お見合い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

お見合い(おみあい)とは、仲人と呼ばれる第三者の仲介によって、結婚を希望する男女が対面することである。

近年では、結婚相談所結婚情報サービス、結婚情報サイトの出現により、結婚を希望する男女がお互いの個人情報を仲人を介さずに直接交換できるようになった。このような男女が初めて対面することも、お見合いと呼ばれることがある。

多数の男女が一堂に会して結婚相手となりうる相手を探す事を目的とするパーティを、集団お見合いと呼ぶことがある。詳しくはカップリングパーティーを参照。

目次

お見合いまでのプロセス

お見合いでは、仲人と呼ばれる第三者が男女の間に入り、概ね次のようなプロセスで仲介を行う。

  1. お見合いを希望する男女は、まず自分の釣書(つりしょ)と呼ばれる写真付きのプロフィールを作成して、仲人に提出する。
  2. 仲人は、別の仲人と釣書を交換するなどして、釣り合いの取れそうな相手を見つける。
  3. 相手が見つかったら、相手の釣書を男女双方に見せる。
  4. 男女双方が会う事を希望したら、仲人立ち会いの元で実際に対面させる。この時、仲人に手数料(お見合い料)を支払う。
  5. 後日、双方が再度会いたいという意思表示をした場合に、交際に入る。そうでない時は、男女が再会する事は決してない、一期一会の場である。
  6. 結婚が成立した場合は、仲人に謝礼(成婚料)を支払う。

仲人の種類

近所の世話好きな人や親類縁者、職場の上司などが仲人を務める場合と、結婚相談所が仲人になる場合とがある。

伝統的なお見合い

前者の場合が、冠婚葬祭の儀礼に則って行われる、いわゆる伝統的なお見合いである。 お見合いの場所には高級ホテルや料亭が利用される。

地域社会が崩壊しつつある現代では、こうしたケースは減少してきているといわれる。地域社会が根強い地域でも、ファミリーレストランや喫茶店など日常利用する機会のある場所を利用することが増えてきた。

結婚相談所のお見合い

結婚相談所のお見合いはよりカジュアルで、シティホテルのロビーや相談所の事務所、場合によってはファミリーレストランで行われることすらある。

当人任せではなかなか成婚に至らないためか、近年では仲人サービスを提供する結婚情報サービス会社が出現している。

その他

  • 野球の守備において、飛球の落下点を挟んで複数の野手投手捕手も含む)が、互いに相手が捕るものと思い込んで捕球せずに譲り合い、その中間点にボールが落ちる様を俗にお見合いという。単に「見合う」という意味のみならず、上記にある実際のお見合いの対面の場において双方がなかなか言葉を発せずに見合っている様から、野手間の連携・コミュニケーション不足を揶揄した表現でもある。バレーボールにおいてもしばしば使われる。

関連項目

今日は何の日(5月25日

もっと見る

「お見合い」のQ&A