かぞえうた (Mr.Childrenの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
かぞえうた
Mr.Childrenシングル
初出アルバム『[(an imitation) blood orange]
リリース
規格 デジタル・ダウンロード
ジャンル J-POP
ロック
時間
レーベル トイズファクトリー
作詞・作曲 桜井和寿
プロデュース 小林武史
Mr.Children
チャート最高順位
Mr.Children シングル 年表
fanfare
(2009年)
かぞえうた
(2011年)
祈り
〜涙の軌道/
End of the day/
pieces

2012年
[(an imitation) blood orange] 収録曲
イミテーションの木
(6)
かぞえうた
(7)
インマイタウン
(8)
テンプレートを表示

かぞえうた」は、日本のバンドMr.Childrenの3作目の配信限定シングルである。2011年4月4日トイズファクトリーより発売された。

概要[編集]

前作「fanfare」から約1年5ヶ月ぶりの新曲で、「花の匂い」から3作連続での配信限定シングルとなっている。Mr.Childrenの楽曲では初めてPC配信(iTunes Storeのみ)も行われた。

2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震東日本大震災)の救援および、復興の資金に充てるための曲として制作され、収益金は桜井和寿小林武史山形県新庄市出身)が発起人となっているNPO法人「ap bank」の基金「ap bank Fund for Japan」へ寄付された。

収録曲[編集]

  1. かぞえうた
    シングルとしては25thシングル「掌/くるみ」に収録されている「掌」以来となるノンタイアップである。
    レコーディングは、ライブツアー『Mr.Children Tour 2011 SENSE』の仙台公演[2]が開催される予定だった3月26日27日に行われ、配信開始に先駆けて4月2日3日に行われた同ライブツアーの真駒内セキスイハイムアイスアリーナ公演で初披露となった[3]
    仙台放送の放送開始時のオープニングおよび、放送終了時のクロージングの曲として使用された。
    仙台放送「東日本大震災特別企画 ともに」のエンディング曲、および、番組宣伝CMソングとしても使用された。

ライブ映像作品[編集]

作品名 備考
Mr.Children TOUR 2011 "SENSE"
ap bank fes '11 Fund for Japan
Mr.Children STADIUM TOUR 2011 SENSE -in the field- 2回演奏された

収録アルバム[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 日本人アーティストの楽曲では1位であった。
    参照:今年一番ダウンロードされたのは? iTunes Rewind 2011発表 - 日経トレンディネット 2011年12月9日
  2. ^ 仙台市に隣接する利府町セキスイハイムスーパーアリーナで開催予定だった。同館は発災翌日の3月12日より6月30日まで遺体安置所として使用された。
  3. ^ Mr.Children、復興支援の新曲「かぞえうた」を初披露