かまいたち (お笑いコンビ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
かまいたち
KAMAITACHI
メンバー 濱家隆一
山内健司
結成年 2004年[1]
事務所 吉本興業
活動時期 2004年 -
出身 大阪NSC26期
影響 ダウンタウン
出会い 大阪NSC
旧コンビ名 鎌鼬
現在の活動状況 テレビ・ライブなど
芸種 漫才コント
ネタ作成者 山内健司
現在の代表番組 かまいたちの机上の空論城
過去の代表番組 いちばんスクラム!!
もう少し、嫌な奴
NMBとまなぶくん
同期 藤崎マーケット
天竺鼠
和牛
山名文和 (アキナ)
河井ゆずるアインシュタイン
バイク川崎バイク
守谷日和など
公式サイト プロフィール
受賞歴
2007年 第28回ABCお笑い新人グランプリ最優秀新人賞
2007年 笑いの超新星 新人賞
2008年 第43回上方漫才大賞新人賞
2012年 第33回ABCお笑いグランプリ優勝
2012年 第42回NHK上方漫才コンテスト優勝
2016年 歌ネタ王決定戦2016 優勝
2016年 キングオブコント2016 3位
2017年 キングオブコント2017 優勝
2017年 M-1グランプリ2017 4位
2018年 M-1グランプリ2018 5位
2018年 ロケ芸人最強決定戦 外王2018 優勝
2019年 ロケ最強芸人決定戦 外王2019 優勝
2019年 第54回上方漫才大賞 奨励賞
2019年 M-1グランプリ2019 準優勝
2020年 第5回上方漫才協会大賞特別賞
テンプレートを表示
かまいたち
YouTube
チャンネル
活動期間 2020年2月20日 -
ジャンル コメディ
登録者数 52.3万人
総再生回数 約3700万回
チャンネル登録者数、総再生回数は2020年7月4日時点。
テンプレートを表示

かまいたちは、吉本興業東京本社所属の日本のお笑いコンビNSC26期生[1]2004年5月結成[1]baseよしもと及び5upよしもとに出演していたが、2014年2月に卒業。キングオブコント2017優勝。2018年3月までは大阪を拠点に活動していたが、4月より東京に活動拠点を移す。

2009年4月28日より、コンビ名を漢字表記の「鎌鼬」からひらがなの「かまいたち」に変更している。

メンバー[編集]

山内 健司[編集]

(やまうち けんじ、1981年昭和56年)1月17日(39歳)[1] - )

濱家 隆一[編集]

(はまいえ りゅういち、1983年(昭和58年)11月6日(36歳)[1] - )

  • 立ち位置は向かって右。ツッコミ(コントではボケに回ることも)担当。
  • 大阪府大阪市出身[1]。血液型B型[1]身長188.2cm、体重74kg[9]股下75cm(本人ラジオ談)[要出典]既婚。痛風持ち。
  • 大阪府立茨木東高等学校時代は野球部のキャプテン、ピッチャーだったが、投手としては二番手だった。
  • 中学時代は荒れており何度か呼び出しを喰らったそうだが、高校に進学すると染髪し制服を少し着崩す程度に落ち着く。学生時代の通り名は卒業文集「天才」より『東淀川の毒ヘビ』。
  • 相方を5回替えている。本人曰く「NSCの頃はダメやと思ったら即切りで、手当たり次第にコンビを組んでいた。そこで、たまたまいい人に当たった」のが、6人目かつ現在の相方の山内である[10]
  • 趣味・特技はマジック料理。マジックはコントのネタに取り入れたり、番組で披露することがある。腕前は「相当なもの」で、プロのマジシャンも認めている[11]。料理も度々番組やYoutubeでふるまうことがある。
  • 2017年5月5日、一般女性と結婚[12]
  • 2019年2月22日、第一子となる長女が誕生[13]
  • 2020年5月6日、かまいたちチャンネル(ねおミルクボーイ)での生配信で自身のバスルーティーンのコメントのバリ濃くて草がTwitterで近畿地方のトレンドとなる

来歴[編集]

結成以前

山内、濱家ともに、大阪NSCに26期生として入学。山内は授業ごとに毎回新ネタを披露するなどしていたが、ピンで1年間Cクラスだった(当時のNSCは実力編成でCは一番下)。濱家はAクラスで、コンビを結成しAまたはBクラスで解散してはCクラスを繰り返していた。Cクラスになった際に山内と知り合い、連絡先を交換していた[14]

