お父さん、チビがいなくなりました

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

お父さん、チビがいなくなりました』(おとうさん、チビがいなくなりました)は、西炯子による日本漫画、およびそれを原作とした映画。『増刊flowers』(小学館)にて、2013年冬号から2015年夏号にかけて連載され、1巻完結の単行本も出版された[1]。映画は2019年に公開。

あらすじ[編集]

37歳の菜穂子の両親は結婚して44年、3人の子どもも立派に自立し都内の実家で平和な老後を過ごしていると思われていた。しかし、ある日、母から離婚を考えていると衝撃の事実を明かされる。会話らしい会話も無く寡黙な父とのすれ違いに母は寂しさを募らせていたのだった。実家には菜穂子が昔、拾ってきた猫のチビがいたが、両親の不仲を察するかのように、あるときチビが姿を消してしまう。チビを心配して探す母に父はそっけない態度を見せますます距離が生まれていく2人。母はチビを探そうとペット探偵を雇うことにする。

書誌情報[編集]

映画[編集]

初恋〜お父さん、チビがいなくなりました
監督 小林聖太郎
脚本 本調有香
原作 西炯子
製作 藤本款
久保雅一
多井久晃
三木和史
製作総指揮 深瀬和美
三木和史
出演者 倍賞千恵子
藤竜也
市川実日子
星由里子
音楽 小六禮次郎
撮影 清久素延
編集 宮島竜治
製作会社 ビデオプランニング
配給 クロックワークス
公開 日本の旗 2019年5月10日
上映時間 104分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

初恋〜お父さん、チビがいなくなりました』というタイトルで映画化[1]倍賞千恵子藤竜也が夫婦役を演じ映画初共演を果たす[2]

2018年5月に亡くなった星由里子の遺作となる[3]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b “西炯子「お父さん、チビがいなくなりました」映画化、倍賞千恵子と藤竜也が夫婦役”. コミックナタリー. (2018年4月27日). https://natalie.mu/comic/news/279825 2019年1月28日閲覧。 
  2. ^ 倍賞千恵子&藤竜也、夫婦役で映画初共演”. スポーツ報知 (2018年4月27日). 2019年1月28日閲覧。
  3. ^ 映画「初恋~お父さん、チビがいなくなりました」に故・星由里子が出演”. コミックナタリー (2018年9月15日). 2019年1月28日閲覧。