かしおぺあ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
かしおぺあ
基本情報
船種 フェリー
船籍 日本の旗 日本(1972-1991)
ギリシャの旗 ギリシャ(1991-)
サウジアラビアの旗 サウジアラビア(2006-)
所有者 オーシャンフェリー(1972-1976)
オーシャン東九フェリー(1976-1991)
Strintzis Lines(1991-2002)
Briarstar Ltd.(2002-2006)
Namma International Trading(2006-)
運用者 オーシャンフェリー(1972-1976)
オーシャン東九フェリー(1976-1991)
Strintzis Lines(1991-1993)
スウォンジー・コーク・フェリー英語版(1993-2000,2002-2006)
ブルースターフェリー(2000-2002)
Namma Shipping Lines(2006-)
建造所 波止浜造船
姉妹船 あるばとろす
IMO番号 7210305
改名 かしおぺあ(1972-1976)
第三伊豆(1976-1991)
SUPERFERRY(1991-2000,2002-2006)
BLUE AEGEAN(2000-2002)
MAHABBAH(2006-)
経歴
起工 1971年
進水 1972年
竣工 1972年6月29日[1]
就航 1972年7月14日[1]
運航終了 1991年
現況 エジプトの旗 エジプトで就航中
要目
総トン数 7,200 トン[2]
載貨重量 2,817 トン[2]
全長 138.0 m[2]
23.4 m[2]
深さ 7.3 m[2]
喫水 5.2 m[2]
機関方式 ディーゼル
主機関 Pielstick 18C2V 2基
推進器 2軸
最大出力 19,080馬力(連続)[2]
航海速力 21.6ノット[2]
旅客定員 1,080名[2]
車両搭載数 トラックおよびバス102台、乗用車104台[2]
テンプレートを表示

かしおぺあは、オーシャンフェリーが運航していたフェリー

概要[編集]

オーシャンフェリーの第一船として波止浜造船で建造され、1972年7月15日に千葉 - 徳島航路に就航した[1]1976年2月、オーシャンフェリーと東九フェリーが合併してオーシャン東九フェリーが発足、第三伊豆と改名されて、東京 - 徳島 - 小倉航路に就航した。1991年6月、おーしゃん いーすとの就航により引退した。

その後、1991年に海外売船にあたりIonian Expressと改名された上で、ギリシャのStrintzis Linesに売却され、改造を受けSUPERFERRYとして、1992年エーゲ海航路に就航した。1993年以降はスウォンジー・コーク・フェリー英語版に用船され、アイリッシュ海を横断する航路に就航した。2000年にギリシャに戻り、Strintzis Linesのリブランドによりブルースターフェリーの所属となり、BLUE AEGEANと改名して就航した。2002年にアイルランドのBriar Star Ltd.に売却され、再びSUPERFERRYとしてスウォンジー - コーク航路に就航した。2006年エジプトのNamma International Tradingに売却され、MAHABBAHとなり、Namma Shipping Linesによって紅海で運航されている。

航路[編集]

オーシャンフェリー

あるばとろすと本船の2隻で運航された。就航当初は千葉港を発着していたが、後に東京港まで延長され千葉港は下り便のみ寄港となった。

オーシャン東九フェリー

  • 東京港 - 徳島港 - 小倉港(日明埠頭)

Strintzis Lines

スウォンジー・コーク・フェリー

ブルースターフェリー

Namma Shipping Lines

設計[編集]

船内[編集]

船室[編集]

船室タイプの一覧
クラス 部屋数 定員 設備
特別室 2名×2室 4名
特等和室 2名×3室  6名
特等洋室 2名×5室 10名
一等和室 4名×10室
2名×20室
80名
一等洋室 4名×20室 80名
特二等 14名×5室
13名×8室
5名×3室
189名
二等室 790名

   

設備[編集]

パブリックスペース

  • 案内所
  • エントランスホール
  • 展望室

供食設備

  • レストラン
  • 喫茶バー

入浴設備

  • 大浴場

娯楽設備

  • ダンスホール

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 世界の艦船(1972年8月号,p109)
  2. ^ a b c d e f g h i j 世界の艦船(1972年8月号,p36)