おとめ座ガンマ星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
おとめ座γ星[1]
Gamma Virginis
仮符号・別名 ポリマ[2], Porrima[3][4]
星座 おとめ座
視等級 (V) 2.74[1]
2.72 - 2.78(変光)[5]
位置
元期:J2000.0[1]
赤経 (RA, α) 12h 41m 39.64344s[1]
赤緯 (Dec, δ) -01° 26′ 57.7421″[1]
赤方偏移 -0.000068[1]
視線速度 (Rv) -20.42 km/s[1]
固有運動 (μ) 赤経: -614.76 ミリ秒/年[1]
赤緯: 61.34 ミリ秒/年[1]
年周視差 (π) 85.58 ± 0.60ミリ秒[1]
(誤差0.7%)
距離 38.1 ± 0.3 光年[注 1]
(11.68 ± 0.08 パーセク[注 1]
絶対等級 (MV) 2.4[注 2]
Virgo IAU.svg
Cercle rouge 100%.svg
γ星の位置
物理的性質
スペクトル分類 F1V+F0mF2V [1]
別名称
別名称
おとめ座29番星[1]
BD -00 2601[1]
HD 110379J[1]
HIP 61941[1]
■Template (■ノート ■解説) ■Project
おとめ座γ星A[6]
Gamma Virginis A
視等級 (V) 3.440[6]
変光星型 不明
分類 F型主系列星[6]
位置
元期:J2000.0[6]
赤経 (RA, α) 12h 41m 39.983s[6]
赤緯 (Dec, δ) -01° 26′ 58.25″[6]
赤方偏移 -0.000066[6]
視線速度 (Rv) -19.8 km/s[6]
固有運動 (μ) 赤経: -616 ミリ秒/[6]
赤緯: 60 ミリ秒/年[6]
年周視差 (π) 84.53 ± 1.18ミリ秒[6]
(誤差1.4%)
距離 38.6 ± 0.5 光年[注 1]
(11.8 ± 0.2 パーセク[注 1]
絶対等級 (MV) 3.1[注 2]
物理的性質
質量 1.56 M[7]
表面重力 4.26 (log g)[7]
スペクトル分類 F1V[6]
表面温度 6,757 K[8]
金属量[Fe/H] -0.07[9]
年齢 11.4億年[10]
別名称
別名称
おとめ座29番星A[6]
BD -00 2601A[6]
HD 110379[6]
HR 4825[6]
SAO 138917[6]
GJ 482 A[6]
TYC 4949-1120-1[6]
LTT 4843[6]
NSV 5859[6]
■Template (■ノート ■解説) ■Project
おとめ座γ星B[11]
Gamma Virginis B
視等級 (V) 3.484[11]
分類 F型主系列星[11]
軌道の種類 Aの周回軌道
軌道要素と性質
元期:2005.438 ± 0.067[12]
軌道長半径 (a) 3.662 ± 0.013"[12]
離心率 (e) 0.8825 ± 0.0010[12]
公転周期 (P) 168.93 ± 0.30 [12]
軌道傾斜角 (i) 148.82 ± 0.43°[12]
近点引数 (ω) 213.79 ± 0.72°[12]
位置
元期:J2000.0[11]
赤経 (RA, α) 12h 41m 39.813s[11]
赤緯 (Dec, δ) -01° 26′ 57.63″[11]
赤方偏移 -0.000066[11]
視線速度 (Rv) -19.8 km/s[11]
固有運動 (μ) 赤経: -616.68 ミリ秒/年[11]
赤緯: 60.66 ミリ秒/年[11]
年周視差 (π) 84.53 ± 1.18ミリ秒[11]
(誤差1.4%)
距離 38.6 ± 0.5 光年[注 1]
(11.8 ± 0.2 パーセク[注 1]
絶対等級 (MV) 3.1[注 2]
物理的性質
スペクトル分類 F0mF2V[11]
別名称
別名称
おとめ座29番星B[11]
BD -00 2601B[11]
HD 110380[11]
HR 4826[11]
GJ 482 B[11]
TYC 4949-1120-2[11]
LTT 4844[11]
■Template (■ノート ■解説) ■Project

おとめ座γ星英語: Gamma Virginis)はおとめ座にある3等級の連星である。

特徴[編集]

おとめ座γ星は、F型主系列星同士からなる連星である。それぞれの視等級は3.44[6]と3.484[11]である。伴星は主星の周りを168.93年で公転している[12]。しかし、2つの恒星を分解するには、大型の望遠鏡が必要となる。伴星は最後に、1836年近日点を通過し、次に通過するのは2020年である。連星系全体の視等級は2.74等で、地球からは約38光年離れている。

おとめ座γ星は、黄道の近くにあるので、稀に惑星による掩蔽が発生する。2011年6月、土星が、おとめ座γ星から約15分の位置まで接近した。

恒星磁場の強さを示すX線の観測値から、年齢は約11億4000万年と見られている[10]

名称[編集]

おとめ座γ星という名称はバイエル符号によるものである。

固有名のポリマ[2](Porrima[3][4]) は、ローマ神話噴水女神カメーネの一柱、ポリマに因む[3][13]。2016年7月20日、国際天文学連合の恒星の固有名に関するワーキンググループは、Porrimaをおとめ座γ星の固有名として正式に承認した[4]

