おりひめバス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
おりひめバス

おりひめバスは、群馬県桐生市コミュニティバスである。運行は、桐生朝日自動車に委託している。

概要[編集]

ノンステップバス(日野・ポンチョ

桐生市のうち、新里町と黒保根町を除く地区で運行される。新里町には「新里町デマンドタクシー」が、黒保根町には「黒保根町デマンドタクシー」が運行されている。主に桐生駅新桐生駅を起点とし、各地区を結ぶ。

沿革[編集]

運行当初は「KHCバス」と呼ばれていたが、1995年(平成7年)に公募により「おりひめバス」となった。

年表[編集]

  • 1992年(平成4年)12月:桐生市内の東武鉄道(当時)撤退(路線廃止自体は4月に行われた)に伴い、代替交通として2路線の設定を行い、桐生ハイヤーセンターに運行を委託する。
  • 1995年(平成7年):梅田線と境野線が統合、梅田 - 境野線となる。川内線と広沢線が統合、川内線 - 広沢線となる。
  • 1996年(平成8年):新桐生線(新桐生 - 桐生女子高線)を新設。
  • 1999年(平成11年):桐生ハイヤーセンターより新会社桐生朝日自動車が分社され、運行が桐生朝日自動車に移管される。
  • 2008年(平成20年)4月1日:路線再編。
    • 梅田 - 境野線、川内 - 広沢線、名久木 - 梅田線、新桐生 - 上菱線、岡ノ上 - 桐生女子高線を分割再編し、梅田線、川内線、広沢線、境野線を新設。
    • 菱線と相生線の経路を一部変更。
    • 桐生駅 - 新桐生駅線を新設。
  • 2009年(平成21年)4月1日:路線再編。
    • 梅田線と川内線の一部にフリー降車区間を設定。
    • 桐生駅 - 新桐生駅線を廃止。
  • 2010年(平成22年)10月1日:小型ノンステップバス1両(日野・ポンチョ)を初導入。以後、平成26年までに毎年1両ずつ導入(平成26年は、CNG車両)。
  • 2015年(平成27年)4月1日:広沢線の岡の上団地系統を廃止。予約制乗合タクシー実証実験を開始(平成28年4月1日から本格運行)。

運転系統[編集]

現行路線[編集]

梅田線[編集]

イメージカラー:

川内線[編集]

イメージカラー:

  • 新桐生駅 - 厚生病院 - 桐生駅北口 - 丸山下 - 小倉会館前 - (自然観察の森) - 川内南小学校前 - (四丁目集会所前) - 川口北小学校前 - 名久木 / 吹上

広沢線[編集]

イメージカラー:

  • 桐生駅北口 - 厚生病院 - 新桐生駅 - 広沢町一丁目 - 広沢町五丁目 - 桐生温泉湯らら
    • 2015年(平成27年)4月1日に岡の上団地系統を廃止。予約制乗合タクシーに移行。

境野線[編集]

イメージカラー:

  • 新桐生駅 - 厚生病院 - 桐生駅北口 - 総合福祉センター前 - 境野町七丁目 - 小俣駐在所前 / 桐生温泉湯らら

新桐生駅 - 桐生女子高線[編集]

イメージカラー:

  • 新桐生駅 - 厚生病院西 - 錦町二丁目 - 桐生駅北口 - 群馬大学工学部正門前 - 桐生女子高前 - 上菱団地
  • 新桐生駅 - 錦町二丁目 - 群馬大学工学部正門前 - 桐生女子高前

菱線[編集]

イメージカラー:

  • 新桐生駅 - 厚生病院 - 桐生駅北口 - 桐生スケートセンター - 米沢 - 菱小学校前 - 群馬大学工学部正門前 - 桐生駅北口 - 厚生病院 - 新桐生駅
    • →方向は左循環、←方向は右循環。

相生線[編集]

イメージカラー:

使用車両[編集]

当初日野・レインボーRBを使用していたが、経年廃車となったため現在は日野・リエッセおよび日野・レインボーHR、日野・ポンチョいすゞ・エルガミオを使用している。

運賃[編集]

  • 中学生以上:200円
  • 小学生以下:市内小学生以下無料、市外小学生以下100円
  • 回数券・通勤・通学定期券・敬老フリーパス券を発売。

その他割引制度有り。

おりひめバス全路線が自由乗降できる『1日フリー乗車券』が、中学生以上の大人が500円・市外小学生が250円にて発売されている。 東武鉄道が発売している企画乗車券『ふらっと両毛 東武フリーパス』は、おりひめバスの全路線が自由乗降できる。

関連項目[編集]