お次の番だョ!歌合戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
お次の番だョ!歌合戦
ジャンル 歌謡番組
放送時間 木曜 20:00 - 20:54(54分)
放送期間 1985年8月1日 - 1986年3月27日
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ東京
出演者 東八郎
白石まるみ
テンプレートを表示

お次の番だョ!歌合戦』(おつぎのばんだョ うたがっせん)は、1985年8月1日から1986年3月27日までテレビ東京・テレビ大阪で放送されていたテレビ東京製作の歌謡番組である。放送時間は毎週木曜 20:00 - 20:54 (日本標準時)。

概要[編集]

視聴者参加型のチーム対抗カラオケ番組で、毎回5人1組のチーム×4組が参加。参加者たちはチームごとにテーマを決め、それに沿った衣装で出場していた[1]。司会は東八郎白石まるみが務めていた。

ルール[編集]

予選ではチームキャプテンが相手チームの歌い手を指名し、自信度に応じて金貨を賭けていく。金貨は1枚につき5000円で、スタート時には手元に10枚あり、予選では最大5枚まで賭けられた。両者が歌い終わった後、審査員が20点満点で採点。得点の高い方が勝者となり、賭けた金貨を総取りできた。同点の場合、審査員の支持の多い方が勝ちとされた。それを3回繰り返し、先に2勝したチームが決勝へ進めた。その際に手持ちの金貨が倍になった。

決勝では予選で残った参加者同士で競いあったが、予選の決着が2戦で付いていた場合には予選と同じく相手チームが歌い手を指名した。決勝では金貨の枚数に制限は無かった。また、得点が同じだった場合には両チームともに優勝と認められた。

優勝チームは、1から13までのトランプを使った海外旅行チャレンジ企画に挑戦できた。優勝チームの代表者はその回のゲスト出演者とトランプを1枚ずつ引いていき、ゲストよりも多い数を引けば海外旅行を獲得できた。同点優勝だった場合には両チームの代表者が1枚ずつ引いていき、多い数を引いた方に海外旅行が与えられた。なお、1は13よりも上の扱いだった。

脚注[編集]

  1. ^ 下野新聞』 下野新聞社、1985年8月1日付のラジオ・テレビ欄より。 
テレビ東京・テレビ大阪 木曜20:00枠
前番組 番組名 次番組
勝手に笑ってランド
(1985年8月1日 - 1986年3月27日)
お次の番だョ!歌合戦
(1985年8月1日 - 1986年3月27日)
徳川風雲録 御三家の野望(分割再放送版)
(1986年4月10日 - 1986年7月3日)