かまっておんど

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
かまっておんど
大竹しのぶシングル
B面 のりたいでんしゃ はしるきかんしゃ (6G-0092盤)
リリース
レーベル ポニーキャニオン
作詞・作曲 つかこうへい、中村弘明
大竹しのぶ シングル 年表
こころくん・こころさん
(1987年)
かまっておんど
(1987年)
しゃかりきパラダイス
(1992年)
テンプレートを表示

かまっておんど」は、つかこうへいが作詞、中村弘明が作曲し、1987年フジテレビ子供向けのテレビ番組ひらけ!ポンキッキ』の中で挿入歌として用いられた楽曲[1]。編曲は小林信吾で、大竹しのぶが振りをつけながらコミカルな歌詞を歌い、8月5日にリリースされたシングルは、子どもから大人まで幅広く支持されるヒットとなった[1]。大竹は女優活動とともに、歌手としても活動しているが[2][3][4]、「かまっておんど」は大竹が歌った楽曲としては、最大のヒット曲と考えられている[5]

シングルのヒットもあり、10月にはつかこうへいの文、朝倉摂の絵による同名の絵本『かまっておんど』が発売された[6]

かまっておんど」は、その後に発表された『ひらけ!ポンキッキ』関係など、子ども向けの楽曲を集めた複数のコンピレーション・アルバムに収録された[7][8][9]。また、2013年にリリースされた大竹のベスト・アルバム『ゴールデン☆ベスト』にも収録されている[4][10]

なお、シングルには、型番の異なる2種類があり、4G-0094盤は「かまっておんど」のみの片面レコードであったが、6G-0092盤は、B面にのこいのこが歌う「のりたいでんしゃ はしるきかんしゃ」(作詞:伊藤アキラ、作編曲:越部信義)が収録されていた[11]

脚注[編集]

  1. ^ a b “「グレちゃうぞ」異例の売れ行き”. (1987年9月17日). p. 11  - ヨミダス歴史館にて閲覧
  2. ^ “大竹しのぶが歌曲集、天国への階段上り首位(消費者情報)”. (1994年3月17日). p. 23  - 日経テレコン21にて閲覧
  3. ^ 清川仁 (2013年10月10日). “「ピアフ」今度は歌手として 大竹しのぶ 「私の中のもの全部出す」”. p. 4  - ヨミダス歴史館にて閲覧
  4. ^ a b 大竹しのぶ 待望の“初ベストアルバム”を本日リリース! デビュー曲からTV-CMで話題の最新曲「しあわせ語らひ人」まで、シングルA面全作品と本人セレクトのアルバム曲で構成!”. うたまっぷNEWS (2013年6月26日). 2019年5月1日閲覧。
  5. ^ 吉田豪 歌手・大竹しのぶを語る”. miyearnZZ Labo (2017年12月1日). 2019年5月1日閲覧。
  6. ^ かまっておんど”. 国立国会図書館. 2019年5月1日閲覧。
  7. ^ 決定盤!最新テレビこどものうたベスト”. 国立国会図書館. 2019年5月1日閲覧。
  8. ^ こどものうたベスト30”. 国立国会図書館. 2019年5月1日閲覧。
  9. ^ 新編「ひらけ!ポンキッキ」ベストヒット20”. 国立国会図書館. 2019年5月1日閲覧。
  10. ^ 大竹しのぶゴールデン☆ベスト Shinobu Otake golden★best”. 国立国会図書館. 2019年5月1日閲覧。
  11. ^ 大竹しのぶ(おおたけしのぶ)ディスコグラフィ”. Idol.ne.jp. 2019年5月1日閲覧。