かつラーメン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

かつラーメンは、秋田県小坂町ご当地ラーメン[1]。狭義には、醤油ラーメンタマゴでとじたトンカツを乗せたもの[1]。広義には「ラーメンにトンカツを乗せたもの」[2]

小坂町には明治時代から1990年まで小坂鉱山が存在した。鉱山から掘られた鉱物は小坂町から青森県野辺地町まで運ばれた。この運搬ルート上にかつラーメンを提供する店が点在しており、かつラーメン街道とも呼ばれる[2]

概要[編集]

小坂町の「奈良岡屋」がタマゴで閉じるタイプのかつラーメン発祥の店と言われている[1]

1970年昭和45年)頃、小坂鉱山の若い労働者がで働いていた若い労働者たちが、小坂町の七夕祭りの山車を制作していた時期に夜食として食べられていた。当初は裏メニュー扱いだったが、やがて正式メニューとなった[2]

その他の地域のかつラーメン[編集]

かつラーメン街道におけるかつラーメンを以下に挙げる。

青森県五戸町
「からから亭」[2]
味噌カツをラーメンに乗せる。1995年平成7年)頃に客のリクエストから発生し、看板メニューとなった。
青森県十和田市
「たんちゃ亭」スタミナみそカツラーメン[2]
ハバネロも使われている味噌ラーメンにトンカツを乗せる。
「与作」カツカレーラーメン[3][4]
2000年(平成12年)以前に、常連客からの「カツカレーとラーメンを一緒に食べたい」という依頼から生まれた。
青森県野辺地町
「松竹」スペシャルメニュー[3]
チャーシューメンにトンカツ、千切りキャベツを乗せる。常連客の「トンカツとチャーシューメンが一度に食べたい」という要望から生まれた。

出典[編集]

  1. ^ a b c 『るるぶ秋田 角館 乳頭温泉郷'18』 JTBパブリッシング2017年、95頁。ISBN 9784533118388。
  2. ^ a b c d e 小野麻衣子 (2017年3月3日). “青森~秋田「カツラーメン街道」で5店めぐり。インパクトがすごい!”. 女子SPA!. p. 1. 2019年1月30日閲覧。
  3. ^ a b 小野麻衣子 (2017年3月3日). “青森~秋田「カツラーメン街道」で5店めぐり。インパクトがすごい!”. 女子SPA!. p. 2. 2019年1月30日閲覧。
  4. ^ 福田栄美子 (2017年6月27日). “青森の夜はちょっとヘビーに〆る! 「カツカレーラーメン」は飲んだ後に”. マイナビニュース. 2019年1月31日閲覧。