お元気ですか高島忠夫です

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

お元気ですか高島忠夫です(おげんき - たかしまただお - )は、かつて文化放送の平日午前の時間帯で放送されていたワイドラジオ番組

1984年10月1日に、前身番組『高島忠夫の気ままなジャンボ』からタイトルを変更。なお、ここでは、その前身番組についても併記。

概要[編集]

本番組のパーソナリティ、高島忠夫1976年4月に、細田勝から交替する形で『ダイナミックジャンボ』のパーソナリティとして、文化放送の平日午前の時間帯に登場。2年後の1978年4月から『ジャンボ』を残す形で、タイトルを『高島忠夫の気ままなジャンボ』に変更。ここでは、後に『吉田照美のやる気MANMAN!』で、吉田照美と20年間コンビを組んだ、小俣雅子がアシスタントを務めていた(当時は、文化放送のアナウンサーだった)。

1984年10月1日に『お元気ですか高島忠夫です』に、タイトルを変更。

しかし、番組末期は同時間帯で10年以上放送されていた『玉置宏の笑顔でこんにちは!』(ニッポン放送)と合わせて、TBSラジオで、1986年にスタートした『大沢悠里のゆうゆうワイド』にも聴取率の面で押される形となり(1989年12月の調査では、『玉置宏 - 』 - 4.0%( = 首都圏の全ラジオ番組中1位)、『大沢悠里 - 』- 3.6%[1])、1990年4月改編をもって『ダイナミックジャンボ』以来、14年間の長きに渡って継続して来た『高島ワイド』は終了した。

パーソナリティ[編集]

  • 高島忠夫
  • アシスタント
    • 小俣雅子 (『気ままなジャンボ』から『お元気ですか - 』の初期-1987年4月3日まで)
    • 岡本美香 (1988年3月まで)
    • 小池可奈 (1988年4月から番組終了時まで)

放送時間[編集]

  • 毎週月曜日金曜日 9:30~11:45 (『気ままなジャンボ』当時の1981年3月まで)
  • 毎週月曜日~金曜日 9:00~11:00 (1981年4月から『お元気ですか - 』終了時まで)

番組内コーナー[編集]

高島忠夫の気ままなジャンボ[編集]

9時台

  • 高島忠夫のさわやかテレフォン
  • ママ お話きかせて (~1982年)
  • 母と子の童話 お話がいっぱい (1982年~)
  • 今日のひとこと (1981年4月~)
  • 朝から言わせて~電話だけがたよりです (1982年~1983年9月)
  • きいてほしい胸のうち (1983年10月~)
  • 連続ラジオまんが おはようサザエさん (1981年~)
  • 奥さまステーション (1982年~)

10時台

  • 高島忠夫のピックアップミュージック
  • むかしもいまもマイライフ (~1982年)
  • 味な話 (1982年~)
  • ダイヤル相談~しあわせのアドバイス (~1983年3月)
  • ハガキでコンテスト (1983年4月~)
  • なるほどなっとく (1982年10月~)
  • 今日から明日へ 気ままなはなし (~1982年)
  • 今日から明日へおめでとう (1982年~)
  • 親子バンザイ 僕も私も書きくけこ (~1983年3月)
  • 愛こそすべて (1983年4月~)

11時台(1981年3月まで)

  • ジャンボ週刊誌
  • 高島忠夫のジャンボ・トピックス
  • 気ままなサロン
  • 東急ストア ママ大学

お元気ですか高島忠夫です[編集]

9時台

  • 今日もいい日に (~1988年9月)
  • 小僧寿しチェーン 元気モリモリ高島忠夫です (1988年10月~)※NRN各局にもネットされた。
  • おはようサザエさん (~1988年3月)
  • 味な話 (1988年4月~)
  • NISSAN奥さまステーション (~1989年9月)
  • 高島忠夫の本気でトーク (1989年10月~最終回まで)
  • ラジオマガジンP.and
  • とっておき情報

10時台

  • ハガキでコミック
  • ダイヤル人生相談
  • はつらつリクエスト
  • 今日から明日へおめでとう

脚注[編集]

  1. ^ 参考:月刊ラジオパラダイス 1990年4月号内の記事
文化放送 平日 9:30-11:45 → 9:00-11:00
前番組 番組名 次番組
ダイナミックジャンボ
高島忠夫の気ままなジャンボ

お元気ですか高島忠夫です