おやしお (潜水艦・2代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
おやしお
Japanese Submarine Oyashio SS590.JPEG
基本情報
建造所 川崎重工業 神戸工場
運用者  海上自衛隊
艦種 通常動力型潜水艦
級名 おやしお型
建造費 521億9,000万円
母港
所属 潜水艦隊第1潜水練習隊
艦歴
計画 平成5年度計画
発注 1993年
起工 1994年1月26日
進水 1996年10月15日
就役 1998年3月16日
要目
基準排水量 2,750t
水中排水量 4,000t
全長 82.0m
最大幅 8.9m
深さ 10.3m
吃水 7.4m
機関 ディーゼル・エレクトリック方式
川崎 12V25/25Sディーゼルエンジン × 2基
発電機 × 2基
電動機 × 1基
蓄電池 × 480個
出力 水上 3,400PS
水中 7,750PS
推進器 7翼スクリュープロペラ × 1軸
速力 水上 12kt
水中 20kt
潜航深度 600mから650m程度
乗員 70名
兵装 HU-605 533mm魚雷発射管 × 6門
89式長魚雷およびハープーン対艦ミサイルを発射可能)
C4ISTAR ZYQ-3潜水艦情報処理装置
レーダー ZPS-6 対水上
ソナー ZQQ-6 統合式
探索装置・
その他装置
潜望鏡
電子戦
対抗手段
ZLA-7 ECM
テンプレートを表示

おやしおローマ字JS Oyashio, SS-590, TSS-3608)は、海上自衛隊潜水艦おやしお型潜水艦の1番艦。艦名は親潮から由来し、この名を受け継いだ日本の艦艇としては、旧海軍陽炎型駆逐艦親潮」、海上自衛隊初の国産潜水艦「おやしお」(SS-511)に続き3代目にあたる。

艦歴[編集]

「おやしお」は、中期防衛力整備計画に基づく平成5年度計画2700トン型潜水艦8105号艦[1]として、川崎重工業神戸工場で1994年1月26日に起工され、川崎重工業創立100周年記念日である1996年10月15日に進水、1997年7月10日に公試開始、1998年3月16日に就役し、第2潜水隊群第2潜水隊に編入され横須賀に配備された。

2006年1月11日から4月10日までの間、ハワイ派遣訓練に参加。

2009年1月10日鹿児島県霧島市にある海上自衛隊鹿児島試験所南西4.6kmの沖合いにて性能試験中、海上自衛官が同乗した漁船「第二十八亀丸」と本艦マストが接触した。漁船の船尾の一部が損傷脱落したが負傷者等はなかった。漁船は海上自衛隊がチャーターし「おやしお」の性能試験中に他船舶が近づかないように警戒していた[2]。同年12月8日、鹿児島海上保安部が艦長以下3名を業務上過失往来危険の疑いで書類送検した。さらに同年6月17日午後0時15頃、尻屋崎東方約28kmの太平洋上で訓練中、経済産業省資源エネルギー庁調査船「資源」(1万395トン)の曳航する資源探査用ケーブル(4.8km)10本に接触し艦橋に絡まっていた1本を含む6本を切断する事故を起こす。翌年3月9日、八戸海上保安部は艦長を業務上過失往来危険容疑で書類送検した。

2015年3月6日、練習潜水艦「ふゆしお」(はるしお型潜水艦6番艦)が除籍されたことに伴い、同日付で練習潜水艦に種別変更され、潜水艦隊直轄第1練習潜水隊に編入。定係港がに転籍[3]

2016年3月19日から4月27日までの間、護衛艦「ありあけ」、「せとぎり」とともに外洋練習航海(飛行)に参加[4]。、4月3日には、南シナ海に面するフィリピンルソン島スービック湾に入港した[5]

歴代艦長[編集]

歴代艦長(特記ない限り2等海佐
氏名 在任期間 出身校・期 前職 後職 備考
1 池田聖一 1998.3.16 - 1999.3.25   おやしお艤装員長 海上自衛隊幹部学校
2 西村繁隆 1999.3.26 - 1999.12.19 防大23期 あさしお艦長 はやしお艦長
3 佐藤俊也 1999.12.20 - 2001.7.31 防大27期 潜水艦教育訓練隊 東京業務隊付
4 金子 弘 2001.8.1 - 2003.7.9 防大26期 潜水艦隊司令部 潜水艦隊司令部
5 笹本敏成 2003.7.10 - 2004.8.1 広島工大
36期幹候
潜水艦隊司令部 海上幕僚監部防衛部装備体系課
6 神 英司 2004.8.2 - 2005.6.19 専修大
38期幹候
潜水艦教育訓練隊 海上幕僚監部調査部調査課
7 中谷文彦 2005.6.20 - 2008.3.25 防大32期 海上幕僚監部防衛部運用課 海上幕僚監部指揮通信情報部情報課
8 峯村禎人 2008.3.26 - 2009.2.1 防大32期 潜水艦教育訓練隊 潜水艦隊司令部
9 青井志学 2009.2.2 - 2010.7.4 防大34期 潜水艦隊司令部 自衛艦隊司令部
10 中野 聡 2010.7.5 - 2011.7.31 防大35期 潜水艦教育訓練隊 海上幕僚監部指揮通信情報部指揮通信課
11 戸井雄一郎 2011.8.1 - 2013.8.19 防大38期 潜水艦隊司令部
12 生嶋正智 2013.8.20 - 2015.8.19 防大33期 潜水艦隊司令部 潜水艦教育訓練隊副長 兼研究室長
13 西岡哲郎 2015.8.20 - 2016.7.31 防大39期 潜水艦教育訓練隊 潜水艦教育訓練隊
14 樋口賢吾 2016.8.1 - 2017.10.15   潜水艦隊司令部幕僚  
15 兎澤 仁 2017.10.16 - こくりゅう艦長

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 石橋孝夫『海上自衛隊全艦船 1952-2002』(並木書房、2002年)
  • 世界の艦船 増刊第66集 海上自衛隊全艦艇史』(海人社、2004年)
  • 『世界の艦船 増刊第665集 海上自衛隊潜水艦史』(海人社、2006年)