お茶の水クリスチャン・センター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

お茶の水クリスチャン・センター(おちゃのみずクリスチャン・センター)は、キリスト教宗教法人。センターには日本福音同盟キリスト者学生会日本聖書刊行会など日本の福音派の主要団体が入る。日本福音同盟の協力会員。

歴史[編集]

日本のキリスト者学生運動、キリスト者学生会(KGK)の働きが海外に紹介され、この働きのために海外の福音主義に立つキリスト者学生団体(IFESIVCF等)から多くの献金を集めて土地を取得し、御茶の水学生キリスト教会館が建設された。土地の取得交渉にはアイリーン・ウェブスター・スミス宣教師があたり、後に土地の売主を救いに導いた。しかし、学生伝道に携わった者たちの内に見解の相違があり、KGKとは別の理事会(OSCC)が発足した。OSCCは現在、学生伝道を行っておらず、名称からも学生会館の名が消えている。

1964年7月8日にOSCCとKGKは、OSCCの名義で土地建物を登記し、KGKが永久に無償使用できることを条件に、協定書を取り交わした。

参考文献[編集]

  • 『主が建てるのでなければ-KGK40周年記念発行』キリスト者学生会
  • 『汝の若き日に-KGK50年の歩みと応答』キリスト者学生会
  • 『せんせい-アイリーン・ウェブスター・スミス伝記』ラッセル・ヒット著 ICM出版

関連項目[編集]