かんむり座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
かんむり座
Corona Borealis
Corona Borealis
属格 Coronae Borealis
略符 CrB
発音 [kɵˈroʊnə bɒriˈælɨs]、属格:/kɵˈroʊniː/
象徴 The Northern Crown
概略位置:赤経 16
概略位置:赤緯 +30
広さ 179平方度 (73位
主要恒星数 6
バイエル符号/
フラムスティード番号
を持つ恒星数
24
系外惑星が確認されている恒星数 4
3.0等より明るい恒星数 1
10パーセク以内にある恒星数 0
最輝星 α CrB(2.24
最も近い星 ρ CrB;(56.81光年)
メシエ天体 0
流星群 None
隣接する星座 ヘルクレス座
うしかい座
へび座(頭部)

かんむり座(冠座、Corona Borealis)は、トレミーの48星座の1つ。主な星が半円の弧を描く。北天の小さな星座

主な天体[編集]

恒星[編集]

以下の恒星には、国際天文学連合によって正式に固有名が定められている。

  • α星:アルフェッカ (Alphecca) は、かんむり座で最も明るい恒星で、唯一の2等星[1]。かつてはゲンマとも呼ばれた。
  • β星:ヌサカン (Nusakan)

その他、以下の恒星が知られている。

その他[編集]

神話[編集]

クレタ島には怪獣ミーノータウロスがおり、王ミーノースは毎年7人ずつの最も美しい少年と少女を生贄に捧げていた。勇者テーセウスが生贄に混じって潜入し、怪物を退治した。このとき、ミーノースの娘の王女アリアドネーがテーセウスに恋をし彼に助力した。2人は島を脱出するが、何らかの事情(理由は諸説ある)で離れ離れになり、アリアドネーは悲しんだ。彼女を元気付けるため、酒神ディオニューソスが彼女を妃に迎え、冠を贈った。この冠がかんむり座となった[2]

呼称と方言[編集]

ラテン語での星座名 Corona Borealis は「北の冠」という意味で、みなみのかんむり座と対になっている。日本でも1922年までは「北冠座」とされていたが、1922年末から1923年にかけて「冠座」に変更された[3]。ただし、東亜天文学会系の研究者はそれ以降も「北冠」の名称を継続して使用しており、1957年から1960年にかけて学術用語として「かんむり座」と正式に定められるまでは日本名が統一されなかった[4]

日本ではその形から、「車星(くるまぼし)」「太鼓星(たいこぼし)」「首飾り星」「馬のわらじ」など多数の呼び名があった[5]。またこれをかまどに見立てて「鬼のおかま」「地獄のかまど」「竈星(くどぼし)」「荒神星(こうじんぼし)」「へっついぼし」などとする呼び名が全国各地で使われていた[6]

出典[編集]

  1. ^ Results for V* alf CrB”. SIMBAD Astronomical Database. CDS. 2013年1月23日閲覧。
  2. ^ 原恵 2007, pp. 130-131.
  3. ^ 原恵 2007, pp. 43-44.
  4. ^ 原恵 2007, p. 44.
  5. ^ 原恵 2007, p. 131.
  6. ^ 野尻抱影 『日本星名辞典』 (七版) 東京堂出版、1986年4月10日、39-40頁。ISBN 978-4490100785。 

参考文献[編集]

  • 原恵『星座の神話 - 星座史と星名の意味』恒星社厚生閣、2007年2月28日、新装改訂版第4刷。ISBN 978-4-7699-0825-8。

座標: 星図 16h 00m 00s, +30° 00′ 00″