おひさま (雑誌)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

おひさま』は、小学館がかつて発行していた幼児雑誌。

1994年に『幼稚園』の増刊号として創刊され[1]、1995年に独立創刊された[2]。なお、1974年から1976年まで『小学館の幼児えほん→小学館の幼児絵本→幼児の知能絵本』から改題したうえで同名の誌名で発行していた時期もあった[3]

概要[編集]

親から子への読み聞かせを奨励し、内容も読み聞かせに特化したものとなっていた。

「おひさま大賞」を主催し、新人によるオリジナルで未発表の絵本童話作品を募集していた。第12回の審査員は角野栄子荒井良二有賀忍寮美千子が担当した。

また、公式サイトの一コーナー「にこにこげきじょう」では、著名な声優による、おひさまに掲載された作品の読み聞かせを観賞できた。

独立創刊当初は月刊で、2010年に隔月刊化され、2018年1月15日発売の同年2・3月号を以って休刊した[4]

連載された作品[編集]

  • ファンファン・ファーマシィー(作:柏葉幸子、絵:荒木慎司)1995年4月号 - 1999年5月号[5]
  • スージーちゃんとマービーさべあのま)1995年4月号 - 2002年2月号[6]
  • アコちゃんシリーズ(作:角野栄子、絵:黒井健)1995年4月号 - 2003年3月号
  • へんてこライオン(長新太)1995年4月号 - 2004年3月号[7]
  • ちびねこ(大島弓子)1995年4月号 - 2006年12月号
  • ミラクルクレヨンのクレヨンまる有賀忍)1996年1月号 - 2010年6・7月号[8]
  • はれときどきこぶた矢玉四郎)1997年10月号 - 1998年3月号
  • センシュちゃんとウオットちゃん(工藤ノリコ)2000年1月号 - 2015年2・3月号
  • フンガくん(国松エリカ)2001年1月号 - 2017年8・9月号
  • やったねコリンくん(作:ジェーン・カブレラ、訳:くどうなおこ)2002年4月号 - 2006年12月号
  • こねこのきょうだい グルグルとゴロゴロ(江川智穂)2003年4月号 - 2010年12・2011年1月号
  • いいないいなこのおうち(軽部武宏)2003年10月号 - 2010年12・2011年1月号
  • くいしんぼうのぱくちゃんのおはなし ぱくっ(せきゆうこ)2004年4月号 - 2017年2・3月号
  • くろくまくん(松澤由佳)2005年4月号 - 2010年2月号
  • パンやのろくちゃん(長谷川義史)2005年9月号 - 2017年4・5月号
  • ブーブーのりもくん(軽部武宏)2007年1月号 - 2008年7月号
  • チェブラーシカ(作:エドゥアルド・ウスペンスキー、文:やまちかずひろ)2007年8月号 - 2018年2・3月号
  • つぎのかたどうぞ(飯野和好)2010年4・5月号 - 2013年2・3月号

脚注[編集]

関連項目[編集]

  • おひさまにキッス - 1990年代にTOKYO FMで放送されたラジオ番組。パーソナリティは小川美潮