かりふぉるにあ丸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
かりふぉるにあ丸
基本情報
経歴
起工 1965年2月1日
進水 1965年6月30日
竣工 1965年9月25日
その後 1970年2月10日沈没
要目
総トン数 34,002トン
載貨重量 56,474トン
全長 218.25 m
型幅 32.2 m
型深さ 17.8 m
喫水 12.094 m
主機関 三菱横浜-MAN K8Z86/160C型ディーゼル 1基
出力

17,000馬力(最大)

14,450馬力(常用)
最大速力 17.55ノット
航海速力 15.5ノット
乗組員 36名
テンプレートを表示

かりふぉるにあ丸は、日本の鉱石運搬船である。

全長218.25m、幅32.2m、総重量62,147トン。1965年、第20次計画造船により、第一中央汽船の発注で三菱重工業横浜造船所で完成した。

かりふぉるにあ丸沈没事故[編集]

1970年1月24日ロサンゼルス港を出港。乗員29名。同年2月9日、低気圧の中、千葉県野島崎東方320km地点北緯35度10分東経143度55分で大波を2度受け航行不能となりSOS発信。ニュージーランド船「オーテアロア」、自動車運搬船「えくあどる」などが救助に向かった。

船員退避の際全ての救命ボートを荒天で喪失し、かりふぉるにあ丸は脱出不能に陥っていたため、米軍救難機が搭載していた5個の救命ボートを投下。しかし船体に投下出来ず、「オーテアロア」から荒天下決死の覚悟で発進した救難艇によって22人を救助。しかし住村博船長(当時45歳)と三等航海士が退船を拒否し、救難艇の固定用に下ろしたロープが救難艇に絡んだため住村船長の指示で三等航海士はロープを切断するために厨房から持ち出した包丁を持って下船。直後にロープが自然に外れるが、住村船長は自ら沈み行く船と行動を共にするとして下船せず、結果的に殉職した。船長の最後の言葉は「みんな行ってくれ わしゃ残るわ」である。

船長が船と共に死ぬことを選んだ背景には、当時の船員法第12条に「船長の最後退船義務」が規定されていたこと、太平洋戦争において艦長が船と共に死ぬことが事実上不文律化していたなどが挙げられる。結局、この事件などが契機となり、同年に船員法12条から最後退船義務の一節が削除された。

なおこれとは別に、救命艇降下作業中に転落したボートにて漂流していた2人が「えくあどる」に発見され、米軍救難機の支援の下救助された。 前年正月には第19次計画造船で就航したぼりばあ丸も、同じ海域で沈没している。

出典[編集]

  • VaioNet-SKY PerfecTV!「海と日本・第二回巨大船、沈没す」 - 日本財団図書館
  • 船舶技術協会『船の科学』1965年11月号 第18巻第11号