おさわがせ! ペンギンBOY

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
おさわがせ!ペンギンBOY
ジャンル アクションパズル
対応機種 ゲームボーイ
開発元 ナツメ
発売元 ナツメ
デザイナー 大田博久
プログラマー 大田博久
音楽 水谷郁
やまにしこういち
美術 にしやまともゆき
人数 1人
メディア 512キロビットロムカセット[1]
発売日 日本 199008081990年8月8日
アメリカ合衆国 1990121990年12月
ヨーロッパ 1991年
その他 型式:日本 DMG-PNJ
アメリカ合衆国 DMG-PN-USA
ヨーロッパ DMG-PN-NOE
テンプレートを表示

おさわがせ!ペンギンBOY』(おさわがせ!ペンギンボーイ)は、ナツメより1990年8月8日に発売されたゲームボーイ用ゲームソフト。

日本国外では『Amazing Penguin』のタイトルで発売された。

概要[編集]

ペンギンの王子様(ペンドリッヒ)を操作して、占領されたパステラ王国奪還を目指し、地上絵の封印を解いて回る、思考型アクションゲーム。『パックマン』(1980年)と『ヴォルフィード』(1989年)を合わせたゲーム性である。

ゲーム内容[編集]

  • 網目の辺にある、白丸や黒丸の封印を破壊することで網目が塗りつぶされていき、全て塗りつぶせば、ステージクリア。
  • 敵キャラクターに触れるか、タイムゲージが全てなくなる(時間切れ)とミス、残機が全てなくなるとゲームオーバー。
  • 白い封印を破壊すると、敵キャラクターの移動方向が反転。
  • 黒い封印は通常の破壊の他に、蹴って敵にぶつけることができる。
  • 全部で40ステージ。
  • パスワード形式でコンティニューできる。

スタッフ[編集]

  • ゲーム・デザイン:大田博久
  • グラフィック・デザイン、ルーム・デザイン:にしやまともゆき
  • サウンド・デザイン:水谷郁、やまにしこういち
  • プログラム:大田博久
  • スペシャル・サンクス:おかもとともこ、H.KATO

評価[編集]

評価
レビュー結果
媒体結果
ファミ通23/40点[2]
ファミリーコンピュータMagazine16.33/30点[1]
項目 キャラクタ 音楽 操作性 熱中度 お買得度 オリジナリティ 総合
得点 2.87 2.64 2.71 2.81 2.69 2.61 16.33

参考文献[編集]

  • M.B.MOOK『懐かしゲームボーイパーフェクトガイド』 (ISBN 9784866400259)、15ページ

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 「5月24日号特別付録 ファミコンディスクカード ゲームボーイ スーパーファミコン オールカタログ」『ファミリーコンピュータMagazine』第7巻第10号、徳間書店、1991年5月24日、 197頁。
  2. ^ a b おさわがせ!ペンギンBOY まとめ [ゲームボーイ]/ ファミ通.com” (日本語). KADOKAWA CORPORATION. 2018年6月10日閲覧。