夢を見るかもしれない

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

夢を見るかもしれない』(ゆめをみるかもしれない)、または『おそらくは夢を』(おそらくはゆめを、原題:Perchance to Dream)は、アメリカの作家ロバート・B・パーカーが執筆したハードボイルド小説。1991年に刊行された。私立探偵フィリップ・マーロウを主人公とする長編シリーズの第9作となり、『大いなる眠り』の続編にあたる。パーカーが手がけたうちでは2作目で最後の作品であり、レイモンド・チャンドラーの未完の遺稿を基にした前作『プードル・スプリングス物語』(1989年刊行)とは異なりパーカーのみの手による。

題名はシェイクスピア戯曲ハムレット』の、有名な "To be, or not to be" で始まる独白の一節からとられている。日本語版の訳題のいずれもそれを踏まえている。

あらすじ[編集]

私立探偵のフィリップ・マーロウは『大いなる眠り』で関わったスターンウッド家の執事ノリスから失踪人捜索の依頼を受けて、その邸を再び訪れる。当主であった将軍はすでに亡く、長女のヴィヴィアンは精神を病んだ妹のカーメンをサナトリウムに入院させた。ところが、ある日突然カーメンは失踪し、追い込まれたヴィヴィアンは、自分に恋をするやくざなクラブ経営者エディ・マースに妹を探し出すように依頼する。しかし、行方を追い始めたマーロウの前に、巨大な権力が立ちはだかる。

登場人物[編集]

  • フィリップ・マーロウ:主人公。私立探偵
  • ヴィヴィアン・リーガン:スターンウッド家の長女。
  • カーメン・スターンウッド:ヴィヴィアンの妹。
  • ヴィンセント・ノリス:執事。
  • エディ・マース:〈サイプレス・クラブ〉の経営者。
  • クロード・ボンセンティール:サナトリウム レストヘイヴン・クリニックの所長。
  • ノーマン・スウェイズ:同患者。
  • ランドルフ・シンプスン:石油王。
  • ジーン・ラドニック:シンプスンの秘書。
  • チャールズ・ガーデニア:ランチョ・スプリングズ開発の共同経営者。
  • セシル・コールマン:ランチョ・スプリングズ警察署長。
  • ヴァーン:同巡査部長。
  • ローラ・モンフォート:女優。
  • ポーリン・スノウ:地方紙の社主。
  • アル・グレゴリー:ロサンゼルス市警察失踪人課の警部。過去にマーロウと一緒に事件捜査にあたったことがあり、旧知の仲。
  • タガード・ワイルド:地方検事。バーニィ・オウルズとかつてのマーロウの上司。
  • バーニィ・オウルズ:地方検事局の主任捜査官。物語の途中より殺人事件の捜査に関わってくる。地方検事局にマーロウが勤めていた頃の上司で、彼の腕前を認めている。ヴィヴィアン・リーガンの捜索を続けるマーロウの身を案じる。『大いなる眠り』『高い窓』『さらば愛しき女よ』『プードル・スプリングス物語』に登場する。

日本語訳[編集]

いずれも石田善彦訳、早川書房

  • 『夢を見るかもしれない』(ハヤカワ・ノヴェルズ(単行本) 1992年8月)
  • 『おそらくは夢を』(改題、ハヤカワ・ミステリ文庫 2007年1月)

脚注[編集]