また、Calendarium of Al Achsasi Al Mouakketにある星表では、おとめ座γ星は Laouiyet al Aoua とされ、ラテン語で「吠える犬の一角」を意味する Angulus Latratoris と訳されている[14]β星、γ星、η星δ星ε星は、アラビアの月宿で第13番目の al-ʿawwāʾ とされているが、この al-ʿawwāʾ が何を指すのかは定かではない[3]。一説には「吠える犬」を指すともされている[13][15]

中国では、γ星は、δ星ε星かみのけ座α星と共に、太微垣の左垣を構成している[16]。γ星は、その二番目の恒星とされているので太微左垣二と呼ばれる[17]。また、左垣は、「東蕃」と「左執法」に分ける事がある。おとめ座γ星は東蕃の1番目の恒星として東上相とも呼ばれる[18]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ a b c d e f パーセクは1 ÷ 年周視差(秒)より計算、光年は1÷年周視差(秒)×3.2615638より計算
  2. ^ a b c 視等級 + 5 + 5×log(年周視差(秒))より計算。小数第1位まで表記

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o SIMBAD Astronomical Database”. Results for gam Vir. 2016年12月1日閲覧。
  2. ^ a b 原恵 『星座の神話 - 星座史と星名の意味』 恒星社厚生閣、2007年2月28日、新装改訂版第4刷、121頁。ISBN 978-4-7699-0825-8。
  3. ^ a b c d Paul Kunitzsch; Tim Smart (2006). A Dictionary of Modern star Names: A Short Guide to 254 Star Names and Their Derivations. Sky Pub. Corp.. p. 60. ISBN 978-1-931559-44-7. 
  4. ^ a b c IAU Catalog of Star Names”. 国際天文学連合. 2016年11月30日閲覧。
  5. ^ GCVS”. Result for HD 110379. 2016年11月30日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v SIMBAD Astronomical Database”. Result for gam Vir A. 2016年11月30日閲覧。
  7. ^ a b Casagrande, L.; Schönrich, R.; Asplund, M.; Cassisi, S.; Ramírez, I.; Meléndez, J.; Bensby, T.; Feltzing, S. (June 2011). “New constraints on the chemical evolution of the solar neighbourhood and Galactic disc(s). Improved astrophysical parameters for the Geneva-Copenhagen Survey”. Astronomy and Astrophysics 530: A138. arXiv:1103.4651. Bibcode 2011A&A...530A.138C. doi:10.1051/0004-6361/201016276. 
  8. ^ Muñoz Bermejo, J.; Asensio Ramos, A.; Allende Prieto, C. (May 2013). “A PCA approach to stellar effective temperatures”. Astronomy and Astrophysics 453: A95. arXiv:1303.7218. Bibcode 2013A&A...553A..95M. doi:10.1051/0004-6361/201220961. 
  9. ^ Cayrel de Strobel, G.; Soubiran, C.; Ralite, N. (July 2001). “Catalogue of [Fe/H] determinations for FGK stars: 2001 edition”. Astronomy and Astrophysics 373: 159-163. arXiv:astro-ph/0106438. Bibcode 2001A&A...373..159C. doi:10.1051/0004-6361:20010525. 
  10. ^ a b Vican, Laura (June 2012). “Age Determination for 346 Nearby Stars in the Herschel DEBRIS Survey”. The Astronomical Journal 143 (6): 135. arXiv:1203.1966. Bibcode 2012AJ....143..135V. doi:10.1088/0004-6256/143/6/135. 
  11. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t SIMBAD Astronomical Database”. Result for gam Vir B. 2016年11月30日閲覧。
  12. ^ a b c d e f g Mason, Brian D. et al. (2006). “Speckle Interferometry at the US Naval Observatory. XII.”. The Astronomical Journal 132 (5): 2219-2230. Bibcode 2006AJ....132.2219M. doi:10.1086/508231. 
  13. ^ a b Allen, R. H. (1963). Star Names: Their Lore and Meaning (Reprint ed.). New York: Dover Publications Inc. p. 470. ISBN 0-486-21079-0. http://penelope.uchicago.edu/Thayer/E/Gazetteer/Topics/astronomy/_Texts/secondary/ALLSTA/Virgo*.html 2016年11月30日閲覧。. 
  14. ^ Knobel., E. B. (1895). “On a Catalogue of Stars in the Calendarium of Mohammad Al Achasi Al Mouakket”. Monthly Notices of the Royal Astronomical Society 55 (8): 429-438. doi:10.1093/mnras/55.8.429. ISSN 0035-8711. 
  15. ^ 近藤二郎 『アラビアで生まれた星の名称と歴史 - 星の名前のはじまり』 誠文堂新光社2012年8月30日、初版、32頁。ISBN 978-4-416-21283-7。
  16. ^ (中国語) 中國星座神話, written by 陳久金. Published by 台灣書房出版有限公司, 2005, ISBN 978-986-7332-25-7.
  17. ^ (中国語) 香港太空館 - 研究資源 - 亮星中英對照表 Archived 2011年1月30日, at the Wayback Machine., Hong Kong Space Museum. Accessed on line November 23, 2010.
  18. ^ (中国語)English-Chinese Glossary of Chinese Star Regions, Asterisms and Star Name Archived 2008年9月24日, at the Wayback Machine., Hong Kong Space Museum. Accessed on line November 30, 2016.

関連項目[編集]