おはよう700

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
おはよう700
ジャンル 情報番組
出演者 奈良陽
五木田武信
見城美枝子
ほか
製作
制作 TBS
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1976年9月27日 - 1980年9月26日
放送時間 平日 7:00 - 8:00
放送枠 TBSテレビ系列朝の情報番組枠
放送分 60分

おはよう700』(おはようセブンオーオー)は、1976年9月27日から1980年9月26日までTBS系列局ほかで放送された朝の情報番組である。

概要[編集]

前番組の『おはよう720』と『JNNニュースコール』(第1期)を統合する形でスタートしたため、内容的には『おはよう720』と全く変わりはない。そして「キャラバンII」も引き継がれていた。

また、番組内には視聴者参加企画もあった。生中継カメラをベッドタウンや住宅街で俯瞰撮影させて、キャスターが番組の視聴者に呼びかけると、視聴者はベランダやバルコニーで生中継カメラに向けて手を振ってアピールし、生中継カメラをズームインさせていた。そしてキャスターが「はい」「いいえ」で答えられる質問を用意し、放送を通じて呼びかけるとカメラに映った視聴者は「○」「×」などのジェスチャーで応え、景品が貰えるというものであった。プライバシーがおおらかな時代の産物であった。

平日朝の民放番組の視聴率トップだったこともあったが、1979年3月にスタートした『ズームイン!!朝!』(秋田放送南海放送を除く日本テレビ系列局ほか)が、放送していた系列局を積極的に制作に参加させた点が評価されたこともあって視聴者がそちらに流れていった[1]。さらには同じ年の4月に東京12チャンネルで始まった『おはようスタジオ』にも押されるようになった。そして1980年9月26日、「キャラバンII」最後の企画だった「700DAYS THE WORLD」の完結をもって、『おはよう720』から含めて5年の歴史に幕を閉じた。

出演者[編集]

キャスター[編集]

以下の人物が主に務めていたが、「キャラバンII」の取材とリポーターの都合でキャスターも変わった。JNN各局のアナウンサーが「キャラバンII」のリポーターを兼ねて起用されることも多かった。

JNN各局から出向したキャスター[編集]

いずれも肩書きは当時のもの。

その他のキャスター[編集]

ネット局[編集]

系列は放送当時のもの。

放送対象地域 放送局 系列 備考
関東広域圏 東京放送 TBS系列 制作局
現・TBSテレビ
北海道 北海道放送
青森県 青森テレビ
岩手県 岩手放送 現・IBC岩手放送
宮城県 東北放送
秋田県 秋田放送 日本テレビ系列 [2]
福島県 福島テレビ TBS系列
フジテレビ系列
[3]
山梨県 テレビ山梨 TBS系列
新潟県 新潟放送
長野県 信越放送
静岡県 静岡放送
石川県 北陸放送
中京広域圏 中部日本放送 現・CBCテレビ
近畿広域圏 毎日放送
鳥取県島根県 山陰放送
岡山県 山陽放送 現・RSK山陽放送
当時の免許エリアは岡山県のみ
広島県 中国放送
山口県 テレビ山口 TBS系列
フジテレビ系列
1978年9月まではテレビ朝日系列とのトリプルネット局[3]
愛媛県 南海放送 日本テレビ系列 [2]
高知県 テレビ高知 TBS系列
福岡県 RKB毎日放送
長崎県 長崎放送
熊本県 熊本放送
大分県 大分放送
宮崎県 宮崎放送
鹿児島県 南日本放送
沖縄県 琉球放送

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 出典・2003年7月13日付け(朝夕刊統合版)読売新聞西部本社版朝刊記事「テレビ50年・1979年」
  2. ^ a b 1979年3月5日からネット開始。秋田放送・南海放送は1992年9月まではそれぞれJNNにも番販で参加していた。
  3. ^ a b ニュースネットはJNN排他協定の関係でJNNのみだった。

関連書籍[編集]

いずれも長谷川みつ美
  • 「おはよう700・キャラバンⅡ」(TBSブリタニカ JNN取材班との共著)
  • 「みみの7:00発地球蒼春便」(双樹社)
TBSおよびJNN系列 平日朝の情報番組枠
前番組 番組名 次番組
おはよう700
(1976年9月 - 1980年9月)
TBSおよびJNN系列 平日朝のJNNニュース
おはよう720
おはよう700
(1976年9月 - 1980年9月)
テレビ列島7時