結成 - 現在

2004年、NSC卒業後濱家が5人目の相方と解散した後、オーディションライブでピンとして活動していた山内がウケていたのを見て連絡したことでコンビを結成[14]

その後、結成初期から数多くの賞を受賞する。

さらに千鳥銀シャリらが東京進出後そのロケを引き継ぐなど、ロケを数多くこなす。その数は「オンエア数で言えば1年間で300本」というほど[11]。その数、内容の濃さなどから「ロケの達人[11]」「ロケの鬼[15]」と度々称される。

2018年、大阪のレギュラー番組7本(「せやねん!」「雨上がりの『Aさんの話』」「よ~いドン!」など)卒業、1本(「NMBとまなぶくん」)だけを残し、東京に進出[16]

2019年、結成15年のラストイヤーでM-1グランプリに出場し準優勝。2019年現在、キングオブコント優勝かつM-1グランプリ準優勝の唯一のコンビである。なお逆のコンビはサンドウィッチマンが当たる[17]

2020年2月、YouTubeチャンネルを開設。チャンネル名は「ダウンタウンDX」内でつけられた「ねおミルクボーイ[18]」だったが、後に「かまいたちチャンネル」となった。

2020年4月、「かまいたちの机上の空論城」で初の地上波冠レギュラー番組をスタート。

2020年5月、「かまいたちチャンネル」の生配信中に登録者数が50万人を突破。同時に個々をメイン活動としたサブチャンネル「はまいたちチャンネル」「ニャンチューバーねこうちさんの部屋」を開設する事を発表した。

芸風[編集]

  • 漫才コント両方を行なっている。
  • 元々は漫才中心で、ボケとツッコミを分けたオーソドックスなスタイル。基本的にコント漫才ではなくしゃべくり漫才であり、山内が狂気的なキャラクターを演じて詭弁を弄する、口喧嘩のような漫才スタイルが基本である。
  • 2010年頃からはコントも多く行っている。キングオブコントでは2008年から2014年までは準決勝、2016年に初の決勝進出し3位、2017年には優勝。優勝時の得点は第8回大会以降において最終得点・最高得点、ファイナルステージ最高得点である(2019年現在)。
  • 第33回ABCお笑いグランプリではコントで優勝。コントでは漫才とは異なり濱家がボケを担当するネタや、明確なボケ・ツッコミの無いネタも多い。
  • 旧コンビ名「鎌鼬」の頃は山内がチャン・ドン・ゴン・ゲンという中国人に扮し、叫ぶ際に銅鑼を鳴らすというネタを行っていた。この頃は爆笑レッドカーペットなどの影響でショートネタブームであり、そのために作るも後々やめた[16]

出囃子[編集]

賞レースでの戦績[編集]

M-1グランプリ[編集]

大会には結成年からエントリーしており、第5回大会から大会復活後の第12回大会まで8大会連続で敗者復活戦に参加している。

年度 結果 エントリー
No.
敗者復活戦 備考
2004年(第4回) 2回戦進出 789[20]
2005年(第5回) 準決勝進出 1371[21] 敗者復活戦進出
2006年(第6回) 準決勝進出 3875[22] 敗者復活戦進出
2007年(第7回) 準決勝進出 不明 敗者復活戦進出
2008年(第8回) 準決勝進出 不明 敗者復活戦進出
2009年(第9回) 準決勝進出 4578 敗者復活戦進出
2010年(第10回) 準々決勝進出 4790 敗者復活戦進出
(予選33位)
2015年(第11回) 準決勝進出 72 敗者復活戦進出
(予選21位、視聴者投票15位)
2016年(第12回) 準決勝進出 229 敗者復活戦進出
(予選17位、視聴者投票5位)
2017年(第13回) 決勝進出
(第4位)
37
2018年(第14回) 決勝進出
(第5位)
2851
2019年(第15回) 決勝進出
(準優勝)
4440 1stラウンド 2位通過

