がしんたれ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

がしんたれ』は、菊田一夫による小説、及びそれを原作とした舞台化・ドラマ化作品である。

概要[編集]

がしんたれ
著者 菊田一夫
発行日 1959年
発行元 光文社
ジャンル 小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 並製本文庫本
ページ数 333ページ、文庫:461p
コード 初版単行本、JP番号:59004065
JP番号:61005837(角川文庫)
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

幼少時に養子にされて台湾で育ち、大阪・神戸で丁稚奉公をした菊田一夫の自伝的小説で、1958年から週刊朝日に連載され、1959年に光文社から単行本が刊行。

1960年に芸術座で舞台化された他多数公演。芸術座では、菊田の少年時代を中山千夏が演じた[1]

1963年にフジテレビでドラマ化され、1979年にも東海テレビでドラマ化された。

出版書誌[編集]

初出は、週刊朝日に1958年5月から1959年3月に連載。単行本は、光文社から1959年4月に発刊された。文庫本化は、角川文庫から1961年に発刊されたが、1990年代には絶版になっている。このため、古書市場では比較的高価に取引されている。

また、舞台化脚本「がしんたれ 青春篇」が『菊田一夫戯曲選集』全3巻(演劇出版社、1965.5~1967.5発刊)の第2巻に収録されている。

TVドラマ[編集]

1963年版[編集]

がしんたれ
放送時間 30分
放送期間 1963年7月3日 - 12月25日(26回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
演出 吉田央
原作 菊田一夫
脚本 浅川清道
出演者 池田秀一永井智雄
テンプレートを表示

1963年7月3日 - 12月25日フジテレビにて放送された[2]。放送時間は水曜22:15 - 22:45。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

フジテレビ 水曜22:15 - 22:45枠
前番組 番組名 次番組
がしんたれ
南の島に雪が降る
(ドラマ版)

1979年版[編集]

がしんたれ
放送時間 東海テレビ制作昼ドラマ(13:30 - 14:00分)
放送期間 1979年10月1日 - 12月28日(65回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 東海テレビ
演出 浜忠臣、矢崎一雄
原作 菊田一夫
脚本 花登筺、村尾昭、浅川清道
プロデューサー 平松敏男、渡辺光矩、宇野博之
出演者 中村玉緒、田中和洋、藤岡琢也
テンプレートを表示

1979年10月1日 - 12月28日東海テレビ昼ドラマ枠(13:30 - 14:00)にて放送された[3]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 演出:浜忠臣、矢崎一雄
  • 脚本:花登筺、村尾昭、浅川清道
  • プロデューサー:平松敏男、渡辺光矩、宇野博之
東海テレビ制作 昼ドラマ
前番組 番組名 次番組
じょっぱり
(1979.1.22 - 1979.9.28)
がしんたれ
(1979.10.1 - 1979.12.28)
ぬかるみの女
(1980.1.7 - 1980.9.26)

舞台化作品[編集]

1960年に芸術座で舞台化された。大阪の梅田コマ劇場で1961年8月に公演されている。1994年にも芸術座で舞台化されている。

作者の菊田は「がめつい奴」「がしんたれ」で、1961年の第11回芸術選奨文部科学大臣賞(演劇部門)を受賞した。

舞台劇「がしんたれ 青春篇」1960年[編集]

舞台劇「がしんたれ」1994年[編集]

脚注[編集]