かもめのジョナサン (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
かもめのジョナサン
Jonathan Livingston Seagull
監督 ホール・バートレット
脚本 ホール・バートレット
原作 リチャード・バック
製作 ホール・バートレット
音楽 ニール・ダイアモンド
リー・ホルドリッジ
撮影 ジャック・コウファー
編集 フランク・ケラー
配給 パラマウント
CIC(現UIP)
東宝
公開 アメリカ合衆国の旗 1973年10月23日
日本の旗 1974年10月26日
上映時間 99分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

かもめのジョナサン』(Jonathan Livingston Seagull)は、1973年公開のアメリカ映画同名小説の映画化作品。

概要[編集]

原作は、1970年にアメリカで発行され、1972年になってベストセラーとなったリチャード・バックによる同名小説。映画監督のバートレットはベストセラーになる前にこの作品を読んで自分の手で映画化を決意[1]し、原作者のバックにコンタクトしたものの、その時点で既にいくつかの映像化のオファーがバックに来ていた。バートレットはオール・ロケ及び人間を一切登場させないなどの条件を提示し、原作の持ち味を最大限に生かす事を約束して[1]映画化権を獲得し、完成に至った。

特記事項[編集]

  • カメラマンは、動物カメラマンとして有名だったジャック・コウファーと、ヘリコプター撮影を得意とするジム・フリーマン/グレッグ・マクギルブレーを起用。かもめの調教は、アルフレッド・ヒッチコックの「」を手がけた事でも知られていたレイ・バーウィックを初め5名が担当した。
  • ジョナサンの役を務めたのは、バートレット監督と調教師の一人であるゲイリー・ジェロがカリフォルニアのモントレーという町の海沿いのレストランの窓枠で偶然みつけた大柄のかもめで、ラルスと名付けられた[1]
  • 音楽はニール・ダイアモンド。本作のサウンドトラックコロムビア・レコードと契約して最初の作品。このアルバムは1973年度のグラミー賞の最優秀映画音楽賞及びゴールデン・グローブ賞の作曲賞を受賞した。

スタッフ[編集]

基本情報に含まれていない主なスタッフは以下の通り。

  • 原作 - リチャード・バック
  • 美術 - ボリス・レビン
  • ヘリコプター撮影 - ジム・フリーマン / グレッグ・マクギルブレー
  • かもめの調教 - レイ・バーウィック / ゲイリー・ジェロ / マシュウ・プレイス / ジェームズ・カラハン / ブライアン・カラハン

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 日本公開時の劇場用パンフレットの記述より。