おニャン子Sailing夢工場'87LIVE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
おニャン子Sailing夢工場'87LIVE
おニャン子クラブライブ・アルバム
リリース
録音 1987年4月4日 - 4月5日
ジャンル アイドル歌謡曲
時間
レーベル ポニーキャニオン(LP)
CBS・ソニー(CD)
EPIC・ソニー(CT)
おニャン子クラブ 年表
家宝
1987年
おニャン子Sailing夢工場'87LIVE
(1987年)
Circle
(1987年)
テンプレートを表示

おニャン子Sailing夢工場'87LIVE』(おニャンこ セイリング ゆめこうじょう エイティセブン ライヴ)は、おニャン子クラブライブ・アルバム。1987年6月3日発売。発売元はキャニオンレコード規格品番:C28A0574(LP)。本LPと同時にCBS・ソニーからCD(規格品番:32DH681)、EPIC・ソニーからカセットテープ(規格品番:28・6H-237)が発売された。

解説[編集]

『おニャン子Sailing夢工場'87LIVE』が行われた国立代々木第一体育館

1985年に歌手デビューした女性アイドルグループ“おニャン子クラブ”が、1980年代に唯一発表したライブ・アルバム[1]

1987年4月4日・5日に国立代々木第一体育館で開催されたコンサート「卒業記念 1987 おニャン子クラブSPRINGコンサート "おニャン子Sailing夢工場"」の実況録音盤となる。「卒業記念」とは、テレビ番組『夕やけニャンニャン』放送開始初期からおニャン子クラブ会員メンバーだった樹原亜紀(会員番号6番)、国生さゆり(8番)、内海和子(13番)、立見里歌(15番)、高井麻巳子(16番)の5名が同グループを卒業すること指す。また、高井と岩井由紀子(19番)によるユニットうしろゆびさされ組も実質的に解散となった[2]

ライブの詳細・日程・セットリストについては、項目『おニャン子クラブ#コンサート』内の項番4「卒業記念1987おニャン子クラブSPRINGコンサート "おニャン子Sailing・夢工場"」を参照のこと。なお、「NO MORE 恋愛ごっこ(#5)」「蒼いメモリーズ(#9)」「あんまりじゃない?〜恋なし子(#21)」「PINKのCHAO(#24)」「星屑の狙撃手(#27)」「技あり(#31)」「春一番が吹く頃(#35大阪公演)」の7曲は映像化・音源化共にされていない。

本アルバムは、キャニオンレコードから発売されたアナログレコード(LP)の他、コンパクトディスク(CD)カセットテープ(CT)の計3形態で発売された。それぞれの発売元レコード会社と収録曲目も異なっている。歌唱曲以外に、CBS・ソニーから発売されたCD盤に岩井由紀子と渡辺美奈代(29番)のおしゃべりが、EPIC・ソニーから発売されたカセットテープ盤には渡辺満里奈(36番)と生稲晃子(40番)のおしゃべりが収録されている。

ライブ映像作品『卒業記念SPRINGコンサート Sailing 夢工場』も1987年5月15日にVHSで発売されており、のちにDVD化もされた。なお、映像化されていて音源化されていない曲は、「かげろう(#19)/高井麻巳子」と「私は里歌ちゃん(#22)/ニャンギラス~樹原亜紀・立見里歌・白石麻子」の2曲。

LP盤はのちに、デジタルリマスター音源CD-BOXおニャン子クラブ大全集・下巻』(2005/7/6発売、PCCA-2153)のディスク4で初CD化された。さらに2008年9月17日には、特別なCDプレーヤーを購入することなく高音質再生が可能と喧伝されているハイ・クオリティCD仕様の『おニャン子クラブ大全集 for HiQualityCD 上・下巻 限定CD-BOX』(PCCA-50002)にも収められている。

なお、バックバンドのメンバーの一人(キーボード担当)として、後にアニメ・CMなどの作・編曲家として有名になる菅野よう子が参加している[3]

収録曲[編集]

※ 楽曲名の後にある(#)はLIVEでのセットリストナンバー。「★」がある曲は、その版のみの収録曲。

LP版[編集]

Side A
  1. 新・新会員番号の唄 (#3)
    • 作詞: 遠藤察男、作曲: 見岳章、歌: おニャン子クラブ
  2. 深呼吸して (#8)
  3. 20歳 (#10)★
  4. ハートに募金を (#12)★
    • 作詞: 秋元康、作曲: 白井良明、歌: おニャン子クラブ
  5. 星のバレリーナ (#15)
    • 作詞: 秋元康、作曲: 高橋研、歌: おニャン子クラブ
  6. 天使のボディーガード (#16)★
    • 作詞: 秋元康 、作曲: 後藤次利、歌: ゆうゆ with おニャン子クラブ
Side B
  1. 時の河を越えて (#17)★
  2. シンデレラたちへの伝言 (#20)
  3. TOO ADULT (#23)
  4. バレンタイン・キッス (#28)
    • 作詞: 秋元康、作曲: 瀬井広明、歌: 国生さゆり with おニャン子クラブ
  5. うしろゆびさされ組 (#30)★
  6. かしこ (#33)
    • 作詞: 秋元康、作曲: 後藤次利、歌: うしろゆびさされ組
  7. じゃあね (#36)
    • 作詞: 秋元康、作曲: 後藤次利、歌: おニャン子クラブ