2017年大会(第13回)決勝 4位

キャッチコピーは「史上初の二冠へ」。キングオブコント優勝コンビが同年の大会で決勝進出したのは彼らが初である。5番手で登場し「怖い話」を披露した。得点は4番手のスーパーマラドーナと同じ640点であり、2組がそろって暫定ボックスにいたが、終盤でミキ和牛が640点を超える点数を叩き出したため、2組そろって敗退が決定した。なお、かまいたち・スーパーマラドーナ・ミキ・和牛は翌年の2018年大会でも顔を合わせることとなった(ミキは敗者復活戦勝ち上がり)。

2018年大会(第14回)決勝 5位

キャッチコピーは昨年と同じ。3番手で登場し、「ポイントカード」を披露した。このネタは序盤と終盤でいつの間にかボケとツッコミの立場が逆転しているという高度なネタであり会場のウケも上々だったが、636点に落ち着き終盤まで暫定ボックスにいたが、9番目に登場した霜降り明星が662点で暫定1位になったため、ここで敗退が決定した。

2019年大会(第15回)決勝 2位

キャッチコピーは「憑依する漫才」。3年連続で決勝に進出し、前評判では優勝大本命と言われていた。2番手で登場し「UFJUSJ」を披露した。このネタは本来最終決戦で行う予定のネタであったが、出番が不利とされる2番手であったことを考慮し急遽順番を入れ替えたとのこと。結果、得点は審査員全員から90点以上をもらい660点という高得点で暫定1位になったが、後半にネタを披露したミルクボーイが681点という大会史上最高点数を叩き出したため暫定2位に。2位通過で最終決戦に進出し、本来1本目に用意していた「自慢話」を披露したが7票中1票(松本人志からの票のみで、他の審査員は全てミルクボーイに投票)しか票を得られず、ラストイヤーは準優勝で幕を下ろした。山内は「審査員の松本さんの1票が入ったから、芸人としては嬉しい。それで成仏できた。あれがなかったら2位とは言えない。最後のM-1を納得いく形で終われた」と回顧している[23]

キングオブコント[編集]

年度 結果 備考
2008年(第1回) 準決勝進出
2009年(第2回) 準決勝進出
2010年(第3回) 準決勝進出
2011年(第4回) 準決勝進出
2012年(第5回) 準決勝進出
2013年(第6回) 準決勝進出
2014年(第7回) 準決勝進出
2015年(第8回) 2回戦進出
2016年(第9回) 決勝進出
(第3位)
1stラウンド
3位通過
2017年(第10回) 決勝進出
(優勝)
1stラウンド
2位通過

その他[編集]

出演[編集]

テレビ[編集]

現在のレギュラー番組[編集]

過去のレギュラー番組[編集]

MC・冠特番[編集]

  • てっぱん芸人!?鎌鼬!!(朝日放送、2007年7月6日)
  • かまいたちの世界で100万つかいきれMILLION¥TRAVEL(毎日放送、2016年12月16日)
  • やすとも&かまいたちのコレ見な人生損している!?(読売テレビ、2017年3月18日)
  • トットとスターになれ! ~かまいたちから試練の道SP~(関西テレビ、2018年1月20日)
  • 穴埋めデータSHOW(読売テレビ、2018年3月10日・12月8日)- MC
  • かまいたちと行く!平成やりきりトラベル(山陰中央テレビ、2019年1月3日)
  • わらいたち(山陰中央テレビ、2020年2月27日 - 3月26日)
  • 100問100答 ピン様×キリ様(テレビ朝日、2020年4月11日・18日)- MC
  • かまいガチ(テレビ朝日、2020年6月20日・7月4日)
  • クイズ!その時スーパースターは?(日本テレビ、2020年6月29日)- MC

ラジオ[編集]

現在のレギュラー番組[編集]

過去のレギュラー番組[編集]

Web配信[編集]

現在のレギュラー番組[編集]

  • タグロー byよしログ(GYAO!、2020年1月、4月 ー 7月)

過去の出演番組(レギュラーを含む)[編集]

  • デスゲームAbemaTV・ウルトラゲームス、2018年2月9日 - 4月10日)[24] - 司会
  • 僕たち…つきあってます!(AbemaTV、2018年4月11日 - 5月23日、2019年1月14日 - 3月25日)
  • かまいたちのコント飯~こんな時に何作る?(cookpadLive、2019年6月 - 11月)
  • 重大発表あり!TOMORROW X TOGETHER 日本初の公開生放送(AbemaTV、2020年1月16日)- MC
  • ≠ME革命~初挑戦!!体当たりバラエティ&バレンタイン告白選手権(AbemaTV、2020年2月14日)[25] - MC

