かずといずみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
かずと いずみ
生誕 (1979-12-03) 1979年12月3日(41歳)
日本の旗 日本東京都大田区
職業 漫画家
活動期間 2001年 -
代表作貧乏姉妹物語
受賞 第6回電撃ゲーム3大賞コミック部門佳作
第7回竹書房漫画新人賞佳作
公式サイト Pafe Cafe
テンプレートを表示

かずと いずみ1979年12月3日[1][2] - )は、日本漫画家東京都大田区出身[3]。既婚。かつてはいずみの名義で活動していた[注 1]

2001年に『まんがくらぶ』(竹書房)掲載の「クリーニングみなみちゃん」でデビューし、翌2002年に『まんがタイムきらら』(芳文社)で連載開始した『ちょこパフェ』で連載デビュー。4コマ漫画雑誌を中心に活動していたが、2004年ストーリー漫画へ転向し、『月刊サンデーGENE-X』(小学館)で『貧乏姉妹物語』の連載を開始して代表作となった。

来歴[編集]

1999年、メディアワークスの「第6回電撃ゲーム3大賞(現電撃3大賞)」のコミック部門佳作を受賞し担当もついたが、その時は連載デビューできなかった。

その後、森下裕美のファンだったことから、森下が表紙およびメイン作家であった『まんがくらぶ』(竹書房)に4コマ漫画「クリーニングみなみちゃん」を投稿する。同作が2001年1月の準月間賞として第7回竹書房漫画新人賞にノミネートされ、佳作を受賞し『まんがくらぶ』2001年6月号に掲載されデビュー。

その後はいくつかの読み切り作をゲスト掲載した後、「まんがタイムきらら」(芳文社)にて初連載。ストーリー漫画に転向後は「月刊サンデーGENE-X」(小学館)で『貧乏姉妹物語』を、「コンプティーク」(角川書店)でコラム『塵も積もればスキになる!』を連載。『貧乏姉妹物語』は2006年アニメ化され、テレビ朝日などで放送された。『貧乏姉妹物語』の連載終了後は「マジキュー」(エンターブレイン)や「月刊コミックラッシュ」(ジャイブ)『コミック百合姫』(一迅社)などで単発イラストの仕事のほか、芳文社の百合アンソロジー『つぼみ』で不定期に作品を発表していた。

『貧乏姉妹物語』連載終了以降、連載ではなく単発イラストの仕事だけであったことに関して2011年5月8日のブログの中で、商業誌での連載が「『たくさんの方に見てもらえる機会』が『たくさんの方に迷惑をかけてしまう』という認識に変わってしまった」[4]ことにより、商業誌でやっていく自信がなくなってしまい、なかなか連載に踏み出せなかったと綴っている。そんな中『蒲田魔女』を連載でやらないかという誘いを受け、「この機会にもう一度頑張ってみよう!という気持ちになりました」[4]とのこと。こうして2011年、久々の4コマ漫画『蒲田魔女』を『4コマnanoエース』(角川書店)で連載開始。

人物[編集]

  • 温泉ソムリエの資格を持つ[5]
  • 2013年5月30日、男児を出産したことを自身のツイッターにて報告した[6]
  • 2019年3月20日には第2子となる女児を出産した[7]

エピソード[編集]

