おはよう・にっぽん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
おはよう・にっぽん
ジャンル ワイドショー
企画 自由企画(1967年2月 - 1968年3月)
出演者 小林桂樹
ほか
製作
制作 TBS
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1966年1月31日 - 1968年9月13日
放送時間 平日 8:00 - 9:00
放送枠 TBSテレビ系列平日午前のワイドショー枠
放送分 60分

特記事項:
報道局特別制作部の制作。通常は白黒放送だが、1967年8月15日の「終戦特集」は、カラー放送だった。

おはよう・にっぽん』は、1966年1月31日から1968年9月13日までTBS[1]およびJNN系列各局(一部地域を除く)で平日8:00 - 9:00(JST)に放送されていたワイドショーニュースショー)番組。タイトルについては、“”(中黒)が省かれ、「おはようにっぽん」と表記される場合[2]や、“・”の代わりに“”(読点)が入り「おはよう、にっぽん」と表記される場合[3]もある。

概要[編集]

1965年12月に報道局内で特別制作部が設けられたことにより、NETモーニングショー』、NHK総合テレビスタジオ102』、フジテレビ小川宏ショー』に次ぐ平日朝のワイドショーとして開始[4]。TBSでは、前年4月10日開始の『土曜ロータリー』に次ぐワイドショー番組であった。メイン司会者に小林桂樹を起用して主婦層からの支持を狙った[4]ほか、大韓民国へVTR車を送り込んだ「おはよう韓国」シリーズなどの取材企画を組んだ[4]。このほか、人生相談コーナーも設けていた[5]

開始年にイタリアからネズミの人形劇キャラクター「トッポ・ジージョ」が紹介された[6][7]ときは、全国的人気となった[8]。だが、先発番組との差を埋められぬまま終了した[4]

終了前の5日間に放送された、特別制作部部長の宿谷高彦以下メンバー総動員で制作された企画[4]「日本を考える」シリーズは、その問題提起を行う内容から評判を集め[4]放送批評懇談会より第6回ギャラクシー賞第6回期間選奨に選ばれた[9]

出演者[編集]

●…『TBS50年史』資料編P217の歴代テレビ番組一覧表内「主な出演者」欄に掲載された人物

司会者[編集]

ニュースキャスター[編集]

制作スタッフ[編集]

  • 企画・構成:自由企画(1967年2月 - 1968年3月)[12]
  • 技術協力:東通[13]
  • 制作:東京放送報道局特別制作部[4]

ネット局[編集]

TBS系列局でも、大部分の局は『モーニングショー』をネットしていたため、ネット局は少なかった。その中で東北放送は本番組を放送していた期間中、『モーニングショー』を録画時差ネットとする異例の対応を取っていた。

新潟放送・大分放送・琉球放送は本番組の放送終了後、『モーニングショー』のネットに移行した。

備考[編集]

  • トッポ・ジージョは、1967年には火曜日夕方6:00 - 6:30に同名の独立番組が放送開始[8]。また、映画化(タイトルは『トッポ・ジージョのボタン戦争』)もされ、本番組の司会として共演していた小林はナレーションを担当した。
  • 北海道のJNN基幹局である北海道放送は、『モーニングショー』をネットしていたために放送されなかったが、裏送り中継は行っていた[14]
  • この番組の終了後、1971年4月の『モーニングジャンボ』開始まで約2年半の間、平日朝8時台のワイドショー枠は一旦姿を消すことになる(『ポーラテレビ小説』の再放送と『あなたの映画劇場』で編成)。
  • 『TBS50年史』付録のDVDには、「8月15日特集 -ある学徒兵の遺書より- 故郷ヨ聞イテクレ」と題した企画の放送(放送年明記せず)を記録したキネコ映像(モノクロ)が収録。
  • 通常は白黒放送だが、1967年8月15日の「終戦特集」は、カラー放送だった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 当時の東京放送テレビ部門。
  2. ^
    • 『TBS50年史』資料編P217に掲載された歴代テレビ番組の一覧表
    • 『TBS50年史』付録DVDでの映像再生メニュー
    • タイトルロゴ(『TBS50年史』付録DVD収録の本番組映像より、冒頭部分の紙焼きテロップを参照)
  3. ^ 参考:『ザ・テレビ欄0 1954〜1974』に掲載された、放送当時の報知新聞東京本社版テレビ欄(1966年10月11日付 - 14日付ほか)
  4. ^ a b c d e f g 『TBS50年史』P247
  5. ^ 参考:『ザ・テレビ欄 大阪版 1964〜1973』に掲載された、放送当時の報知新聞大阪本社版テレビ欄(1966年10月10日 - 12日、14日付)
  6. ^ トッポ・ジージョとは? - 『トッポ・ジージョ 日本公式サイト』より。
  7. ^ TOPO GIGIO 日本公式 - 基本データ | Facebook
  8. ^ a b 『TBS50年史』P239
  9. ^ 放送批評懇談会サイト内該当記事
  10. ^ 所属事務所(三輪事務所)ウェブサイト内プロフィール[リンク切れ](リンク先は「おはよう日本」と表記)
  11. ^ 参考:
  12. ^ 自由企画・出版 webサイト内会社情報
  13. ^ 『TBS50年史』P258より、カメラなどのフロア業務を担当した事が記されている。
  14. ^ 参考:「魔の金曜日」 JNNに救われた命 - 『テレビ朝日社友会社友報』より。1966年2月4日に『モーニングショー』で行うはずだったさっぽろ雪まつり中継が本番組で行われたことについて、当時『モーニングショー』プロデューサーだった浅田孝彦が綴っている。

参考資料[編集]

  • TBS50年史(2002年1月、東京放送編・発行)…国立国会図書館の所蔵情報
    • 資料編
    • 付録DVDソフト『ビジュアル編』(DVD-VIDEO)
    • 付録DVDソフト『ハイブリッド検索編』(DVD-ROM。パソコン対応)
      • 『TBSアナウンサーの動き』(ラジオ東京→TBSの歴代アナウンサーの記録を、同社の歴史とともにまとめた文書。PDFファイルとして収録)
  • ザ・テレビ欄0 1954〜1974(2009年8月31日、TOブックス発行、テレビ欄研究会編・著、ISBN 4904376102) - 1954年から1974年の間に発行された報知新聞東京本社版テレビ欄の一部を掲載(奥付に「協力:株式会社報知新聞社」のクレジットあり)。
  • ザ・テレビ欄 大阪版 1964〜1973(2009年11月30日、TOブックス発行、テレビ欄研究会編・著、ISBN 4904376153) - 1964年から1973年の間に発行された報知新聞大阪本社版テレビ欄の一部を掲載(奥付に「協力:株式会社報知新聞社」のクレジットあり)。
TBS系列 平日午前のワイドショー枠
前番組 番組名 次番組
-
おはよう・にっぽん
(1966年1月 - 1968年9月)
(2年半中断)

モーニングジャンボ
(1971年4月 - 1972年3月)
TBS系列 平日朝8時台
8:00-恐妻天国(再)
8:30-悲恋十年(再)
8:45-女の斜塔(再)
おはよう・にっぽん
(1966年1月 - 1968年9月)
7:30-ヤング720
【10分繰り下げ】
8:10-ポーラテレビ小説(再放送)
8:30-あなたの映画劇場