お姉ちゃん (テレビドラマ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
お姉ちゃん
ジャンル テレビドラマ
脚本 小松君郎
演出 橋本信也
出演者 倍賞千恵子
山本學
工藤堅太郎
佐野伸寿
志垣太郎
松村達雄
柳家小さん
東八郎
仲雅美
三橋達也
渥美清
音楽 小川寛興
オープニング 倍賞千恵子『お姉ちゃん』
国・地域 日本の旗 日本
言語 日本の旗日本語
製作
プロデューサー 橋本信也
制作 TBS
放送
放送チャンネル TBS系列
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1973年12月7日 - 1974年3月29日
放送時間 金曜日20:00〜20:55
放送枠 TBS金曜8時枠の連続ドラマ
放送分 55分
回数 17回
テンプレートを表示

お姉ちゃん』(おねえちゃん)は、1973年12月7日から1974年3月29日までTBS系列で放送されていたテレビドラマである。TBSテレパックの共同製作。全17話。放送時間は毎週金曜 20:00 - 20:55日本標準時)。

概要・内容[編集]

東京の工場街、大森にある食堂兼仕出し弁当店「春木」を舞台として、既に両親の亡い5人の姉弟が助け合い生きていく、その姿を中心に描いた。

「春木」には、近所の人々や町工場の工員たちが朝昼晩問わずやって来る。長女の恵子は30歳になるが、両親の亡き後、店を経営しながら弟妹たちの面倒見にも追われ、結婚出来ないでいた。そんな恵子に仲買商の小林が縁談を持って来た。恵子もこの話には乗り気で引き受け、そして家業を嫌って船員になった弟の一郎が家に帰って店を継ぐということになり、恵子は結納を済ませて安心して結婚出来ることになった。ところが一郎は船員の仕事をあきらめきれなくなったことから翻意、弟の次郎らから責められ、恵子もせっかくの縁談をあきらめてしまった。そんな時、一郎がヤクザに刺されたという一報が…[1]

主演女優の倍賞千恵子は本作を含む3番組での活動内容を評価され、1974年に第11回ギャラクシー賞を受賞した[2]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

「お姉ちゃん」
作詞:福本義人 / 作曲:小川寛興 / 歌:倍賞千恵子(キングレコード

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 京都新聞 1973年12月7日 本作の紹介記事より。
  2. ^ 第11回ギャラクシー賞受賞作品”. 放送批評懇談会. 2019年2月22日閲覧。
TBS系列 金曜 20:00 - 20:55
前番組 番組名 次番組
五つの恋
(1973年11月2日 - 1973年11月30日)
お姉ちゃん
(1973年12月7日 - 1974年3月29日)
青葉繁れる
(1974年4月5日 - 1974年5月31日)