おはようロバート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
おはようロバート
ジャンル バラエティ番組
配信時間 10:00 - 10:30(30分)
配信期間 2018年7月28日 -
配信国 日本の旗 日本
制作 AbemaTV
出演者 ロバート
外部リンク おはようロバート
テンプレートを表示

おはようロバート』は、2018年7月28日からAbemaTVで配信されているバラエティ番組。略称は『おはロバ』。

概要[編集]

「AbemaTV初の子ども向け番組」を標榜するバラエティ番組[1][注 1]2018年7月28日、毎週土曜日朝10時よりAbemaSPECIALにて配信される。

子供番組や朝の情報番組を意識してパッケージされているが、出演者のロバート秋山自らが「土曜の午前に見せるものじゃない。こんなにふざけ倒している子供向け番組は、世界でも他に類を見ないだろう。まったく爽やかじゃない」[2]と語り、構成の鈴木おさむも「“子供番組”という設定」と語るなどあくまでも演出イメージ上のことであり、ロバート馬場は「子を持つ親としては実に『紙一重』な内容」としている。また、秋山は子供番組と位置付けられた意味を「僕らが子供に返る子供番組」と解釈している[3][4]

内容[編集]

収録に使われていたHARAJUKUAbemaStudioのAst

地上波でコント番組が減る中で、AbemaTVでできるコント番組を模索して企画された。ロバート単独ライブの雰囲気を子供番組として見せることを演出イメージとし、ショートコント自体は「深夜に観るべきものを根こそぎ朝10時に持ってきたよう」[3]と評されている。

スタジオ収録部分、コント部分の大半はHARAJUKUAbemaStudio、一部はChateau Amebaを用いて収録された。2018年12月配信分以降はHARAJUKUAbemaStudio閉鎖のため、同じ渋谷区神宮前のCreema HASHTAG GALLERY(クリーマハッシュタグギャラリー)で収録されている。

オープニングでのイメージ映像は、漫画『つるピカハゲ丸』で知られる漫画家・のむらしんぼによるものである。同作品はロバート秋山の原点であり、過去に子供番組で共演経験もある[5]

出演者[編集]

ロバート[編集]

おもなコーナー[編集]

  • バキバキ版画 - 小学生時代などに制作した版画作品をロバート扮する「小学生版画クラブ」メンバーが実写再現するコーナー[6]
  • モーニングDJ - 秋山演じるナイロンDJが家庭用品でスクラッチし、DJプレイをするコーナー[1]
  • 文房具クッキング - 馬場が文房具を駆使して料理サンプルを制作する疑似料理コーナー。
  • SNSの達人 - 腕にミニチュア下着を着せて尻に見立てるアームヒップなどを駆使し、スマホで見るとセクシーな写真撮影を行うコーナー[7]
  • 乳道(にゅうどう) - 「すべての文字には乳がある」と秋山扮する乳道家(師範代)が文字を添削するコーナー[1]
  • 朝の連続刑事ドラマ小説 裸で銃を持つ男 - 2019年4月6日開始のオールロケコント。なぜかすぐに全裸になってしまう刑事と犯人を描く[8]

スタッフ[編集]

  • 企画構成 - 鈴木おさむ
  • 作家 - 南山幸浩、川畑祐、川嶋結衣
  • CAM - 中澤宏
  • AUD - 村本達弥
  • 編集 - 大平倫毅
  • 美術 - 吉良久仁子
  • 美術進行 - 今井隆之
  • 技術協力 - エムジェイ、SWISH JAPAN
  • 美術協力 - フジアール
  • AD - 岡田直美、七原沙季、鈴木優希
  • ディレクター - 浅川拓哉、寺尾康佑、日比野大輔、悉知卓矢
  • 宣伝 - 鮫島由美子、若井レイ
  • プロデューサー - 松山岳宗、山ノ内禎枝、岡野彰男、川崎一輝、小山兼生(2019年 - )
  • 演出 - 豊嶋隆一
  • チーフプロディーサー - 白石堅太郎
  • 技術協力 - MMJ[9]、LOGIC
  • 製作著作 - AbemaTV

元スタッフ[編集]

  • AD - 佐藤大嗣、鈴木優希、小澤友美(2018年)

音楽[編集]

主題歌[編集]

  • 「シーズン・イン・ザ・サン」TUBE(作詞:亜蘭知子/作曲・編曲:織田哲郎) - 第1回おはようミュージック

挿入歌[編集]

  • 「おはロバの歌」秋山竜次(作詞作曲:秋山竜次) - CMでも使用。秋山の即興曲。

特別番組[編集]

  • おはようロバート元日から番組終了覚悟の生放送解禁!お年玉あげちゃうぞSP!!
    • 2019年1月1日、午前11:00 - 14:30。一部生放送[10]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ ただし、子供向けをうたったAbemaTVの番組としては過去に「華原朋美のトモちゃんといっしょ」が存在する。

出典[編集]

  1. ^ a b c ロバート、放送開始前から「視聴禁止」覚悟!? “他に類を見ない”土曜朝の子供向け番組「おはようロバート」”. AbemaTIMES (2018年7月10日). 2018年7月28日閲覧。
  2. ^ ロバートの子供向けバラエティ『おはようロバート』7・28スタート”. TVLIFE web (2018年7月17日). 2018年7月28日閲覧。
  3. ^ a b 7月28日より新番組『おはようロバート』がスタート! 秋山「マジで観て!としか言いようがない番組」とアピールする!!”. よしもとニュースセンター (2018年7月11日). 2018年7月28日閲覧。
  4. ^ “ロバート、AbemaTV初の子ども向け番組に挑戦 秋山「楽しくて仕方がない」”. スポニチアネックス. (2018年7月10日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/07/10/kiji/20180710s00041000278000c.html 2017年9月10日閲覧。 
  5. ^ OHA OHA アニキ【天才ロバート秋山の原点!「つるピカハゲ丸」超特集!】”. テレビ東京 (2017年3月16日). 2017年9月10日閲覧。
  6. ^ 【夢中論】ロバート秋山 千の顔を持つ男 ルーツは少年時代の遊び「全身全霊をかけてた」”. www.sponichi.co.jp. スポーツニッポン. 2018年12月17日閲覧。
  7. ^ ロバートが美しい“アームヒップ”撮影に挑戦! 秋山はマダム相手に大暴走!!” (日本語). ニュースウォーカー. 2018年12月17日閲覧。
  8. ^ Inc, Natasha (2019年3月28日). “ロバートが“朝の連続刑事ドラマ小説”熱演「とにかくすぐ裸になります」(コメントあり)” (日本語). お笑いナタリー. 2019年5月5日閲覧。
  9. ^ おはようロバート”. メディアミックス・ジャパン. 2017年9月10日閲覧。
  10. ^ ロバートが道行く人に直接お年玉!?『おはロバ』元日特番の詳細決定!特別映像も公開|TVLIFE web - テレビがもっと楽しくなる!” (日本語). TV LIFE (2019年1月29日). 2018年12月30日閲覧。