に東海林修の提供曲で、編曲も自身が担当している。東海林はオフコースをコーラスワークをアピールするヴォーカル・グループとして売り出すことをイメージして、彼の力添えで1972年5月13日TBSで放送された『第1回東京音楽祭』に出場し同曲を歌うが、入賞できずに終わる。このとき垣間見たテレビメディアの酷悪さに驚き、以後テレビ番組へはほとんど出演せず、レコード制作とコンサート活動に専念することになる。

当時、東海林は2人の実力を高く評価していて、様々な形でオフコースを売りだそうと面倒をみた。そのひとつが東海林が音楽監督のような立場にいたNHKの若者向け番組『ステージ101』の“ワカとヒロ”の後任をオフコースがやらないかというオファーだった。番組を見学に行くと2人は歌って踊っていた。「最終的に自分達がやりたいことが出来るならどんなチャンスも生かそう」と言う鈴木に対して、楽器も持たずに踊りながら歌うことに抵抗を感じた小田はこれを拒否、最終的にこの話は実現せず、やがてオフコースと東海林との関係も終息する。

5月19日東京プリンスホテルにある“プリンス・ヴィラ”でのコンサートにてメンバーが小田、鈴木の2人となったことを宣言、以後2人組として活動を続ける。

収録曲[編集]

SIDE A[編集]

  1. おさらば GETTING BACK TO LIFE
    作詞・作曲・編曲 : 東海林修
    第1回東京音楽祭入選曲
    アルバム未収録曲

SIDE B[編集]

  1. 悲しきあこがれ MEMORIES OF A FORGOTTEN TOWN
    作詞 : 山上路夫、作曲・編曲 : 東海林修
    アルバム未収録曲