  • 1979年12月生まれであるため、高校時代は時局的にルーズソックスブームの真っ只中であったが、本人はルーズソックスに関心が無く、当時としては少数派であるタイツ派で、当時から黒タイツを愛用していた[8]。この黒タイツへの拘りが現在の作品群にも色濃く表れている。
  • 『貧乏姉妹物語』で姉妹が居住している桜の木が見えるアパートは作者の実家がモデルである。作者の実家には桜の木が在り、嘗て下宿を営んでいたといい、そこから着想を得たものである[9]。なお、姉妹は作者の知人がモデルというが、作者自身も2人姉妹である。
  • 20代の初めごろ、クリーニング店のアルバイトをしていた。『クリーニングみなみちゃん』はこの時の経験から着想を得た作品である。なお、当時のペンネームは「いずみ」であったため、編集担当が混同して何度もタイトルを『クリーニングいずみちゃん』に間違えられたという。
  • 現在も精力的に同人誌活動を行なっていることからも判るように、これまでに刊行した同人誌は多岐に及ぶ。余りにも多いため、作者本人も過去の作品を全て把握しきれないという。
  • 以前は定期的にブログの更新を行なっていたが、Twitterを多用するようになったことと、結婚後は家事に追われているなどの事情もあり、最近はコミックマーケットコミティアなどへの参加を告知する程度に留まっており、殆ど更新されなくなっている。
  • 親交のあるよしづきくみちとはデビュー前の2000年ごろから付き合いがある旧知の間柄である。現在もお互いの同人誌作品に寄稿し合っている。よしづきから受けた影響は大きく、キャラクターデザインなど、絵のタッチが共通している。
  • 現在は漫画作品の創作活動は事実上の休業状態であり、主に色紙画などの制作販売を主体にしている。

作品リスト[編集]

漫画作品[編集]

連載[編集]

  • ちょこパフェ芳文社まんがタイムKRコミックス〉全2巻(『まんがタイムきらら』)※「いずみ」名義
    1. ISBN 9784832275096
    2. ISBN 9784832275409
  • 貧乏姉妹物語小学館〈サンデーGXコミックス〉全4巻(『月刊サンデーGENE-X』2004年 - 2006年)
    1. ISBN 9784091573414
    2. ISBN 9784091570192
    3. ISBN 9784091570598
    4. ISBN 9784091570789
  • 蒲田魔女角川書店角川コミックス・エースエクストラ〉単巻(『4コマnanoエース』)、2012年7月発行、ISBN 9784041203026
  • 銭湯ハワイ』芳文社〈まんがタイムKRコミックス つぼみシリーズ〉単巻(『つぼみwebコミック』)、2013年6月発行、ISBN 9784832243132

短編集[編集]

  • 小さな惑星の小さなお話ジャイブ、2008年5月発行、ISBN 9784861764868
    • 『あかよろし!』をはじめとする14作の短編集。
  • 『三ツ星クリーニング』ジャイブ、2008年12月発行、ISBN 9784861765889
    • 当初はデビュー作『クリーニングみなみちゃん』と『まんがライフMOMO』(竹書房)で創刊号から2004年7月号まで連載された「三ツ星書店」を併せた同人誌として2004年8月のコミックマーケット66で発行。その後、新作・未収録作品を追加し同名の作品集として2008年12月に刊行された。
  • くろよめ』芳文社、2011年2月発行、ISBN 9784832279926
    • 表題作は著者が2008年~2009年にかけて同人誌で発表していた作品を手直ししたもの。タイトルは「黒タイツをはいた嫁」の略であることがあとがきに記されている。その他、『つぼみ』に掲載された「めとらば」および書き下ろしを追加した作品集。

その他[編集]

  • アンダー・ラグ・ロッキング(著:名瀬樹、メディアワークス、2003年6月発行、ISBN 9784840223904) - 挿絵
  • よりみちドロップ(エンターブレイン、2007年3月発行、ISBN 9784757734470) - 画集
  • 帝王切開は自業自得と言われた話 - Web漫画。パパスマイルにて掲載、全8話。作者の第1子出産の際に言われた言葉を漫画化したもの[10]

作風・特徴[編集]

  • 少女キャラは黒タイツを穿いていることが多いが、黒タイツだけでなく、白タイツもそれなりに多い。
  • これまで原作した作品の殆どは女性が主人公である。
    • これは、どの作品も登場人物自体が殆ど女性で占められているため。男性が1人も登場しない作品も少なくない。
    • ただし、男性が主人公の作品も一部存在する。『小さな惑星の小さなお話』に収録されている『はちみつレモン』は男性が主人公となっている数少ない作品である。
  • 百合を匂わせる作品が多い。これは作者自身が認めており、自己紹介などでそのように記載している。
  • 現在も同人誌活動を積極的に行っている。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ かつては「一十百」と書いてかずとももと読むペンネームも使用していた。ただし、このペンネームでの同人誌・商業誌はいずれも存在しない。

出典[編集]