ドラマ[編集]

  • 女の機嫌の直し方(日本テレビ、2019年3月16日、23日、30日)- 濱家のみ

映画[編集]

CM[編集]

  • エイチ・アイ・エス 「初夢フェア」 (2010年12月-)
  • ニューバランス(2013年)[26]
  • リブ・マックス(2016年)[27]
  • トマトコーポレーション(2017年)
  • 住友生命 「1UP」『里帰りで1UP』篇(2018年)
  • 丸亀製麺(2018年) - 山内のみ
  • UHAシタクリアタブレット(2018年)
  • グルーヴィー泡洗顔「MARO」(2018年)
  • バンドルカード(2019年) - 期間限定WebCM
  • NTT東日本「おまかせデータレスPC」(2020年)[28]
  • プロミス「パッとピッと大喜利」(2020年)- 期間限定WebCM
  • IDOM「おうちでガリバー」(2020年)[29]

CD・DVD[編集]

  • 5uppers「それぞれのストーリー」(2012年3月14日、よしもとアール・アンド・シー)- 山内のみ
  • This is かまいたち - 初単独DVD
  • baseよしもとネタトウタ2007
  • 凹base(ボコベース)~baseよしもと裏面集2009~
  • 凸base(デコベース)   よしもとネタ全集2010
  • 凹base(ボコベース)~baseよしもと水泳大会2010~
  • 裏baseNEXTブレイク芸人大集合2010
  • 凸base(デコベース)  ~ baseよしもとネタ全集2011~
  • 5upよしもとネタ大全集2012~本ネタ&裏ネタコレクション~
  • M-1グランプリ2017 人生大逆転! ~崖っぷちのラストイヤー~ (2018年5月23日)
  • M-1グランプリ2018~若き伏兵はそこにいた~ (2019年5月29日)
  • M-1グランプリ2019~史上最高681点の衝撃~ (2020年6月3日)

オーディオコミック[編集]

  • かまいたちの東京流儀~コロコロチキチキペッパーズ編~(Audible、よしもと音声研究所Vol.2、2019年2月11日- ※2018年7月7日収録)-パート1、2、3
  • かまいたちの東京流儀~尼神インター編~(Audible、よしもと音声研究所Vol.3、2019年3月11日- ※2018年6月1日収録)-パート1、2、3

ミュージックビデオ[編集]

その他[編集]

開催ライブ一覧[編集]

