おんな船頭唄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
おんな船頭唄
三橋美智也シングル
A面 逢初ブルース(照菊
B面 おんな船頭唄
リリース
レーベル キングレコード
作詞・作曲 藤間哲郎山口俊郎
三橋美智也 シングル 年表
角帽浪人
(1954年)
おんな船頭唄
(1955年)
ご機嫌さんよ達者かね
(1955年)
テンプレートを表示

おんな船頭唄」(おんなせんどううた)は、1955年にリリースされた三橋美智也のシングル。当初は後輩の新人歌手・西村つた江に用意されていた曲であったが、高音から始まるこの歌を三橋に歌わせたいというディレクター・掛川尚雄の一存で三橋に決定。結果的にA面の「逢初ブルース」(照菊)を凌ぐヒット曲となるが、これが三橋の初ヒットとなる。1956年には日活から同名のタイトルで映画化されており、三橋も劇中に艶歌師・三田道也役で出演。現在は千葉県香取市水郷佐原あやめパーク正面ゲート脇に歌碑が設置されている。

収録曲[編集]

  1. 逢初ブルース(照菊)
  2. おんな船頭唄(三橋美智也)

脚注[編集]

[ヘルプ]