お座敷小唄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
お座敷小唄
和田弘とマヒナスターズ松尾和子シングル
B面 マヒナのさのさ
リリース
録音 日本の旗 日本
ジャンル 流行歌歌謡曲
レーベル 日本ビクター
作詞・作曲 作詞:不詳、作曲:陸奥明、編曲:寺岡真三
テンプレートを表示

お座敷小唄(おざしきこうた)は、1964年和田弘とマヒナスターズ松尾和子が発売したシングル。

本項では1965年に発売されたシングル「続お座敷小唄」についても記載する。

概要[編集]

1964年、和田弘とマヒナスターズ広島に巡業したとき、御大の和田弘キャバレーホステスが口ずさむこの曲を無断で採取、宿で寝ていた松平直樹を電話で呼び寄せて検討させた[1]。和田らはドドンパのリズムに乗せてモダン化し、松尾和子を加えてレコーディング。作曲者不詳/寺岡真三編曲によって日本ビクター(現:JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント)より発売されると東京オリンピックをはさんで大ヒット、レコード売り上げは250万枚を記録した[1][2]。なお当時発売されたシングルレコード(日本ビクター SV-77)のジャケットでは歌手名が「和田弘とマヒナ・スターズ、松平直樹、松尾和子」と記載されている。

後に、「お座敷小唄」発売以前に同じメロディで岡田ゆり子が「流れの枯れすすき」、園浦ひろみが「しらゆき小唄」として発売していたことが判明した[3]

「お座敷小唄」の歌詞は六番までだが、数多くの替歌が生まれた[2]。また本曲の大流行により、他のレコード会社も「裏町小唄」「白雲小唄」「芸者小唄」「祇園エレジー」など似たようなレコードを売り出したが「お座敷小唄」の人気を超えることはなかった[2]。別の替歌を「お座敷小唄」に流用した替歌もある。

「お座敷小唄」は陸奥明作曲「籠の鳥エレジー」(1954年)に酷似しているといわれたが、歌詞は替えられている[2]

1965年には埼玉県草加市の人物が自分が戦地で作ったものだとして和田とビクターを訴え、さらに広島市の人物も自作だと主張して訴訟に参加したが、横浜地裁は1967年4月27日にいずれの請求も棄却した。

のち、山梨県の詩人・小俣八郎(1914-90)の作った「吉田芸者小唄」がその原型であると認められ、1981年、藤山一郎の歌曲全集にも原作詞者として記載された[4]

第一番の歌詞は、

といい、「ないじゃなし」が誤用だとされつつ、今も歌われている。

2016年1月13日にビクターエンタテインメントに販売を委託し日本伝統文化振興財団より発売された2代目鈴木正夫・藤みち子・長岡すみ子・おもだか秋子のシングル「音頭 にっぽんめでた」(CD:VZCG-10561、カセット:VZSG-10642)のカップリング曲に収録された。

収録曲[編集]

1964年版
  1. お座敷小唄
    作詞・作曲:不詳、採譜:和田弘(後に作詞:不詳、作曲:陸奥明とされる)、編曲:寺岡真三、歌:和田弘とマヒナスターズ松尾和子
  2. マヒナのさのさ
    作詞・作曲:不詳、編曲:和田弘、寺岡真三、歌:和田弘とマヒナスターズ
2016年版
  1. 音頭 にっぽんめでた(4分45秒)
    作詞:いくまひろし、作曲:山中博、編曲:鈴木英明、歌:鈴木正夫、藤みち子、長岡すみ子、おもだか秋子
  2. お座敷小唄(3分22秒)
    作詞:不詳、作曲:陸奥明、編曲:寺岡真三、歌:松尾和子、和田弘とマヒナスターズ
  3. 音頭 にっぽんめでた(オリジナル・カラオケ)
    演奏:ビクター・オーケストラ
  4. お座敷小唄(オリジナル・カラオケ)
    演奏:ビクター・オーケストラ

続お座敷小唄[編集]

続お座敷小唄
和田弘とマヒナスターズ松尾和子シングル
B面 新土佐節
リリース
録音 日本の旗 日本
ジャンル 流行歌歌謡曲
レーベル 日本ビクター
作詞・作曲 作詞:不詳、作曲:陸奥明、編曲:寺岡真三
テンプレートを表示

1965年には「お座敷小唄」の歌詞とアレンジを変更した続編「続お座敷小唄」がシングルレコードで発売された。

当時発売されたシングルレコード(日本ビクター SV-205)のジャケットでは前作「お座敷小唄」と同様に歌手名が「和田弘とマヒナ・スターズ、松平直樹、松尾和子」と記載されている。

収録曲[編集]

  1. 続お座敷小唄
    • 作詞:不詳、原曲:陸奥明、採譜:和田弘、編曲:寺岡真三、歌:和田弘とマヒナスターズ、松尾和子
  2. 新土佐節
    • 高知県民謡、編曲:寺岡真三、歌:和田弘とマヒナスターズ

[編集]

  1. ^ a b 堀内敬三監修『歌謡の百年 第7巻 現代の歌』実業之日本社、1969年、34頁
  2. ^ a b c d 有馬敲『時代を生きる替歌・考』人文書院、2003年、201-204頁
  3. ^ 『精選盤 昭和の流行歌 歌詞集』日本音楽教育センター、106頁。
  4. ^ 小俣早苗『幻のお座敷小唄 ある詩人の生涯』日本文学館、2005年