お金をちょうだい

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
お金をちょうだい
美川憲一シングル
B面 愛の行く先
リリース
ジャンル 歌謡曲
レーベル 日本クラウン
作詞・作曲 星野哲郎(作詞)
中川博之(作曲)
チャート最高順位
美川憲一 シングル 年表
想い出おんな
(1970年)
お金をちょうだい
(1971年)
うらぎりの町
(1972年)
テンプレートを表示

お金をちょうだい」(おかねをちょうだい)は、美川憲一1971年11月25日に発売した、21作目のシングル盤レコードである。

解説[編集]

タイトルと歌詞が話題となった美川の代表曲。発売当時NHKから歌唱禁止とされるも、2017年にNHKの歌番組うたコンなどで歌唱している。自身のコンサートやその他歌番組で度々歌唱している。 カバーも多くされている。

星野がキャバレーでホステスにあれこれ話を聞かされている時に着想し作品としたが[1]、当初は持ち歌となる歌手が見つからず、菅原洋一美空ひばりなどが候補であった。すると美川は作曲した中川博之の自宅へ行き直談判し、美川の曲となった。

ある女性からは「こんな卑しい女の歌、ダメよ!」と反対されたが、それに対し美川は「冷めたくなった男に未練を持ちながらも、潔く身を引くからお金をちょうだい。そういう覚悟のある歌だと思います」と返答すると、「大人なのね」と感心されたと後に美川本人が語った。

収録曲[編集]

  1. お金をちょうだい
  2. 愛の行く先

カヴァー[編集]

  • 2013年、川上大輔(カヴァーアルバム「べサメムーチョ〜美しき恋唄〜」収録)
  • 2017年、純烈(シングル「愛でしばりたい タイプC」収録)
  • はやぶさ、新曲発売記念キャンペーンミニライブ等で歌唱している。

プラチナバージョン[編集]

お金をちょうだい〜プラチナバージョン〜
美川憲一シングル
B面 軽蔑2010
リリース
ジャンル 歌謡曲
レーベル 日本クラウン
作詞・作曲 星野哲郎(作詞)
中川博之(作曲)
美川憲一 シングル 年表
この青空の下で
(2009年)
お金をちょうだい〜プラチナバージョン〜
(2010年)
アカシア雨情
(2010年)
テンプレートを表示

お金をちょうだい〜プラチナバージョン〜」(おかねをちょうだい〜プラチナバージョン〜)は、美川憲一2010年6月2日に発売した、101作目のシングルである。

カップリング曲は1973年4月20日に発売された「軽蔑」を新録音した「軽蔑2010」。

収録曲[編集]

  • 全曲編曲:矢田部正
  1. お金をちょうだい〜プラチナバージョン〜
    作詞:星野哲郎/作曲:中川博之
  2. 軽蔑2010
    作詞:吉田旺/作曲:彩木雅夫
  3. お金をちょうだい〜プラチナバージョン〜(オリジナル・カラオケ)
  4. 軽蔑2010(オリジナル・カラオケ)

脚注[編集]

  1. ^ 武田鉄矢の昭和は輝いていた」(BSジャパン・2018年9月7日)