開催日 ライブタイトル 会場 備考
2006年
10月5日 「かまいたちの朝」 〜「かまいたちの夜」からもじりました。 baseよしもと 初めての単独ライブ。
2007年
3月3日 「鎌ヌンチャク」 baseよしもと
10月18日 「必死こいて汗かいて頑張ってつくったネタですねん、おもろいでっせ。」
2008年
2月21日 「鎌鼬発進」 baseよしもと
7月5日 「なに、ちくびコリコリしてんねん!!」
11月7日 「売れるということ〜鎌漫才鼬〜」
2009年
1月11日 「濱鼬」 baseよしもと 濱家のみ。
3月1日 「ダイアモンド」
3月15日 「濱鼬」 濱家のみ。
3月20日 「あるある部」 山内のみ。
5月5日 「濱鼬」 濱家のみ。
6月6日 「メディアに気をとられないように」
9月8日 「ほぼ完璧」
2010年
2月22日 「山内逮捕」 baseよしもと
3月31日 「優勝者山内」
4月5日 「かまいたち東京初単独ライブ」 よしもとプリンスシアター
5月7日 「よく見たら山内」 baseよしもと
6月19日 「かまいたちのDVD出たよ山内」
7月15日 「頑張ってる山内」
8月8日 「真夏の山内」
8月22日 「二回目」
9月19日 「山内健司です。」
9月19日 「濱家隆一です。」 トークライブ。
11月14日 「いぇいいぇいいぇい」 トークライブ。
2011年
2月25日 「新たなる挑戦」 5upよしもと
6月25日 「しびれるぅ〜」
8月21日 「頑張れかまいたち」
12月17日 「来年への決意表明」
2012年
1月18日 「まず一つ」 5upよしもと
2月19日 「まだまだ」
3月17日 「この流れ
4月17日 「ワンパンチ」
5月15日 「劇場がにぎわいますように」
6月20日 「うっす!」
7月21日 「はぁはぁはぁ。。。しんどい」
8月22日 「もうそろそろやねー」
9月29日 「タイトル未定」
10月27日 「トーク重視」
11月24日 「来年をみています」
12月22日 「シメ」
2013年
4月6日 「ブレイクちょい前」 5upよしもと
7月5日 「漫才とトーク二本立て」
8月10日 「夏かま!!!」
11月16日 「わては若手やで」
2014年
2月2日 「ありがとうファン」 5upよしもと
4月29日 「10ねんって」
5月26日 「見つめ直し」
6月29日 「福井からの卒業」
7月21日 「特大おもしろネタ花火”ドーン!!”」
8月25日 「かまいたちが東京で単独ライブをする。ルミネで。」 ルミネtheよしもと
2015年
3月25日 「今からやります」 道頓堀ZAZA HOUSE
5月20日 「祝初心斎橋劇場単独舞台」 大丸心斎橋劇場
6月23日 「かまいたち、ファンの集い」
7月27日 「山ちゃん濱ちゃん、祭りだわっしょい」
8月25日 「今年最後の単独ライブ!今年出来たいいネタすべて見せます!」
2016年
3月1日 「西の魔王、かまいたち降臨」 大丸心斎橋劇場
5月9日 「かまトーク!」 トークライブ。ゲスト・笑い飯
5月23日 「春いたち」
7月24日 「かまトーク!」 トークライブ。ゲスト・ダイアン
8月14日 「夏いたち」
11月29日 「初冬いたち」
12月20日 「東京いたち」 赤坂RED/THEATER
2017年
3月15日 「初春いたち〜全てのチャンピオンになるために〜」 大丸心斎橋劇場
4月30日 「東京いたち〜全てのチャンピオンになるために〜」 新宿シアターモリエール
6月18日 「紫陽花いたち〜全てのチャンピオンになるために〜」 YES THEATER
8月20日 「かまいたち なんばグランド花月初単独ライブ〜全てのチャンピオンになるために〜」 なんばグランド花月
2018年
3月4日 「おおきに大阪いたち〜ここまで育ててくれた皆さんへ〜」 なんばグランド花月
4月4日 「きたぜ東京いたち〜東京の皆さん、こんにちは〜」 ルミネtheよしもと
7月16日 「かまいたち単独ライブ 海の日いたち」 ルミネtheよしもと
10月9日 「大阪いたち~残すはあとひとつ~」 なんばグランド花月
2019年
4月26日 「コンビ結成15周年いたち〜素直・謙虚・感謝〜 in TOKYO」 ルミネtheよしもと 初全国ツアー[30]。ゲスト・とろサーモンにゃんこスター
5月3日 「コンビ結成15周年いたち〜素直・謙虚・感謝〜 in NAGOYA」 東文化小劇場 ゲスト・GAG
5月31日 「コンビ結成15周年いたち〜素直・謙虚・感謝〜 in FUKUOKA」 イムズホール ゲスト・おいでやす小田守谷日和
7月20日 「コンビ結成15周年いたち〜素直・謙虚・感謝〜 in SAPPORO」 札幌市教育文化会館 ゲスト・バイク川崎バイク
8月22日 「コンビ結成15周年いたち〜素直・謙虚・感謝〜 in OSAKA」 なんばグランド花月 ゲスト・天竺鼠藤崎マーケット

