お入学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

お入学(おにゅうがく)は1987年8月31日から1987年10月9日まで放送されたNHK銀河テレビ小説。30回連続。

あらすじ[編集]

  • 主人公の女医(山本陽子)は長女の花子を名門私立小学校「あかね学園」に入学させようと長男の太郎ともども日々「お受験」塾に通わせ、自らも花子の勉強を見るが、花子の成績はなかなか上がらない。サラリーマンの夫(伊武雅刀)は「お受験」に無関心で夫婦仲も徐々に悪化、また嫁を「医者様」と呼び自身に学がないことを恥じている姑(菅井きん)は息子夫婦の関係や日に日に元気がなくなる孫たちを心配しているものの、何も言い出せない。一方主人公の実家の両親(高松英郎高森和子)は無理な「お受験」には否定的で娘にあれこれ忠告するも、主人公は聞く耳を持たない。主人公は焦りを募らせ、また家族の間に不穏な空気が流れる中、「あかね学園」と同学園の同窓会「あかね会」に格別なコネクションを持つという田村夫人(長内美那子)が現れる。ところが・・・。
  • 主人公が「お受験」に振り回され仕事もままならず、家族関係は悪化、子供達からは笑顔が消え、田村夫人には毎回言葉巧みに金銭を騙し取られ散財する様子を描く。結局お受験をやめて家族に平穏が訪れるという展開。後に流行し様々な弊害も指摘された「お受験」を批判的なトーンで取り上げた作品であった。

放送時間[編集]

  • 21:40~22:00

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

ほか

反響[編集]

当時徐々に流行の兆しを見せていたもののまだ一般的ではなかった「お受験」に翻弄される一家を描き話題となり、平均視聴率30%を超えるヒット作品となった。放送終了後も反響が大きく再放送されたほか、芸術座にて橋田脚本、石井ふく子演出により舞台化もされている。また主演の山本は翌1988年、本作と同様のテーマを扱ったNHK土曜ドラマ「カイワレ族の戦い」(村崎芙蓉子原作・金子成人脚本)にも主演。再び子供の受験に躍起になる「お受験ママ」を演じた。その後の「お受験」の流行に合わせ、民放でも本作同様の「お受験」をテーマにしたドラマが放送されたり、入試問題がクイズ番組の問題に採用されるなど広くマスコミで取り上げられることになるが、本作はそうした動きの嚆矢に当たる。

エピソード[編集]

脚本を担当した橋田は雑誌『月刊ドラマ』1987年9月号(映人社)に寄せた本作を紹介する一文の中で「『お入学』の執筆動機は、佐久間良子さんや三田佳子さんのお子様たちの入学にまつわる大変さのお話を聞き、いつか書きたいと五年ほど前から暖めてきた作品です。」と述べている。佐久間と三田は橋田脚本の大河ドラマに主演するなど橋田と交流があり、子息の話も橋田に語っていたという。実際に佐久間と三田は子息の私立小学校受験を経験しており、佐久間は長男の平岳大暁星学園に、三田は長男の森宮隆と次男の高橋祐也森村学園に入学させている。