一昨日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

一昨日(いっさくじつ、おととい、おとつい、: day before yesterday)とは、昨日の前の[1][2]、すなわち今日より2日前の日である。

表記[編集]

漢字で「一昨日」と書いて、おとといと読ませるのは、熟字訓であるが、現代の中国語では「前天」、「前日」というのが一般的で、「一昨日」という表記は、歴史的にみても、方言をみても、中国語に見あたらず、日本で作られた表記である。なお、もう一日前は、「一昨昨日」と書いて、「さきおととい」と読むが、これも中国語にはない表記である。

方言[編集]

本来、「おととい」と呼ぶ地域は、関東地方東北地方太平洋側、九州地方中央部に多い。近畿地方岐阜県周辺、中国地方四国地方宮崎県福岡県などでは「おとつい」と呼ぶ地域が多い。青森県から日本海側を経て、長野県北信地方にかけては「おとといな」など、後ろに「な」を付けて呼ぶ地域が広がっている[3]。このほか、八丈島では「うちちー」、奄美大島沖縄本島などでは、「うってぃー」、先島諸島では「ぶとぅとぅずぃ」などという。発音の違いはあっても、基本的に同じ語が日本各地で使われていることがわかる。

慣用句[編集]

  • 「おととい来い」 - 「二度と来るな」という意味。すでに過去となったおとといに出直すことはできないことから、相手を罵りつつ追い返す表現として使われる。「来い」の部分は「来やがれ」「おいで」など、他の「来る」の命令表現になることもある。

楽曲[編集]

なお、2011年4月現在、日本音楽著作権協会が管理する楽曲名に「一昨日」という表記を含むものはない[4]

脚注[編集]

  1. ^ 広辞苑 第六版』 岩波書店 2008年
  2. ^ 大辞泉 増補・新装版』 小学館 1998年
  3. ^ 尚学図書編、『日本方言大辞典』pp426-427、小学館、1989年
  4. ^ [1] 日本音楽著作権協会作品データベース

関連項目[編集]