お笑い向上委員会 笑わせろ!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
お笑い向上委員会 笑わせろ!
ジャンル バラエティ番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ朝日
企画 東京ギャグライターズハンド
前田昌平
中村周史
プロデューサー 日野裕
出演者 海砂利水魚
Take2
X-GUN
U-turn
アクシャン
ビビる
火曜日時代
放送時間 火曜 26:40 - 27:10(30分)
放送期間 1997年10月7日 - 1998年3月31日
月曜日時代
放送時間 月曜 25:00 - 25:30(30分)
放送期間 1998年4月7日 - 9月28日
テンプレートを表示

お笑い向上委員会 笑わせろ!』(おわらいこうじょういいんかい わらわせろ)は、1997年10月から1998年9月まで、テレビ朝日の深夜枠で放送されたお笑い番組である。

概要[編集]

1997年10月の番組放送開始から約6か月は、若手芸人が出演したお笑いライブなどを放送。1998年4月より放送時間を火曜深夜から月曜深夜に移し、当時麻布十番にあったクラブのステージを収録場所として、海砂利水魚(現・くりぃむしちゅー)、Take2X-GUNU-turnアクシャンビビるの6組によるコント番組へリニューアルされた。このリニューアルでは番組の後半に若手芸人のコーナーが設けられ、いつもここからなど当時の若手芸人が出演した。

リニューアル以降、深夜の放送であったにもかかわらず高視聴率を記録していたが、番組は1年で終了した。後番組は『ココリコA級伝説。』。 

放送時間[編集]

  • 火曜26:40 - 27:10(JST、1997年10月 - 1998年3月)
  • 月曜25:00 - 25:30(JST、1998年4月 - 同年9月)

東京ギャグライターズバンド[編集]

番組のスタッフロールに構成作家「東京ギャグライターズバンド」(TGWB)としてクレジットされていた団体である。実際は、後期の番組出演者4組のことであり、このことは最終回で明らかにされた。

番組終了後の1999年3月に東京ギャグライターズバンド名義でライブが行われたが、有田哲平はライブ当日に水疱瘡を発症したため、欠席している。

番組で放送されたコント[編集]

( )はそのコントに出演する、主なメンバーたち。
  • コントのト
  • 思い切って言っちゃえよ!(対馬、西尾/2人で1役)
  • music count down
  • リアルラッパー MC MILK(有田)[1]
  • ブラックジャックAZUMA
  • 演出家村木廣志(有田)
  • ツッコミシスターズ(上田、深沢) 
  • プレジデンツ
  • みんなであいうえお(東、西尾)子供番組の歌のお姉さん(西尾)お兄さん(東)に扮して、お題の平仮名一文字とそれに続くすけべな台詞を言う。(例 お題が「こ」ならば、西尾が東の股間を触り「ここは正直ね」、「な」なら、「ナスがともだちじゃあさみしいだろ」)
  • 刑事田所(土田、東、上田) 
  • ji.ji.jiジーさん(東、有田、土田)
  • スナックみゆき(西尾)
  • 闇の仕掛け人
  • 水泳帽ブラザーズ(杉崎、安井、大木、大内)
  • 喧嘩正也(上田)[1]

オープニングテーマ曲[編集]

スタッフ[編集]

  • 作・構成:東京ギャグライターズハンド、前田昌平、中村周史
  • 技術:小山一彦
  • 美術制作:草間康雄
  • デザイン:小川由紀夫
  • 美術進行:齋藤直純
  • 編集:田野口彰吾
  • MA:石川大郎
  • 効果:細野貴裕
  • TK:土屋佳子
  • 広報:牧野秀幸
  • 技術協力:VIC
  • 演出:木村廣志/鈴木伸二(シリアス)
  • プロデューサー:日野裕
  • 制作著作:テレビ朝日

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ a b 「総力特集 くりぃむしちゅー 変身したバラエティ・スター」、『QuickJapan』vol.55、太田出版、2004年7月28日、 77頁。
テレビ朝日 月曜25時台前半
前番組 番組名 次番組
上岡龍太郎のイチャ門天
お笑い向上委員会 笑わせろ!