CD版[編集]

  1. OVERTURE 〜 STAND UP (#1)
    • 作詞: 秋元康、作曲: 後藤次利、歌: おニャン子クラブ
  2. 新・新会員番号の唄 (#3)
    • 作詞: 遠藤察男、作曲: 見岳章、歌: おニャン子クラブ
  3. 恋はくえすちょん (#4)★
    • 作詞: 秋元康、作曲: 見岳章、歌: おニャン子クラブ
  4. ホワイトラビットからのメッセージ (#6)
  5. 雨のメリーゴーランド(#11)
    • 作詞: 秋元康、作曲: 見岳章、歌: おニャン子クラブ
  6. あじさい橋 (#13)★
  7. 星のバレリーナ (#15)
    • 作詞: 秋元康、作曲: 高橋研、歌: おニャン子クラブ
  8. シンデレラたちへの伝言 (#20)
    • 作詞: 売野雅勇、作曲: 八田雅弘、歌: 高井麻巳子
  9. TOO ADULT (#23)
    • 作詞: 秋元康、作曲: 後藤次利、歌: 渡辺美奈代
  10. 瞳に約束 (#25)★
    • 作詞: 秋元康、作曲: 後藤次利、歌: 渡辺美奈代
  11. 夏を待てない (#26)
    • 作詞: 秋元康、作曲: 後藤次利、歌: 国生さゆり
  12. バレンタイン・キッス (#28)
    • 作詞: 秋元康、作曲: 瀬井広明、歌: 国生さゆり with おニャン子クラブ
  13. あの夏のバイク (#29)★
    • 作詞: 秋元康、作曲: 後藤次利、歌: 国生さゆり
  14. 渚の『・・・・・』 (#32)★
    • 作詞: 秋元康、作曲: 後藤次利、歌: うしろゆびさされ組
  15. かしこ (#33)
    • 作詞: 秋元康、作曲: 後藤次利、歌: うしろゆびさされ組
  16. あなただけおやすみなさい (#34)★
    • 作詞: 秋元康、作曲: 高橋研、歌: おニャン子クラブ
  17. 瞳の扉 (#35)
    • 作詞: 秋元康、作曲: 高橋研、歌: おニャン子クラブ(樹原・国生・内海・立見・高井)
  18. じゃあね (#36)
    • 作詞: 秋元康、作曲: 高橋研、歌: おニャン子クラブ

CT版[編集]

Side A
  1. OVERTURE 〜 STAND UP (#1)
    • 作詞: 秋元康、作曲: 後藤次利、歌: おニャン子クラブ
  2. お先に失礼 (#2)★
    • 作詞: 秋元康、作曲: 後藤次利、歌: おニャン子クラブ
  3. 新・新会員番号の唄 (#3)
    • 作詞: 遠藤察男、作曲: 見岳章、歌: おニャン子クラブ
  4. ホワイトラビットからのメッセージ (#6)
    • 作詞: 秋元康、作曲: 山川恵津子、歌: 渡辺満里奈
  5. マリーナの夏 (#7)★
    • 作詞: 秋元康、作曲: 岸正之、歌: 渡辺満里奈
  6. 深呼吸して (#8)
    • 作詞: 秋元康、作曲: 山本はるきち、歌: 渡辺満里奈 with おニャン子クラブ
  7. 雨のメリーゴーランド (#11)
    • 作詞: 秋元康、作曲: 見岳章、歌: おニャン子クラブ
Side B
  1. 星のバレリーナ (#15)
    • 作詞: 秋元康、作曲: 高橋研、歌: おニャン子クラブ
  2. 約束 (#18)★
    • 作詞: 売野雅勇、作曲: 八田雅弘、歌: 高井麻巳子
  3. TOO ADULT (#23)
    • 作詞: 秋元康、作曲: 後藤次利、歌: 渡辺美奈代
  4. 夏を待てない (#26)
    • 作詞: 秋元康、作曲: 後藤次利、歌: 国生さゆり
  5. かしこ (#33)
    • 作詞: 秋元康、作曲: 後藤次利、歌: うしろゆびさされ組
  6. 瞳の扉 〜 卒業生あいさつ (#35)
    • 作詞: 秋元康、作曲: 高橋研、歌: おニャン子クラブ(樹原・国生・内海・立見・高井)
  7. じゃあね 〜 エンディング (#36)
    • 作詞: 秋元康、作曲: 高橋研、歌: おニャン子クラブ

関連作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ライブ・アルバムは本作品のみであるが、映像作品は複数タイトル発売されている。「おニャン子クラブ#映像作品」参照。
  2. ^ うしろゆびさされ組は、同年9月の「おニャン子クラブ解散記念 全国縦断ファイナルコンサート」国立代々木第一体育館公演で再結成された。この日以降の再結成は一度も無い。
  3. ^ クレジットは”菅野洋子”名義。