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h かまいたち プロフィール”. 吉本興業株式会社. 2020年7月4日閲覧。
  2. ^ 島根)松江観光大使にかまいたち 「不祥事気をつける」
  3. ^ TBSラジオ
  4. ^ “お笑いコンビ「かまいたち」山内さん結婚 きっかけは猫”. 毎日新聞. (2017年2月18日). http://www.asahi.com/articles/ASK2K5FLJK2KPTFC00S.html 2017年3月5日閲覧。 
  5. ^ かまいたち・山内健司が一般女性と結婚「にゃーにゃーにゃーの日に入籍」”. ORICON NEWS (オリコン) (2017年2月18日). 2017年3月5日閲覧。
  6. ^ かまいたち山内健司に第1子男児誕生「明日から第2子に向けて頑張ります」”. ORICON NEWS (オリコン) (2018年6月26日). 2019年4月25日閲覧。
  7. ^ 「かまいたち」山内さんの弟がお手柄 特殊詐欺被害を防ぎ感謝状(島根・松江市)”. FNN Prime. 2020年1月27日閲覧。[リンク切れ]
  8. ^ 島根県警察:コンビニ店長に詐欺被害防止の感謝状を贈呈”. www.pref.shimane.lg.jp. 2020年5月26日閲覧。
  9. ^ https://www.instagram.com/p/BWPJD8DgXS4/?utm_source=ig_web_button_native_share
  10. ^ 『キングオブコント2017』キング・かまいたちがNSC東京で特別授業を敢行! ネタ作りに悩むNSC生へ的確なアドバイスをおくる!!”. よしもとニュースセンター. 吉本興業 (2017年12月8日). 2018年7月11日閲覧。
  11. ^ a b c 2020年3月7日放送「王様のブランチ」など
  12. ^ かまいたち・濱家隆一、29歳一般女性と結婚”. ORICON NEWS (2017年5月1日). 2017年10月2日閲覧。
  13. ^ かまいたち濱家 (2019年2月22日). “pic.twitter.com/vQtv4U2IZe” (日本語). @hamaitachi. 2019年2月24日閲覧。
  14. ^ a b Inc, Natasha. “NSC特集 大阪26期かまいたちインタビュー&特別授業レポート - お笑いナタリー 特集・インタビュー” (日本語). お笑いナタリー. 2020年4月2日閲覧。
  15. ^ 2018年6月6日放送「本能Z」より
  16. ^ a b 2020年1月26日放送「八方・陣内・方正の黄金列伝」より
  17. ^ 関西テレビ放送. “3月24日(火) | かまいたちの机上の空論城 | 関西テレビ放送 カンテレ” (日本語). www.ktv.jp. 2020年4月11日閲覧。
  18. ^ Inc, Natasha. “かまいたちがYouTubeチャンネル「ねおミルクボーイ」開設、ダウンタウン松本命名(動画あり / コメントあり)” (日本語). お笑いナタリー. 2020年2月22日閲覧。
  19. ^ 2020年2月1日「メレンゲの気持ち」より
  20. ^ M-1GPアーカイブ - M-1GP2004”. www.m-1gp.com. 2020年1月27日閲覧。
  21. ^ M-1GPアーカイブ - M-1GP2005”. www.m-1gp.com. 2020年1月27日閲覧。
  22. ^ M-1GP2006 インタビュー”. www.m-1gp.com. 2020年1月27日閲覧。
  23. ^ かまいたち・山内 M-1準優勝も松本人志の1票で「成仏した」 – 東京スポーツ新聞社” (日本語). 東スポWeb – 東京スポーツ新聞社. 2020年6月21日閲覧。
  24. ^ デスゲーム#1”. AbemaTV(アベマTV) (2018年2月9日). 2018年2月10日閲覧。
  25. ^ 指原莉乃プロデュース『≠ME』の初冠番組がAbemaTVにて放送!かまいたちと共に“王道バラエティー企画”に体を張って挑戦” (日本語). AbemaTIMES. 2020年2月14日閲覧。
  26. ^ かまいたち、ニューバランスコラボCM企画最終回に登場”. お笑いナタリー (2013年6月14日). 2019年7月17日閲覧。
  27. ^ Inc, Natasha. “陣内智則がCMで謎の宇宙人ジンナリンに!かまいたち、とろサ久保田らも登場” (日本語). お笑いナタリー. 2020年4月3日閲覧。
  28. ^ 東日本電信電話株式会社. “【TVCM】NTT東日本「おまかせデータレスPC」次なる突入篇 60秒 | CM コンテンツ一覧 | EASTギャラリー | 広報宣伝活動 | NTT東日本” (日本語). 【TVCM】NTT東日本「おまかせデータレスPC」次なる突入篇 60秒 | NTT東日本. 2020年4月3日閲覧。
  29. ^ YouTube”. www.youtube.com. 2020年7月4日閲覧。
  30. ^ かまいたち、結成15周年で初の全国ツアー”. お笑いナタリー (2019年2月27日). 2019年2月27日閲覧。